─唯の部屋─

唯「私が優勝?」

梓「はい、唯センパイは存在そのものが優勝です」

唯「えっ!じゃあ私が王様なんだね?」

紬「そうよ、唯ちゃんこそがこの世の王にふさわしいのよ」

唯「んへへ~、じゃあ合宿中は私が偉いんだ~!!」

梓「Exactly(その通りでございます)」

唯「早速、王様としての最初の命令!!」



唯「ちょっと寝かせて…」ムニャ ぱたん…

澪「ふふ、幸せそうに寝てるなぁ」



律「なぁ!!お姉ちゃん液ってヤツ、完成してるか見てみようぜー!」ワクワク

紬「そ、そうね。蒸留器はっ…と…」ゴソゴソ

梓「う、体が震える…興奮が抑えられないです」カタカタ

律「へへ、どうでもいいと思ってたけど

ここまで来たら ちょいとワクワクするな!」



チャプン

紬「これが、唯ちゃんの幸せエキスの結晶

お姉ちゃん液…」

律「別にどうって事ないぞ?」

梓「今は蒸留器の中に密閉されてますからね」

澪「ふむ…(ちょっと嗅いでみたい気もするけど

いやいや、私には律が…)」

紬「じゃあ ちょっと試しに吸ってみるわね」

梓「えっ、ムギセンパイが一番手?

レシピを入手したのは私なのに」

紬「私の協力がなければ完成しなかったわよね?」

澪「まぁまぁ。

キッチリ3等分してから各々で

吸えばいいんじゃないか?」

紬梓「3等分?」アァァン?

澪「えっ、いや、私の分じゃなくって」

「律も協力したんだろ?」

紬「りっちゃんはいらないのよね?」

律「…」

「と思ったけど、ちょっとだけ分けてくれよ」

「なんかおもしろそうだし」

梓「ふむ。

律センパイのファインプレイが無ければ

唯センパイが作戦室に乗り込んできた時点で終了でしたし。

その権利は充分ありますね」

紬「じゃ、じゃあ分けるわね」

チョロチョロ…チョロロッ

梓「ふふふ…」チャプッ

紬「みんな、受け取ったわね?」チャポン

律「おっしゃ、それじゃあ

あとは各自楽しむっつー事で」

「解散!!」



─梓の部屋─

パタン

梓「ふぅーっ、長い長い1日だったなぁ」

「もう朝の5時だもんね…ふぁぁぁぁ…」

チャプン

梓「これがお姉ちゃん液…まぁ私にとっては

『唯センパイ液』なんだけど」

「…」ドキドキ

梓「う~っ!!

初めてオナホールを試す童貞さんの気持ちって

こんな感じなのかなぁ」ウキウキ

梓「それじゃ、唯センパイ」ドキドキ

「い た だ き ま す」スッ



─紬の部屋─

紬「             」

「                 


紬「      


「              」

紬「              


むぎ「




メニョッ




─廊下─

チュンチュン…

律「もう明け方かー。

こりゃあ昼まで爆睡コースだなぁ」

澪「なぁ、律」

律「うんー?」

澪「その、唯のエキス

やっぱり気になるのか?(律も唯のこと…)」 

律「いや、べっつにー」

澪「え?」

「だってお前、ちょっと吸ってみたいって」

律「まー興味はあるけど、それほどってワケじゃないよ」

「それより澪

吸ってみたいのはお前だろ?」

澪「え、えぇっ!?」

「いっ、いや、私は…」アセアセ

律「ひひひ、やせガマンすんなって!」

「食事の時とか、唯の方、じーっと見てたの

知ってるんだぞ♪」

澪「あ、違う…いや、違わないんだけど

それは…!!」

律「いいからいいから♪」

「ほら」ヒョイ

「それじゃっなー!」

澪「律…」キュゥン



─澪の部屋─

澪「唯エキス、か」チャプン

澪「お風呂場での唯…

確かにすごくいいニオイだったよなぁ」


「だけど、そんな唯だから

きっと色んな人に愛される」

「たとえ、この私が愛さなくても」


澪「………だけど律には

私しかいないんだよ」プッツゥ~ンンンヌ

「デコっぱちでチ○ポ生えてそうだから人が怖いんだ…

だから なんだかんだいって、私にくっついてまわってww」



「私に好かれようと

必死に唯エキスを確保するあたり

かわいいトコあるじゃないかwwwwww」ウフフ

澪「ハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!」

「ってワケでこんなエキスいらねぇからぁ!!」



─梓の部屋─

梓「オボエェゲロロバァ」ドシャビシャゲロロ~ン

梓「ウゲェ…な…ぜ・?」ゲロッ

「お風呂場ではあんなにいいニオイだった

唯センパイ液なのに…」ゲロ

梓「吸うたびに吐き気が…」ゲロリ

憂「ふふふ、ゲロゲロゲロゲロまるでカエルみたい」

梓「あれ、唯センパイの幻想が…?」

憂「お姉ちゃん液の採取に失敗したんだね」

「ペロリ、これはお姉ちゃん楽しさが

足りなかったときのお姉ちゃん液のお姉ちゃん味…」

梓「ち、違う…これは、憂…?」

梓「そうか…唯センパイ液作りに失敗したから

唯センパイの失敗作が見えるんだ…」



憂「えへへー♪

あんまり面白い事言ってると

私にも考えがあるよ?」

梓「こ、怖そうだなぁ…」

憂「でも私がお姉ちゃんの失敗作かぁ…

それはそれでワクワクしちゃうね!」

梓「そろそろマジレスしてほしいんだけど

これは幻?」

憂「ふふふ、さーてどっちかな~?」

梓「触ってみれば簡単にわかるよ」ガッシ フニ

憂「ひゃうん」

梓「質量を持った残像だとでも言うのか!?」

憂「ふはははは~怖かろう」

梓「で、なんなの」

憂「うん、夕方になっても帰ってこない

お姉ちゃんにいてもたってもいられず

もはやお姉ちゃん液だけじゃお姉ちゃん物足りなくて

直でお姉ちゃんをお姉ちゃん味わうために

お姉ちゃん走法でお姉ちゃん道をお姉ちゃん乗り越え

梓「正直ひくわ」

「ああ、でもそれじゃ 憂のお姉ちゃん液は必要ないんだよね」

「よかったら 私にくれないかな」

憂「もうないよー」

梓「えっ、3日分はあるって言ってたのに」

憂「ここに来る途中、横断歩道を渡ろうとする

おばあちゃんがいたから…」

梓「うん」

憂「そういうこと」

梓「えっ おばあちゃん どうなっちゃったの?」



憂「じゃあ、私、お姉ちゃんと

一つになってくるね!」タタッ

梓「そんなさわやかに問題発言されてもなぁ」

「あ、行っちゃった」

梓「は~、あれだけ苦労したのに失敗かぁ」

「お姉ちゃん液とはなんだったのか…」

「もう寝よう…」

「なにもかもがなつかしい…」パタリ



─朝─

チュンチュン チュンチュン…

唯「ふあぁぁ~あ」

「よく寝たぁ~」ムニャムニャ

「んん…え~っと、そうだ」

「合宿中は私が王様なんだよね!」

「ふふふ、なにしよっかなー♪」

唯「あれ、でも寝たのが5時頃だったのに

今は6時で気分爽快??

なんだか変だなぁ」

梓「そりゃ、今は月曜の朝6時ですからね」

唯「えっ、あずにゃん!?」

「なんかマッチョになってない!?

髪の毛もすごい伸びてるし…」

梓「THIS WAY」

梓「唯センパイが寝ている間に色々なことがありまして」

唯「い、色々なことって!?」

「それになんで今まで起こしてくれなかったの!?」

梓「それは…」

律「チクショオオオオオオ!!」バタン

「くらえ梓!真必殺音速ドラム斬!!」

梓「さぁ来い律センパイ!!」

「私は実は触覚を切られただけで

動けなくなりますよー!!」

ザン!!

梓「グアアアア!」

「こ このザ・コックローチと呼ばれる

四天王の中野梓が…こんなオデコに…」

「バ…バカなアアアアアアアア」ドドドドドド

唯「あ、あずにゃん!」

梓「グアアアア」

純「梓がやられたようだな」

和「フフフ…ヤツは四天王の中でも最弱…」

憂「オデコに負けるとはけいおん部の面汚しよ…」

律「おまえら けいおん部じゃねーだろー!!」

ズサ

純和憂「グアアアアアアア」

唯「み、みんなー!ひどいよ、りっちゃん!」

律「やった…ついに四天王を倒したぞ…」ハアハア

「これでムギのいる沢庵城の扉が開かれる!!」

紬『よくきたわね、ドラムマスター律…』

『待っていたわ…』ギイイイイイイイイ

律「!?」

律「こ、ここが沢庵城だったのか…!」

「感じる…

ムギの魔力を…」

紬「りっちゃん、戦う前に一つ言っておくことがあるの

りっちゃんはこの物語にお姉ちゃん液が必要だと

思っていたようだけど」

『別 に な く て も 成 立 す る』

律「な 何だって!?」

紬「そしてさわ子先生は痩せてきたので

自宅まで送っておいた…

あとは私を倒すだけね クックック…」

律「フ…上等だ…

私も一つ言っておくことがある」

「この私の知り合いに

秋山澪ってヤツがいたような気がしたが

別にそんなことはなかったぜ!」

紬「そうか」

律「ウオオオいくぞオオオ!」

紬「さあ来い りっちゃん!」

唯「りっちゃんの勇気が世界を救うと信じて・・・!」


ご愛読ありがとうございました