……外

御坂D「私たち9人がかりで挑めばこんなの余裕で乗り越えれると御坂はドヤ顔で呟きます」

御坂C「流石わたしたちです。と御坂は自画自賛をします」



……リア充家

銀時「さ~て、こちらとら女の子を帰してくれりゃ腕の一本ぐらいで済ませてやってもいいぜ」

セル「ぶるぁぁ…何を冗談を言いやがる。てめぇらは自分の心配をしろ」

銀時「ふっ」

セル「てめぇら、これは戦争だっ!! こいつらをぶっ壊せ!!」

クリリン「おうっ!!」



……

クリリン「どりゃっ、てやっ」

近藤「はーっはははは。そんな攻撃きかんわ」

クリリン「気円斬!! あれっ?」

近藤「ぶははははは、人形の癖に気円斬出せると思ったのか? はーっはははは」

……



唯「わたしはどうすれば…」

ショッカー「ギョエーー」

唯「!!」

ドン

ショッカー「!!?」

憂「お姉ちゃんに何かしたら…わかってるよね」

ショカー「……GYAAAAAAAA」



……

ハルヒ「すごいわここっ、色んな化物がいるわ!! あれゴジラじゃない! 本当にいたんだ」

キョン「おいおい、あれも人形だって言ってるだろ。人形が本物ならこの世界は化物だらけじゃないか」

キョン「おっと、また敵だ…くそっ」

長門「まかせて」

長門「ブツブツブツ」

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーン

長門「清掃完了」

キョン(ここでもチートなのね)



……

セル「ヴァカな…どんどんやられていく…」

ウッディ「俺達は一人じゃない」

セル「…貴様だけでも…しねぇ!!」

ウッディ「くっ、避けれない」

銀時「てやっ!!!」」

セル「んなっ、クソ…」

ウッディ「銀時!」

銀時「ようやく大将の所まで辿りついた。ウッディ。お前は澪を連れてさっさとこいつから離れろ」

ウッディ「しかし、」

銀時「お前が助けないと、意味無いだろうが。空気読め」

ウッディ「ああ、じゃあ任せたぞ」



銀時「さーてwwww 人造人間セル。お楽しみはここからだぞ」

セル「そんな小柄な身体で何が出来る」

銀時「金時アターック」

チーーーーン

セル「……なんだその攻撃は?」

銀時「あり?」

セル「しねぇぇぇ…」



沖田「死ぬのはセルてめぇだ」

ドーーーーン

セル「んなっ…」

土方「てめぇ、俺も一緒に射的圏内に入れるんじゃねぇ!!」

沖田「いや、一緒に始末しようかと」

土方「マジで冗談きついっすから、それは流石に俺も対処できねぇから」

セル「武器だと…? そんなものどっから」

沖田「こいつは特注品だって言ってるだろ」

セル「…くそっ」

銀時「負けを認めろ」

セル「………くそったれぇぇぇ」



……

ウッディ「大丈夫か? 澪ちゃん」

澪「……」

ウッディ「気を失っているか。おーい誰か」

唯「はーい、あ、澪ちゃんとウッディだ」

ウッディ「すまないが、澪ちゃんを見ておいてくれないか?」

唯「え、わかったよ!! 任せて!! おーいムギちゃんあずにゃんも来て!!」



……

セル「だがな、俺にはまだ秘策がある」

沖田「へぇ」

セル「となりの部屋にはな……ガンプラがあるんだ」

土方「んなっ!」

セル「あいつらとは関わりたくないぐらい凶暴だが……この際テメェらを葬り去るにはこれしか無いからな」

ガラガラ

ガンプラ「……」

銀時「…こいつはでけぇ。サイコガンダムを見ている気分だ」

セル「リア充は言ってるぞ。高い金して買ったと。俺に勝てたとしても、てめぇら数人程度ではこいつは倒せないぞ…ってあれ?」



銀時「退散たいさーん。けぇるぞ~」

セル「待てやゴルァァァァ」

銀時「みんな急いで帰るぞ~」



セル「あ、待って、戦ってよ。そりゃあ無いよ。汚いよ…あれ…みんないなくなった」

ガンプラ「おい、セル。俺様を読んだ理由を産業で」

セル「……」

ガンプラ「わかってるな、この始末」

セル「はい」



……

ウッディ「帰ろうみんな!! 今日は本当にありがとう」

銀時「ああ。楽しかったぜ。他の家の玩具と戦えるなんて思えなかったしな」

御坂A「最後まで参戦出来なかったと御坂は早めの自己主張をしてみます」

ハルヒ「面白かったわぁ~。また遊びに行きたいわね、ここ」

キョン「ハルヒ、それだけは勘弁してやってくれ」



……タカティン家

タカシ「……朝か…あれ、澪のフィギュアがある…なんでだろう」

タカシ母「朝御飯よー」

タカシ「ああ、うん。わかった…」タッタッタッタ



ウッディ「ふう、大変だったな。危ないところだった」

澪「……///」

ウッディ「よかった。澪ちゃん心配だったんだ」

澪「え…っとその、ありがとう…///」ピュー

ウッディ「ありゃ、行っちまった。まだ根に持ってるのか?」

唯「違うよ。感謝しているんだよ。澪ちゃんは」

ウッディ「そうなのか? 随分顔が赤かったからさ」

紬「ヒーローよ貴方は」

戦場ヶ原「そうやって貴方は奴隷を増やしていくのね。さすがだわ」

ウッディ「奴隷? そんな事するわけがない!!」

戦場ヶ原「女の子を精神的に信頼させれば肉体なんてあっという間だもんね」

ウッディ「俺はそんなつもりはなーい…。銀時のところに行ってくる」タッタッタッタ

唯「んもーひたぎちゃん! 駄目じゃない。ウッディに言い過ぎだよぉ?」

戦場ヶ原「でもすごいわ彼。他の誰よりも主人公な顔しているわ」

唯「ウッディは色んな玩具を救ってきたヒーローだからねぇ」

紬「ふふふ」



……タカティン姉部屋

ウッディ「お、銀時。今朝はありがとうな」

銀時「おぉ、ウッディじゃないか。よ、今後気を付けろよ? 異端審問会に」

ウッディ「もう大丈夫だ。俺はそんなことしないし、タカティンも俺に飽きるのは時間の問題だし」



澪「ウッディさん…」

ウッディ「ん? どうしたんだ澪ちゃん」

澪「これ、ハンカチーフ作ったの。助けたお礼///」

ウッディ「ああ、プレゼントか。ありg…

澪「…あれ? ウッディさんは…?」



異端審問会

ウッディ「まてまてまて…!!!」

裁判長「うらやま死刑」

ウッディ「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAA」


こうしてタカティンの家のハーレムを築きつつあるウッディであった。
果たして平和に過ごす日は来るのであろうか…?




とりあえずおわりです。本当は仮面ライダーあたりも登場させてカオスにしまくりたかったんだが
もう時間だから早く終わらした。ちなみに御坂以外のフィギュアは実際にあります。
男関連はマジで姉が持っています。以上ですありがとうございました。
マジで夜中動き出さないかな。