ガチャ・・

律「さてっと」ヌギヌギ・・

律「サッ」ファサ・・

律「・・・」シャー・・・

律「・・・」ゴシゴシ・・

律「・・・」ザブーン・・・

律「(ん?・・何か今人影が・・気のせいかな・・)」カポーン・・



ガラガラ・・

律「・・・」ふきふき・・

律「(あ、澪新しい服用意してくれてある)」

律「・・・」ゴォーー

律「・・・」ゴォーー

律「・・・」ゴォーー

律「・・・カチューシャがない・・」



カチャ・・
パタン・・

澪「おっ、さっぱりしたかー?」ドキドキ

律「・・・みお・・カチューシャ・・・」

澪「ご・・ごめんごめん!・・さっき行った持ってきちゃたんだ」

律「・・みお・・らしくないよ・・やめてよ・・」ウルウル

澪「(う・・今にも泣きそうだ・・流石ににまずかったか?)」

澪「わ、悪かったよ・・でもさ、私の部屋の中だったら大丈夫だろ?
  私しかいないんだし」

律「・・・・でも・・やっぱり・・恥ずかしいよ・・」

澪「悪いと思ったんだけど・・ほら、この前約束しただろ?
  一緒にちょっとずつでも克服して行こうって」

律「・・・」

澪「だからさ、今日はそのままで頑張ってみようよ・・な?」

律「・・・・・」

律「・・・わかった」

ちょっとショックだった
澪がそんな事するとは思って無かったから
お風呂から出て、このまま何も言わず家に帰ってしまおうかとも思った
だけどそれじゃ、いつかの二の舞になってしまうし・・思いとどまった
だけど、勇気を出して澪の部屋へ行って良かった
澪は私の事を思ってしてくれたんだ
・・・嬉しかった

澪「律、喉渇いただろ?・・何飲みたい?」

律「・・なんでも・・いい・・よ」

澪「そ、そっかぁ!じゃあ・・お風呂上がりといえばやっぱりあれだよな!」

ガチャ、バタン

律「・・・」

ガチャ!

澪「牛乳だぞ~~☆」

律「・・・ありがと」

澪「」

律「・・・」チビ

澪「・・・」

律「・・・」コトッ

澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・・な、なぁ律!寝るにはまだ早いしなんかしようか!何したい?」

律「・・なんでも・・いいよ」

澪「そ、そうか・・じゃあゲームでもやろうか!」

悪いと思ってるよ澪
澪は自分からリードして話をする様な人じゃないのに
こんなに必死にさせちゃって本当に悪いと思ってるよ
澪は悪くないよ
悪いのは・・殻に閉じこもったままの私なんだ
ごめんね・・澪





――
―――

澪「もうこんな時間か・・そろそろ寝ようか?」

律「・・・うん」

澪「電気消すぞ」

律「・・・うん」

澪「・・・」パチ・・




――
―――



澪「・・・律?起きてる?」

律「・・・うん・・起きてる」

澪「ちょっと話そうよ、いい?」

律「・・・いいよ」

澪「・・・」

澪「・・・こ・・こにゃいだの約束なんだけど・・」

律「・・ぷっ・・・・ふふ・・噛んでるし」

澪「(・・・くそ~)」///

澪「この間の約束、覚えてる?」

律「・・・なんだっけ?」

澪「おいおい、自分で言った事だぞ!」

澪「す、好きな人ができたらお互い言い合うっていう・・」

律「あ・・うん・・それね、ちゃんと覚えてるよ」

澪「忘れてたじゃないか・・」

律「・・違うよ・・どの約束か分からなかっただけ・・」

澪「ほんとか・・・?怪しいもんだ」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「そ、それでな・・言おうと思って・・律に」

律「・・・澪に・・」

律「・・・好きなひと・・できたの?」

澪「・・・あぁ」

澪がなぜ緊張を私に分かるまで伝えているのか
なぜ私は澪の家に泊る前に躊躇ったのか
今分かった、こういう事だったんだ
澪はずっと鈍感な私を相手にやきもきしていたのかな
ごめんね

だけどね・・・澪
私は・・

律「・・そうなんだ・・誰なの・・?」

わかっているのに事なのになぜ問うのか
それはね
私は・・
私は・・・

認めたくなかったんだ
私と澪は・・そういうのじゃないんだって

信じていたかったんだ
私と澪は親友なんだって

澪「律・・私は律の事が好きなんだ」

律「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・り、りつ!な、なんかい、い、い、言ってよ!」

律「・・ご、ごめん・・なんかびっくり・・して」

澪「律・・」ガバッ

律「澪・・えっ・・?」

澪が私に覆いかぶさってきた
月明かりが澪の紅潮した顔を照らす
澪がじっと私の顔を見つめている
私はその目線に応じる事無く、顔を真横に向け
壁際に置かれたうさぎのぬいぐるみをじっと見つめていた

澪「律、ごめんね・・」

律「・・・本気・・なの?」

聞こえるか聞こえないか、そのくらい小さな声で私は呟いた
少し間を置いた後
澪は私の横髪を撫でながら、顔を近づけてくる
髪で隠れていた私の右耳を、澪はそっと指でなぞる
澪の唇は、私の頬のすぐ近くまできているようだ
今までの長い付き合いの中で
吐息が肌で感じられる程、澪に近づいた事があっただろうか

澪「本気・・だよ・・?律が恋しくて・・たまらなかった・・」

律「・・・」

澪「律、もっと律に・・触れてたいよ・・いい?」

律「・・・え・・」

(だめだよ)
(私達は、女同士なのに)
(私達こういう仲じゃないだろ?)
(澪に・・今言えば・・済む事じゃないか)
(澪が私に何を求めているのか)
(わかってるんでしょ?)

わかってる・・私だってそのくらい・・
言わなきゃ・・
言わなきゃ・・



律「・・うん・・いいよ・・」


5