― 16:44 陸上自衛隊北部方面隊総監部

花谷「―地下鉄構内で観測されている高圧高濃度の酸素環境では、

地球上の多くの生物は寿命を全うすることが困難であります。以上」

「渡良瀬二佐からは何かないか?」

「今回の敵は全くの異生物です。共存の可能性はゼロです。敵の生存を許せば我々に未来はなく、我々が生き残るために

は、殲滅戦の覚悟を持って臨む以外無いと考えます」

幕僚「…」



― 17:55 札幌市南区定山渓 Dホテル

唯「ねーうい。この2番の有料って何ー?」

憂「それはお金を出してまで見る必要の無いものだよお姉ちゃん」

澪「…ハハハ」

紬「唯ちゃん、私とちょっとお散歩に行かない?」

律「そういえば札幌ってスギがないんだもんなぁー。さっき知ったよ。花粉症無くていいなぁ」

紬「あ、その代わり北海道じゃシラカバ花粉で花粉症になるの」

梓「花粉…あれ?あの植物ってどうやって増えるんだろ?」

ジリリリリリリリリリ
律「はい。もしもし…ああ…ありがとうございます。梓、渡良瀬さん来てるって」

………
……



渡良瀬「お寛ぎのところ申し訳ありません。実は草体の爆破が決定しまして」

梓「爆破、ですか」

渡良瀬「ええ。あの草体は一応植物と考え、その根を切断、焼却し養分補給を絶つという方針です。

生物と草体は共生していて、どちらか一方を排除すれば解決すると考えました」

梓「…ところであの植物ってどうやって増えるんでしょうか」

渡良瀬「どうやってって…種ですかね?」

梓「その種はどうやって運ばれるんでしょうか」

渡良瀬「あの生物ですかね?」

梓「あれって…そもそも落下物として来たんですよね?」

渡良瀬「正確には流星群らしいですが」

梓「どうやって地球外に出るんでしょうか」

渡良瀬「ロケットでも…ロケット!?」

梓「…もしそのロケットの役割が爆発だとしたら」

渡良瀬「!」



― 5/5 01:44 札幌市中央区すすきの

シュー シュー シュー

自衛隊員A「おい。なんか湯気出てないか」

自衛隊員B「確かに。どうなってるんだ?」

自衛隊員C「おい…あれ…開いてきてるぞ!」

自衛隊員D「報告だ!急げ」



― 5/5 05:22 札幌市南区真駒内 陸上自衛隊北部方面隊真駒内駐屯地

コンコン
自衛隊員「失礼します!」

渡良瀬「!どうした?」

自衛隊員「草体に花が咲きました」

渡良瀬「花?何色の?」

自衛隊員「いえ、聞いておりません!また、草体の爆破は時間を繰り上げるとのことです!」



― 5/5 06:59 札幌市中央区すすきの

シュコーシュコー
渡良瀬「赤い花だな」

自衛隊員「ええ。赤いですね」

自衛隊員「渡良瀬二佐!酸素濃度が危険値を超え、地上部分の爆破は中止との事です!」



― 5/5 07:59 札幌市中央区北1西13 札幌市広報車 車内

スピーカー『こちらは札幌市役所です。地下鉄すすきの駅に出現した物体に対し、自衛隊の攻撃が決定しました。

この決定に伴いすすきの駅を中心とする半径4キロの地区に避難指示が発令されました。

該当区域にお住まいの皆さんは、係員の指示に従って速やかに退避してください』



運転席の職員『…鈴井さん。これこの後どうなるんですかねー?絶対避難しない奴いますよ』

助手席の職員『大泉お前いい加減黙って運転しろよ…。まぁなるようになるんじゃないの。』



― 5/5 08:49 札幌市営地下鉄南北線 構内

自衛隊員A「タイガー!こちらニイマル。爆薬設置は予定通り進行中!」

バリバリ バチッバチッ

自衛隊員B「吸盤の無いタコ足みたいだなこれ」

自衛隊員C「早く吹き飛ばしてやろうぜこれ。キモいし」

レギオン「ギギョ!」

自衛隊員D「生物発見!」

自衛隊員E「射撃用意!」

ダダン!ダダダダダダダ!



― 5/5 09:49 札幌市中央区大通公園 大通DCP

自衛隊員K「すすきの地区の避難、予定通り進行中!」

自衛隊員M「幌平橋、豊平橋、封鎖完了!」

戦闘指揮「通信は」

自衛隊員L「依然回復せず!」

戦闘指揮「構内班との連絡は?」

自衛隊員J「現在は手旗、夜間は照明で実施します!」



― 5/5 10:09 札幌市南区定山渓 ホテルD ロビー

紬「ええ。ええ。わかったわ。ありがとう斉藤」

澪「どした?ムギ」

紬「例の草体の影響で新千歳が全便欠航らしいわ」

憂「あれ?じゃあ帰れないってことですか?」

紬「そうなるかもしれないわね…。とりあえず函館空港で手配してくれるみたいだけど」

律「よっしゃ!」

唯「やった!北海道もう一泊!」

澪「さわちゃんが文句言えない合法的欠席かぁ」

紬「ゴールデンウイークに一日おまけが付くみたいね」

憂「そういえば札幌のアレはどうなったんでしょうか」

梓「…」




……

― ホテル前 タクシープール

ガチャ!

運転手「!」

梓「大通公園まで!」

運転手「えっ、ダメだよあっちは避難指示でてんだから」

梓「お願いします!」

運転手「…わかったよ。大通公園だね」

梓「ありがとうございます!」
バタン! ブオーンブロロロロロ



ブロロロロロロロロ

運転手「…お姉ちゃん。なんでこんな時に大通行くの?」

梓「大通公園に私の…私の」

運転手「…まぁとりあえず野次馬じゃなさそうだね。

ただ送ってけるのも行けるとこまでだよ」

梓「本当にありがとうございます」

……



澪「大変だ!梓ホントにタクシーで行っちゃったぞ!」

紬「梓ちゃんをそうさせるのは一体何かしら!」

唯「ムギちゃん!私たちも行こう!」

律「ああ!頼むムギ!」

憂「お願いします!」

紬「もちろんそのつもりよ!」


―とりあえず一部 完



次回予告
                                    
       最終防衛ライン                      
                                                         札幌消滅
             防衛出動命令
                                          爆破は地下鉄構内だけに
                             頚が痛い>>1
           我が名はレギオン
                                                       大型レギオン出現
                                         大勢であるが故に

                                                                         とにかく本日中には何がなんでも完結!




4