─部室─

紬「これはね、バカには見えないスカートとパンティなの!」

梓「よく見たらキレイなスカートとパンティでした」

紬「ありがとう♪」

澪「お疲れー」ガラッ

「おわー、ムギ!?な、なんで下半身丸出しなんだ!?」

梓「『おわー』なんてキン肉マン以外で使ってる人、初めて見ましたよ」

紬「これはね、バカには見えないスカートとパンティなの!」

澪「よく見たらステキなスカートとパンティだな」

紬「ありがとう♪」

律「おーっす!」ガラッ

「ゲェーッ、ムギ!?な、なんでオマンコ○出しなんだ!?」

梓「○の場所が間違ってますよ、ある意味あってますけど」

紬「これはね、バカには見えないスカートとパンティなの!」

律「そうなのかー!!へー!!私はバカだから見えないなー!!」

澪「(正直なヤツだな、律かわいいよ律)」キュン

律「しかし そんなスカートとパンツに

一体どのようなメリットがあるというのか」

梓「あっ、賢そう」

紬「モニターよ。ウチの系列会社で開発したのー。

さすがに見ず知らずの人の前では着られないけど

けいおん部のみんななら

たとえ見られても恥ずかしくないかなって」

澪「なるほどなー、さすがムギだ!!」

唯「こんにちわんこそばるさみこ!!」ガラッ

梓「(唯センパイはどんな反応を?)」

唯「あれー、ムギちゃん!!すっごく可愛いスカートとパンティだね!!」

澪「見えとる」

澪「内心、ムギが からかってるだけかと期待したけど…」

律「ていうかスカート見えてんのにパンティ見えてるってどういう構造だよ」

梓「あっ、鋭い」

唯「なんかすごい画期的なデザインでね、

まさにパンティを見せるためのスカートって感じ」

紬「でしょー♪」

澪「(ムギはともかく唯よりバカだなんてショックだな…)」

唯「さーケーキ食べよっと。おいちー♪」モグムグ

澪「ムギはともかく唯よりバカだなんてショックだよ」

唯「えっ」



律「しっかし、ジメっとしてイヤな感じだよなー」

「この太ももにビトッと椅子がくっつく感じが…」

澪「6月、梅雨か」

「ん!なんかいい歌詞おりてきそう!!」

「その名も『ぐちょぐちょタイム!』」

唯「ムギちゃんの服って涼しそうだよね」

紬「うん、とっても快適♪

まるで何も履いてないみたい」

律「おっしゃー!!

こうなったら私もパンツ脱ぐぞージョジョオオオ!!」

澪「り、りつぅぅ!?」

律「攻撃は最大の防御だ!!どりゃー」スッポーン

梓「あーっと、言葉の意味は分からないがとにかくすごい自信だー」

唯「りっちゃん隊長!!私も続くであります!!」スッポポーン

澪「あぁ唯まで!!」

梓「でも唯センパイ、ストッキング脱いだだけですよ」

「スカートとパンティは脱がないんですか」

唯「えっ そ、そこまでは脱がないよ?」ハワワ!!

梓「抱きつかないで。みんな見てます」

唯「いや、抱きついてないよ?」

澪「今、この部室は下半身丸出しのニュータイプ2名

生足1名、オールドタイプ2名という微妙な均衡状態で保たれている」

紬「私は丸出しじゃないんだけど」

澪「唯まで丸出しになったら

まるでスカートを履いてる私たちが

間違っているような錯覚に陥る所だったよ」



さわ子「みんな、やってる~?」ガラッ

梓「先生、全裸で何してるんですか」

さわ子「裸になって何が悪い」

澪「ど、どうしよぅあずさぁ~!

間違ってたのは

やっぱり私たちの方だったんだぁぁ」オロオロ

梓「落ち着いてください

コッチも靴下を脱げば…ホラ」ペタペタ

澪「あっ、唯と私たちで裸足女子高生トリオに!」ペタペタ

唯「あ、お揃いだね!」ペタペタ

梓「これでヤツらと対抗できますよ」

澪「えらいぞ~あずさぁ~」ナデナデ

梓「ふ、ふにゃぁ…」キュン



ズズッ

さわ子「ふぅ、やっぱり紅茶はいいわね~」

唯「うんうん、このまま時が止まればいいのにね~」ズズビビッ

澪「のん気なこと言ってないで そろそろ練習するぞ」

律「まぁまぁ~、今は6月。特にライブの予定も無し」

「焦って練習したって損じゃん?」ゴックン

澪「損って事はないだろ!」プツンッ

律「いたぁっ!髪の毛抜くなよ!」

澪「じゃあどこの毛を抜けばいいんだよ!?」ブチッ

律「なぜ毛を抜くんだよー!?」

紬「(あーやって りっちゃんのオデコが開発されたのかしら)」

澪「まったく…」スッ

梓「(あっ、澪センパイ、律センパイの髪をポケットに…)」

紬「(きっと今夜のオカズにするのね!!)」キラキラ

さわ子「ダラけてるわねー」

「目的がない時だからこそ

ハキハキ行動するべきでしょ?」

律「まぁ練習はするけどさー」

「こう雨が続くと気も滅入るっていうか」

澪「お前は気が滅入ると下半身丸出しになるのか!!」ミチミチッ

律「いたぁい!マ○毛抜くなよぅ!」ヒリヒリ

澪「まったく…」スッ

梓「(あっ、澪センパイ、律センパイのマ○毛をポケットに…)」    

紬「(きっと今夜のデザートにするのね!!)」キラキラ

唯「ねーねー!

さわちゃんは学生のとき、6月ってなんか

ハキハキと行動したの?」

さわ子「私?そーね、高校の頃の6月…ふむ

あれ、記憶がない」

律「ンフフwwな、ないんかいww」

澪「ンハハハハwww」

紬「偉そうな事ゆーて自分の記憶、スッカラカンやんけwww」

さわ子「う、うるさいわねぇ」

「クゥ~ッ…春や夏の記憶は漠然とあるんだけどなー」

梓「なるほど。」

「つまりこのよーなしょーもない思い出しかない

哀れで愚かでさびしい大人にならないために

目的意識をもつことが大事ということですね」

さわ子「前から思ってたんだけど、なんで中野はそんなに偉そうなの?」

律「よーし、それじゃ意義ある6月を生き抜くアイディア募集!!」

唯「りっちゃん隊長!!わたし合宿がしたいであります!!」

律「おっしゃ、採用!!」

梓「早っ」

澪「おい、ちょっと待てよ、こんな時期に合宿って」

唯「大丈夫だいじょうぶ!土日は学校休みだし

金曜の夜から泊りがけでどっかに行けるよ!!」

澪「金曜って、明日からじゃないか!!」

紬「おもしろそうね!!」



─平沢邸─

唯「というワケで明日、学校から直で

ムギちゃんの別荘に行くんだ~♪」モグモグ♪

憂「そうなんだー。楽しんできてね♪」

「それで、土曜日の早朝には帰ってくるんだよね?

帰ってくるんでしょ?」

唯「うぅん、2泊3日!!帰ってくるのは日曜日の昼過ぎかなー」モグ

憂「へー」

唯「うん」パクパク

憂「じゃあ私は金曜の朝7時から

日曜の昼3時頃まで約56時間

秒に直せば約20万1600秒近く

お姉ちゃんの笑顔を見ることはできないし

お姉ちゃんの口から放出される

お姉ちゃん気体で

肺を満たすこともできないんだね」

唯「はい」

憂「う~ん、それは困っちゃったなぁ」

唯「どうしたの?」

憂「うん…そんなに長い時間

お姉ちゃんと会えなかったら

私の自我が崩壊するでしょ?」

唯「あー」モグモグ

憂「そしてお姉ちゃんも長い時間

私と離れ離れになったら

きっとさびしさで死んじゃう!(ウサギみたいに弱りゆくお姉ちゃんかわゆい!!)」

唯「私はそんなことないと思うよ?」ゴチソウサマ

憂「だから離れていてもつねに

心が一つでいられるように

お姉ちゃん補完計画を発動させるべきだと思うの!」

唯「(あいす食べたいなぁ)」



─秋山邸─

澪「今日の収穫は髪の毛一本と陰毛一本」

「随分、完成に近づいたなぁ~」

「1/1スケール田井中律リアルフィギュアが」

律人形「」ジャキーン

澪「本物の律の体毛を地道に採取して植毛して

皮膚も日焼けしたときの皮やかさぶたを集めて

全身の98パーセント以上に移植することに成功した」

澪「これはもうほとんど本物の律と言っても過言ではないよ!!」

澪「ん~律~♪りちゅぅ~…」ギュウゥゥ

律人形「…」



澪「だけど高校卒業したらさすがに

律と接触するチャンスも減ってしまうからな」

「明日からの合宿で

りっちゃんコンプリートを果たすぞぉ!」メラメラ



─翌日、通学路─

紬「おはよー唯ちゃん♪」

唯「あ、ムギちゃんだー♪おはよー」ダキッ

紬「うふふ」ムギュウゥン

「あら?唯ちゃん、目の下にクマができてるじゃない」

「合宿が楽しみで眠れなかったの?」

唯「う、うん。それもあるんだけど…

昨日、憂がお姉ちゃん液を集めるからって

夜遅くまで起きてて…」

梓「お姉ちゃん液?」カサッ

唯「あ、あずにゃんだー♪おはよー」ダキッ

梓「うひひ」ゴキュウゥン

紬「唯ちゃん、そんなあぶらむしは放って置いて…

お、お姉ちゃん液ってなぁに?」ドキドキ

唯「え、ただのわたしのエキスだよ?」

梓「ゆゆ唯センパイのエキス…」

唯「アレがないと留守中に憂がアレになっちゃうから

私のアレをナニしてアレするんだってー」

紬「それって何億円あれば買えるのかしら」

唯「えっ、さ、さぁ?」

「私は作り方わかんないし…」シュン

紬「そう…そうよね」

「世の中お金で買えるものばかりじゃないわね」

唯「なんだか分からないけど ごめん…」

紬「うぅん、いつも大事なことを教えてくれる

そんな唯ちゃんが私は大好きよ」ニコ

唯「ム、ムギちゃん…」ポッ

梓「なんかキレイ事いってますけど

その人、ただの変態ですよ」

梓「(それにしても唯センパイのエキスか…)」

(全身の毛穴から私の細胞の隅々にまで浸透させたいなぁ)」ハァ


2