─唯の部屋─

梓「お待たせしました唯センパイ

それじゃ お背中でも流しましょうか」

唯「わー、洗いっこ♪洗いっこ♪」

紬「私が唯ちゃんの背中を流すから、

唯ちゃんは梓ちゃんの背中を流してあげてね♪」

唯「うん!あずにゃん、いっくよー!」ブクブクゴシゴシ



梓「あふん(憂の話によると

お姉ちゃん液を採取すること自体

唯センパイはストレスを感じる…)

(職人の憂ならともかく素人が採取する場合は

唯センパイに採取のことを知られないのがベスト)」



紬「(唯ちゃん、梓ちゃんの背中に夢中になっているわね)

(今のうちに調合したハーブを唯ちゃんの肌にすりこんで…!?)」ニュル…



紬「(なにコレ?唯ちゃんの背中から

黒い糸ミミズみたいなものがニュルニュル出てくる!?)」ニュルニュルニュルニュルルルル




紬「(これが俗物で溢れる世の中を生きる上で

溜まった黒き垢…

唯ちゃんの清らかさオーラを封印している

『お姉ちゃん不純物』なのね…)」ニュルニュンルゴッシゴシ

唯「ごしごし~♪」



ぽわわ~ん

梓「ふぁ…(なんだろぅ、さっきから

えもいわれぬいいかおりが・・・

もしかしてこれが

憂がいってたおねえちゃん気体…?)」ポワワワワ



ぽわわわ~ん



唯「ねぇ…きもちいい?あずにゃぁん…」ゴシッ…   

あずさ「ッ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!」ビクンビクッ



ぽわわわわわわ~ん

ゆい「ふふ、あずにゃんったら どうしたのぉ?」コシ…コシ…

紬「(す、すごい。唯ちゃんはいつもどおりなのに

このニオイをかいでるだけで

脳がとろけそう…



ぽわぽわ♪

むぎ「こんなわたしを やさしいえがおで 

うけいれてくれる ゆいちゃんが

あたたかく だきしめてくれる…

ぽわぽわぽわぽわぽわぽわ♪

直せつ、せ中をながされてるあずさちゃんは

ひとたまりもないわ…)」

「(はやくしないと 

わたしも…ひとに もどれなくなる)」ごしごしにゅるにゅる



ゆい「あずにゃん♪あずにゃん♪

あずにゃんにゃあん♪」ほわぁああぁぁ

むぎ「(あ…くろい ろうはいぶつが 

でなくなって…あ…あぁ… ポワポワポワ

ゆいちゃんの からだから 

ぴんくいろの もやが…!?)」ピクンポワポワポワ



あずさ「(このせかいの ことわりをこえた 

あらたなおねえちゃんのたんじょう。ポワポワポワ

だいしょうとして 

いにしえのせいめいは 

ほろびるッ…)」ビクンビクンッポワポワポワ



むぎ「お ね え ち ゃ ん い ん ぱ く と がはじまる…!!」ピクンピクンポワポワポワ



律「おーい、いつまで風呂に入ってんだー?」ガララッ

梓「ハッ!?いったい何が!?」ギャウウウゥゥン

澪「さあ約束の時だ。唯。

今度こそ食事の時間だぞ」



唯「ごめーん、あずにゃん洗いで

つい夢中になっちゃったよ!」ふわふわぁっ

りつ「!?」ドキンチョ!!

みお「(な、なんだ、このニオイ…?)バクンバクン

(すれちがったゆいから

すごくいいにおいにおいにおい…)」トクントクン

澪「(私には律がいるのに…!!

…ん?)」



唯「ごはんごはん~♪」パタパタ

律「(唯が離れていったらドキドキがおさまったぞ!

今のは一体…)」

梓「とりあえず第一段階は成功…

しかし、危ないところでした」ハァハァ

「律センパイたちが戸を開けてお姉ちゃん気体を解放しなければ

どうなっていたことか」ピクンピクンッ



紬「お姉ちゃん気体ですらあの威力…

それが凝縮されたお姉ちゃん液には

どれほどの効果があるというのかしら」ゼェゼェ



─食事プレイ部屋─

律「トンカツうめー!」モグモグ

紬「トンカツ たくさんあるから

どんどん食べてね♪」

唯「はぐはぐ!」モグモグ

紬「(ふふ、ブタみたいに夢中で

トンカツにかぶりつく唯ちゃんもりっちゃんもかわいい♪)」

澪「…」

紬「どうしたの澪ちゃん

あんまりトンカツ食べてないみたいだけど…」

「口に合わなかった?」

澪「いや、確かにこのトンカツはジューシーで肉厚で

お店で食べるような美味しさなんだけど あの」



澪「トンカツしかないのか?」



律「贅沢だぞー澪」

澪「分かってる。分かってるよ律。

費用は全部ムギ持ちだ。

今、私がどんなあつかましいことを

口走ってるかは分かってる。」

「だけど!!」

「オカズがトンカツだけなのは全然いいよ!!」

「ご飯茶碗に米のかわりに

細かく刻まれたトンカツが降り積もっていたときも

あれ?って思ったけど言葉を飲み込んだ」



「だけどコップにもトンカツを突っ込まれていた日には

セリヌンティウスといえども友情を疑うよ!!」

唯「だれ、せりぬんちーすって?」モグモグ

梓「走れメロスに出てくる人質です」ハグハグ

紬「私、トンカツで友情が壊れるドラマを

体験するのが夢だったの~」

澪「どんなドラマだよ!どんな夢だよ!」

唯「澪ちゃん落ち着いて~!」

「ほら、お水なら水道から出てくるから」

澪「ん、んくんく…(あれ、なんかこの水あまい…)」ゴキュン

唯「落ち着いた?」にぱ~

澪「う、うん」ゴックンポワポワー

「(水が甘いんじゃない、唯のニオイだ…)」



─澪の部屋─

ク~キュルル

澪「結局あんまり食べなかったからおなか空いた…

なんかお菓子とか持ってこなかったっけ・・・?」ゴソゴソ

澪「あっ、さっきの律の垢…」

「…おにぎりくらいの大きさがあるな…」

「…」

「…」

「…」

「…」

「…」パクリ



澪「!?」

「オボエェェゲログボア」ゲロローン

「ハァハァオエッ、さっきまではあんなに美味しそうに見えた

律の垢が、今はただの汚物にしか感じられない…」ペッペッ

「唯…」

澪「ああああまた、あの唯のニオイが嗅ぎたいよ唯ぃ…」



作戦プレイ部屋─

紬「唯ちゃん、いいニオイだったわねぇ」

梓「はい、食がすすんでトンカツ20枚も

たいらげてしまいましたよ」

「唯センパイもおなかいっぱいになったことで

お姉ちゃん成分がムンムンになっていることでしょう」

「お姉ちゃん液GETまであと一歩です」

紬「部屋は1人部屋だから

狭い部屋に唯ちゃんを密閉するということ自体は難しくないし

すでに「お姉ちゃん蒸留器」もセットしてある。」

梓「まぁただのビーカーなんですけどね」

梓「問題は…

『五時間以上楽しいテンションで保ったまま

1人きりで部屋に篭らせる』ですか」

紬「眠ってていいとか、みんなでおしゃべりしていいなら

簡単なんだけど…」

梓「他の人間がいるとお姉ちゃん蒸留器のエキスに

不純物が混じっちゃうそうですからね」

紬「職人は…マスター憂ちゃんは

どうやって採取しておられるのかしら?」

梓「猫ジャラシがぴこぴこ動く「お姉ちゃんじゃらし」とか

ハムスターが運動する車輪みたいな「お姉ちゃん輪っか」などの

装置が多数あるらしく

唯センパイは楽しく5時間を過ごすそうです。」

紬「なにそれかわいい」

紬「う~ん、

さすがにそれらの装置を短時間で用意することはムリだわ!」

梓「早くしないと、お姉ちゃん気体の放出が終わっちゃうのに…」



律「あきらめたらそこで試合終了だぞ!!」

梓「安西先生!どうしてここに?」


4