梓「へっ!」

律「とってどうすんだ! 追い出すんだよ!」

唯「あれ、そだっけ?」

律「そう…? てか何だそれ」

唯「りっちゃん!これがカサカサの正体だよ!これ何?」

律「…タッパー…か?」

梓「あぁあ…ああ…」

澪「え? タッパー?」 クルリ

紬「…何か動いてるみたい?」

梓「ああ…あああ…!」



G「…」 カサカサ ア、ドウモ



律澪紬「えっ」

律澪紬「ぎゃあああああああああああああああ!!」 ガタガタッ

唯「えっ」



澪「…」 フラッ

紬「! 澪ちゃん!」

唯「え、何? どうしたのー?」 ハテナ

G「…」 カサカサ

律「梓何だアレ!!何であんなのが鞄中入ってるんだよ!!!」

梓「は ははは あはははは!!!」

梓(もうどうにでもなあれ!)

唯「ねえねえどうしたのー」

G「…」 ジーッ

梓「あはははははは あはははははははっ!!!!」

律「くそっ、梓はもうダメだ!!

  唯 落ち着け! 落ち着いてそれを床に置くんだ…!」

唯「ええ!? 危ない物!??」

律「ああ ある意味スッゲーやばい!!」

唯「えっと…床って何処に置けば…」

律「何処でもいいって!とにかく置いて逃げろ!」

唯「うーん…逃げるなら目隠し外さないとね…」

唯「よいっしょっと」

律「止せ!唯!!」

唯「ふぅ、これでよく見えるよ!」

G「…」 ジーッ

唯「ふぇっ?」

G「…」 チーッス

唯「…」

律「あちゃー…」

唯「ああっ ゴキブリさんだっ!!」

律「えっ えぇー」



律「ゆ 唯は平気なのか…」

唯「え、何が?」

G「…」 ジーッ

唯「おぉ…」 ジロジロ

律「いや、平気ならいいんだけどな…」

唯「この子大人しいよ!りっちゃん!見てみてー!」 バッ

律「わっ わーっ! こっち近づけんな!」 バッ

唯「えー 可愛いのに…」

律「いや、それはない」

唯「あずにゃん この子どうしたの?」

律「! そうだ、梓には色々…」

澪「…」 ガックリ

紬「澪ちゃん、しっかり! 澪ちゃん!」

梓「あははは! あはははははは!」

律「とりあえず場を一旦落ち着かせるか…」




澪「…」 スヤスヤ

紬「澪ちゃん、気絶したまま寝ちゃったみたい」

律「まあ 流石にアレは澪にはきついよな…」

梓「…」

唯「…あずにゃん、大丈夫?」

律「何であんなの持ってたんだー?」

唯「あんなのじゃないよ、ゴキブリだよ?」

律「知っとるわい!」

唯「あ、あずにゃんが持ってきたからゴキにゃんだね!」 フンスッ

梓「…!」 ピク

紬「梓ちゃん…?」

梓「…」 ポロ

唯律紬「!!」

梓「…」 ポロ ポロ ポロ

唯「ど、どうしたのあずにゃん!?」

律「え えと あ、ま まだお腹痛むのか??」

梓「ぐすっ…」

紬「えと えと! あの えと!」

梓「き… らいで…さい…」 グスッ

唯「…えっ?」

梓「嫌いに… ならないで…」 グスッ

律「…」

紬「…」

梓「……ください…」 グスグス

唯「…あずにゃん…」



唯「大丈夫だよ、あずにゃん!

  私達はあずにゃんの事嫌いになったりしないよ!」 ニコッ

梓「…唯…先輩」 グス

律「そうだよ こんな事で…って まあ スゲー騒いじゃったけど

  それで梓を嫌いになったりしないって! 私も澪も」

梓「…律先輩」

紬「皆 梓ちゃんの事大好きよ」 ニッコリ

梓「…ムギ先輩…」

G「…」 バサバサバサ

律紬梓「ひっ!!!?」

唯「えっと…ゴキにゃんも…あずにゃんが好き?」

梓「うっ…それは…」

律「と、とにかく…どう言う事か話してくれるか?」

梓「は、はい…」



かくかくしかじか

唯「なるほどなるほど…」

紬「梓ちゃんはお友達からペットを預かってたのね」

律「梓も大変だな……」

梓「まあ…純も大変でしょうし…

  それに預かった限りは責任持たないと…」

梓「……皆さんお騒がせしてすみませんでした」 ペコリ

唯「いいよー でも、これからは困ってる事があったら隠さないでちゃんと言ってね!」 フンスッ

紬「そうね、言ってくれれば力になれると思うから」 ニッコリ

梓「はいっ!ありがとうございます!」

律「あんまり気にすんなよ、梓に悪気があった訳じゃないんだし」

澪「うぅ…」 スヤスヤ

律「でもまあ 一応澪には後でフォローしといてやってくれ…」 ヤレヤレ

梓「うっ… はい(澪先輩ごめんなさいっ!)」

G「…」 ジーッ

唯「ゴッキにゃーん…!」 トントン

G「…」 ビクッ

梓「…その呼び方止めませんか?」

唯「えっ 何で?」

梓「いえ…なんとなく嫌です…」 

唯「えぇ 可愛いのに…」 ツンツン

G「…」 モジモジ

梓「か、可愛い…?」

律「唯の感性は時々おかしいな…」

唯「大丈夫だよー!あずにゃんはもっとかわいいよー!!」

梓「うぅ…何かゴキブリと比べられてるみたいで嬉しくないですっ!!」

G「…」 シュン



澪「ん…?」 パチクリ

律「っと 澪が起きた! 梓、隠せ!」

梓「は、はい!」

唯「ゴキにゃん、ばいばーい」 バイバイ

梓「だから止めてください! もう!」 プンスカ

G「…」 ジャアネー

澪「あれ?ここは…?」

紬「澪ちゃん、おはよう」

澪「…あ、そうだ 私、部活中に…確かタッパーが…」

 (G「…」 バサバサバサバサ)

澪「ひいっ!!」 コワイコワイコワイ

律「わかったから 落ち着け…!」



かくかくしかじか

澪「そう言うことだったのか…」

梓「澪先輩!ごめんなさいっ!!」

澪「いいよ…梓が悪い訳じゃないだろ?」

梓「澪先輩!」 パァア

澪「でも出来るだけ私の前には出さないようにしてくれると嬉しい…」 ナミダメ

梓「気をつけます…」

律「大丈夫だって今は梓の鞄の中だから」

澪「うん…」

鞄 … 

律「大丈夫だ、澪!この中だから!」 グッ

澪「お、おい……」

律「ほらほらー!この中この中!」 ググッ

鞄 …

澪「ひいいっ 近づけるなぁ! やめろぉ!!」 ガクブル

梓「はぁ 律先輩ふざけてないで私の鞄返してください…」

律「ごめんごめん! ほい」

ジーッ

梓「ゴキブリって言っても、純から預かった生き物なんですから、雑に扱わないでくださいよ…」

ゴソゴソ

G「…」 ハロー

梓「…たぶん大丈夫そうです」

律「ははー、ならよかったー」

澪「よくないっ!」 ドカッ

律「いてっ!!」

梓「…」 クスッ

律「あ、梓 笑ったな!このーっ!」 ウリウリー

梓「あははっ やめてくださいよー!」 キャー

澪「ふふっ」

紬「あらあら」

唯「ははっ」



唯澪律梓紬「あっはっはっはっは!」

G「…」 バサバサバサバサバサ!

澪律梓紬「ひぃっ!!」



部活終了


5