ぶしつのそと!

ガチャ

純「どうしてこうなった…」

澪「…」 ズーン

純「うわっ!!」

純「って澪先輩!?」

純「どうしたんですか!?俯いて…具合悪いんですか?」

澪「…みんな」

純「?」

澪「……みんな中で盛り上がってるのに…」

澪「………私だけ仲間はずれ…」

純「あ…」

澪「寂しい…」 グスン

純「えっと げ、元気出してください!!」

澪「うぅ…」



ぶしつ!

澪「それでさっきから梓、機嫌いいのか…」

唯「うん!良かったよー、あずにゃんとゴキにゃんが引き離されなくて!!」

梓「はい!良かったです!」 ニコニコ

唯「ゴキにゃんもよかったねー!」

G「…」 モソモソ

澪「うっ…」

澪「やっぱり私はまだ抵抗あるかな…」 ナミダメ

律「この前は気絶してたんだから、それに比べればマシになったって!

  て言うかむしろだんだん抵抗無くなって来てる私らの方が 女子としてどうなんだ…」

梓「…」 ピクッ

律「ま、それを言ったら梓なんかとうとうゴキブリの飼い主になってしまったけどな!」

梓「うっ…」

唯「ん?どうしたのあずにゃん?」

梓「や…やっぱりおかしいですよね…ゴキブリ飼ってる女子高生なんて」 ナミダメ

紬「あ、梓ちゃん!」 アセアセ

唯「な、泣かないで!」 アセアセ

澪「ご、ごめんな、梓! 抵抗あるとか言って… 律!お前も謝れ!」

律「え、私? あ、梓、すまん!気持ち悪いなんて全く!これっぽちも思ってないぞ!」 キッパリ

唯澪「…」

律「いや、ホントだって!!」

梓「そんな……先輩たちが謝る事ないです!」

梓「誰でも抵抗があって当然だと思います…それに私自身ちょっとどうかな…って思ってる部分はありますし」

梓「だから先輩たちが気持ち悪いって思うのもわかります!」

梓「飼うと決めたからには そう思われる事も含めて…最後まで責任持たないとダメだよね

  気持ち悪いって意見もちゃんと受け止めて… 周りに人が不快にならないように…」

唯「あずにゃん……」

梓「澪先輩律先輩!不快になる人もいるのに

  よく考えずに見せ付けたり騒いだりしてすみませんでした…!」

澪「梓…」

律「…」

律「…水臭いぞー梓!」

梓「…」

律「そんな事今更気にするかよ!何を飼ってたとしても梓は大切な後輩だ!

  それにゴキにゃんもゴキブリだけどさ、その前に梓の大切なペットなんだろ?

  大切な後輩の大切なペットなんだ!それを気持ち悪がって避けたりしない!

  さっきのセッションだってさ、純粋にすげーって思ったしな!!」

梓「律先輩…!」

澪「そうだよな…梓! わ、私も、怖がったりしないように頑張るからな!!」

梓「澪先輩…!」

唯「よかったね、あずにゃん!」

梓「はいっ!」



澪「…」 ジーッ

G「…」 バサバサバサバサバサ

澪「ひっ」(うぅ…でもやっぱりまだ怖い)

梓「澪先輩!無理はしないでください!気持ちだけで嬉しいですから!」

澪「ごめんな…梓…少しずつ慣れていくようにするから…」ナミダメ

ぐー

唯「あ…」

唯「お腹空いてきちゃったー」 ニヘラ

梓「唯先輩…」 ガクリ

紬「それじゃあ、お茶にしましょうか」 ニコニコ

梓「流石にお茶の時間は閉っておきますね」 ゴソゴソ

唯「ゴキにゃーん、また後でねー」

G「…」 マタネー

唯「今日の♪ お菓子っは♪ なーにっかなー♪」 ワックワック

紬「今日はゼリーなの!」 ババン!

梓「!!」 ビクッ

唯「わーい!!ゼリーだゼリーだ!!」

澪「ムギ、いつも悪いな」

律「私 オレンジ!!」

唯「じゃあ 私ソーダでー」

梓「…あの」

紬「はい、梓ちゃんはどれにする?」 ニコニコ

梓「!」 パァア

梓「…じゃ、じゃあさくらんぼ」

澪「私はグレープ…」

紬「私は桃ね!」



モグモグ

唯「ひんやりしてておいしいね!あずにゃん!」 モグモグ

梓「はい!」 モグモグ

梓「そうだ…」 (ゴキにゃんにもゼリーあげられないかな…)

唯「ほぇ?あずにゃんソーダ欲しいの?」

梓「え、いやそうじゃなくて」

唯「私さくらんぼも食べたかったんだー、半分こしよ!半分こ!」

梓「…だからそうじゃなくて」





唯「うーん!さくらんぼもおいしいよー!」 モグモグ

梓「そうじゃないのに…」 ハァ

梓「…」 モグモグ

梓「ソーダ…おいしい…」 モグモグ

梓「…」 チラチラ

梓(ゴキにゃんにゼリーあげたいけど流石に今出すのは…)

澪「どうしたんだ、梓?さっきから鞄チラチラ見て」

梓「え!?」

律「ゴキにゃんが気になるのか?」

梓「え、えっと」

唯「わかった!ゴキにゃんにもゼリー食べさせてあげたいんだね!」

紬「あらあら、そうだったの?」

梓「そ、その…」

律「そっか、なら食べさせてあげなよ!」

澪「私達の事なら気にしなくていいからさ」

梓「先輩…」 パァア

梓「はい!」 ニッコリ

G「…」 モソモソ

パカッ

律「躊躇無くタッパー開けるんだな……飛んできたりしないのか?

  いや怖がってるわけじゃないぞ!念のためだ!」

梓「ちゃんと躾けてあるから大丈夫です!」

律「そ、そうか…なら心配ないか」

律(ゴキブリに躾?)

梓「はい! ゴキにゃーん、ご飯ですよー」

G「…」 カサカサ

澪「人間用のゼリーでも食べられるのか…?」

梓「雑食ですから、大丈夫だと思います」

パチン

G「…」 モグモグ

唯「ゴキにゃんおいしそうに食べてるねー!」

梓「はい、皆さんありがとうございます!」

澪「…」 ジー

G「…」 モグモグ

澪「…」 ジー

G「…」 モグモグ

澪「…」 ジー

G「…」 モグモグ

澪「ちょっと可愛い…?」

律「おっ ついに澪にも抵抗がなくなって来たか!?」

梓「本当ですか?!」

澪「た、たぶん…」

澪「…」

澪「…梓とゴキにゃんのセッション見たいかも」

梓「!!」 パァア

澪「…今なら気絶したりしないと思うし…

  それにせっかく梓が頑張って練習したんだしな」

梓「はい!!ちょっと待っててくださいね!

  今から準備しますから!」

ガサゴソ

梓「ゴキにゃん♪」 ニコニコ

G「…」 モゾモゾ


唯「嬉しそうだねー、あずにゃん!」

律「…ああ、後輩があんなに嬉しそうなんだ!

  先輩としては喜んでやらないとな」

紬「うふふ」



G「…♪」 バサバサッ

梓「準備できました!」

唯「あずにゃん頑張ってー!」 ワクワク

紬「ふぁいと!」

律「期待してるぜーっ!」

澪「が、ガンバレー!」

梓「それじゃあ始め…

ガチャ

さわ子「チーッス!」

紬「あ、先生」

さわ子「あら、何やってるの?」

唯「今からあずにゃんとゴキにゃんでセッションなんだよ!」

さわ子「へー」

さわ子「…」

さわ子「ゴキにゃん?」



G「…♪」 バサバサバサバサ



さわ子「へ」

さわ子「ぎゃあああああああああああああああああ!!ゴキブリぃいいいいいいい!!!」 ガタガタッ

澪「せ、先生!?」



さわ子「ひいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」 バタバタッ

律「だ、誰かさわちゃんを止めろ!!」

唯「お、落ち着いてさわちゃん!!」

さわ子「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!」

G「…」 アセアセ

さわ子「にがすかああああああああああああああああああああ!!!

さわ子「死に晒せ!!!!ゴラアアアアアアアアア!!!!!!!」

G「…」 !



ドスッ グチャッ



梓「え…」

唯律紬澪「あ」


9