……

ウッディ「他に誰がいるんだ?」

キョン「あ、新入りか。俺の名前は」

銀時「ったくひどい目に遭ったぜウッディ。あ、キョン、お前も関与してるって嘘ついたけどいいか?」

キョン「おい、俺は何もしとらんぞ! …ったくお前また向こうに行ったのか。やめとけって言ってるのによ」

ウッディ「…(声が随分似ているな)」

キョン「…おっとそういう訳だよろしく」

ウッディ「ああ。よろしくなキョン。俺はウッディだ」

キョン「よろしく」



……

ウッディ「挨拶しているうちに随分時間が経ったな。そろそろ戻るか」

谷口「何もするなよ」

ウッディ「安心しろ俺は何もしない」

谷口「タカティンがどうするか分からないがな」

ウッディ「え……?」



……翌日

タカシ「さーてと、ウッディ」

ウッディ(お、遊んでくれるのか…こんな大人に遊ばれるのも何か嫌だな。まぁマシだな)

タカシ「えーっとムギちゃんでこう下から顔を」

ウッディ(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

紬(!!!!)

タカシ「うーむ何か違うな。というよりムギちゃんは俺の嫁だからこんなのさせたくないな。澪でいいか」

ウッディ(ちょっとまてちょっとまてちょっとまて)

澪(きゃああああああああああああああああああああ)

ウッディ(胸…に顔を近づけるな)

澪(…ひどいひどいひどい)

ウッディ(なんだこの遊び方は)

ウッディ(うわあああああああああああ)



……

タカシ「さーてバイトバイト」タッタッタッタ

ウッディ「ぜぇぜぇぜぇ……何だ今のは…」

澪「……私お嫁に行けない」

ウッディ「!! まて誤解だ」

紬「ここは二階よ」

ウッディ「違う。あくまでも動かしたのはタカティンであって俺は関係はない! 俺にそんなつもりはない。本当にすまないが」

澪「…しくしく」

紬「大丈夫澪ちゃん? むこうに行こうか」

戦場ヶ原「さすがね。あなたはそういったことを兵器でしかもいやらしい顔でしたがる変態ということがよーく分かったわ」

ウッディ「違う俺は違う! 俺の意志じゃない。違うんだ」

戦場ヶ原「貴方と同等の大きさをしたフィギュアは覚悟した方がいいわね」

ウッディ「そんな…あれ? みんな…そりゃそうか。仕方ない銀時の所に行くか」



……

ウッディ「ちわー…ってうわぁ」

異端審問会


谷口「貴様…よくも…澪ちゃんを。Aランクの澪ちゃんを」

吉井「そうだそうだ」

ウッディ「まってくれ。俺は動けないんだぞ? しかも俺の意志じゃないタカティンの意志だ」

雄二「どうだか。まぁいい、裁判長ご決断を」

ムッツリーニ「判決を」

裁判長「たしかにタカシの意志なのは仕方がない。だが、女性に不埒な行為をしたのも事実。よって」

裁判長「最上級にむかつくので死刑」

ウッディ「うわあああああああああ」



……1時間後

ウッディ「あれはひどかった…」

銀時「よっ、お疲れさん」

ウッディ「この先ここで生きていけるか不安だ。これならサニーサイドの方がまだ健全かもしれないよ」

銀時「まぁ慣れるさその内。ところでさ、そろそろ戻らないとやばいんじゃないか?」

ウッディ「え? ああ、もうそんな時間か。残酷すぎるよ。向こうでは冷たくされて、こっちでは異端審問会。身がいつまで持つかわからない」

銀時「仕方ないさ。じゃあな。俺の部屋もタカティン姉が帰って来やがる。寝るわ」

ウッディ「ああ」



……

ウッディ「……ただいま」

ジロー

ウッディ「はは、しょうが無いさ。正直に言う。すまなかった。タカティンがこれからどういったことをするか分からない。だがしかし、俺の意志は絶対に君たちを傷つけたりしない」

ジトー

ウッディ「こんな程度で信頼を回復させようなんて思っていない。嫌うのなら俺はそれをも自分自身だとして受け止めるよ」

ジロー

ウッディ「ただ、俺は君たちを仲間だと思いたい。かつてのアンディの玩具たちもそうだったんだ。どんな困難も乗り越えてきた。すごい修羅だったんだ」

ウッディ「それと同時に冒険でもあったんだ。俺も一時嫌われていた。仲間にすら嫌われていた。でもそこで気がついた。俺はそれでも仲間を信じることの素晴らしさを」

ウッディ「その内でいい。その内で。じゃあ。俺は寝るよ。おやすみ」



……翌日

タカシ「飯食ってる場合じゃねぇ! 学校遅刻遅刻」

ウッディ「…行ったか」

ウッディ「まぁ一日で信頼は回復しないよな」

唯「あーウッディ!」

ウッディ「あ、唯ちゃん。こんにちは」

唯「どもども。ウッディの冒険のおはなし聞かせて~」

ウッディ「あー。そうだな。よし色々あったんだぜ。俺はよ、もともと……」



~~

ウッディ「その時にさ、俺はどっかーんと爆竹ロケットを利用してさ」

唯「ほぉほぉ」

憂「お姉ちゃん~」

唯「おぉ~う~い~。今ウッディにお話聞いていたんだぁ」

憂「そうなんだ。よかったね。あ、私はお姉ちゃんの妹の平沢憂です」

ウッディ「ああ、よろしく。俺はウッディです。まだ挨拶出来てなかったね」

憂「お姉ちゃんに何かしたら許さないからね」ボソッ

ウッディ「……!」

唯「どしたの? 憂」

憂「なんでもないよ~お姉ちゃん」

ウッディ「……(何だ今の顔)」



……

ウッディ「さーってと、久しぶりに自分のメンテナンスでもするか…って新品だったな必要ないか」

ハルヒ「さーってと、キョンの所にいこーっと。有希、みくるちゃん行くわよ」

みくる「ふええええ」

ウッディ(そういや、女の子は普通に向こうに行けるんだよな)

ウッディ「……なんのポーズだ? 亀?」

真宵「これはかたつむりごっこです。邪魔しないでください」

ウッディ「かたつむり。エスカルゴか」

真宵「何にしろあなたのことが嫌いです! 近づかないでください」

ウッディ「ガーーーーーーーーーーーーーン」

真宵「あれ? え? どうしたんですか?」

ウッディ「さすがにここまで嫌われてたとなるとおれもショックすぎるよ…すまない」

トボトボトボ

真宵「はれ…? そんなつもりじゃ…」



……

ウッディ(いっそのことゴミで捨てられるか? いやそれはだめだな。それだけはしてはいけない。くそ。ゆっくり解決するのが一番なのにな)

タカシ「ふっふーん、」

ウッディ(俺自身の存在を薄めるのが有効だな)

タカシ「あ、そろそろあいつが来るな」

リア充「よっwwww 代わりに来てやったぞwwww」

タカシ「えっ、あれ…なんでリア充くんが?」

リア充「あいつが風邪で休みだったからゲームを返すのとついでに遊んでやることにしたんだwwww お前んち凄いオタクらしいなwwww」

タカシ「え、そんな上がるのはちょっと」

リア充「あ、オバサンこんにちは」

タカシ母「あら、お友達? 部屋汚いけどゆっくりしていってね」

リア充「どうも。おじゃましますwww」



……

リア充「あっはっはすげー萌えじゃんwwww 美少女フィギュアwwww 凄いパンチラwwww」

タカシ「そんな。いやたいしたことないよ」

リア充「お前もやっぱぺろぺろしてんの? フィギュアとかwwww」

タカシ「そんなことしないよ!!」

リア充「とか言って、お前もやっぱニヤニヤしているんだろうが」

ウッディ(あれ、澪ちゃんがあの男のポケットに)

タカシ「あ、それ僕の大切な一番くじのB賞…」

リア充「いいじゃん一個ぐらいくれよ」

タカシ「それレアな奴だからダメだって」

リア充「俺もけいおん観たぜw 澪は俺の嫁じゃんwww いいから。今度飯おごるからさwwwww」

タカシ「だめだって」

リア充「ええからくれや…な?」

タカシ「……ダメなのに」

ウッディ(なんてやつだ)



……

タカシ「…澪のフィギュアが。勝手に……ひどい……あ、バイトの時間だ」

ウッディ「なんて奴だ…人の大事にしているものを」

唯「大変だ!! 澪ちゃんが拐われた!!」

紬「本当。大変だわ」

ウッディ「追いかけるぞ…って」

戦場ヶ原「どうやって追うのよ?」

ウッディ「……そうだな。どうやって追えば」

長門「リア充の住所を調べればいいと思う」

ウッディ「……リア充の住所。どうやれば…」

ハルヒ「あそこに連絡票がある。そこで分かるんじゃない?」

ウッディ「これか。どうやらそこまで遠くないみたいだ。どこかの車に捕まっていけば行けるぞ!」

ウッディ「あれ…? みんな」

ハルヒ「私は行きたいけど…打開策も立てずに行くのは厳しいと思うわ」

ウッディ「でも澪ちゃんは拐われたんだぞ!?」

戦場ヶ原「しかしながら、私たちが何を出来るの? こんな人間の1/24スケールの物に何が出来るのかしら。大体貴方は信用されていないわ」

ウッディ「くそ…やっぱり俺一人だけでも行くよ。俺一人でも助けれる可能性があれば」

戦場ヶ原「無謀ね」



……深夜

ウッディ「……助けに行くか。まず家を抜け出さないと」

ウッディ「……さて玄関まで来たけど……どうすれば」

銀時「おーいどこに行くんだ?」

ウッディ「澪ちゃんがリア充という奴に奪われた。取り返しに行ってくるんだ」

銀時「正気か? 大体玩具が外に出るのがどれほど危険か」

ウッディ「フィクションでも俺は助けあってきた」

銀時「…」

ウッディ「止めないでくれ。せめてドアを開けるのを手伝ってくれたが嬉しいが…俺はみんながなんと言っても助けに行くんだ」

銀時「わーったよ。手伝ってやるよ。ただし、今度こっそり女部屋連れていかせろよ」

谷口「聞こえてるぞバカヤロウ。忘れ物が多すぎるぞ」

銀時「谷口か…それにお前ら」

近藤「よーしお前ら。新選組の威厳を賭けて澪ちゃんを救出するぞ!」
沖田「わっかりしたー局長。とりあえず土方を殺せばいいんですね」
土方「どうすりゃその解釈になるんだ? お前の頭はどうなってんだよ」

吉井「どんなことがあろうとも、俺も女の子を助けるぞ!!」

銀時「ま、みんななんだかんだ言って『女の子にもてたいんだよ』」

ウッディ「みんな……よし、助けに行くぞ!!」

銀時「OK、我が生命にカエテデモー」


3