唯「つ、つかれたー……もう走れない……」

憂「お姉ちゃん頑張って!」

唯「そういえば、人気の無い所って言ってたけど澪ちゃん大丈夫なのかな」

憂「え?」

唯「おばけとかだよ!澪ちゃん苦手じゃん」

唯「お風呂入った後は外出たくないとも言ってたし」



憂「……そんなこと気づかないくらい心配してくれてるってことだね」

唯「……」



唯「……よし!走ろう!」



律「ひぃ……み、澪を放せ……!!!」プルプル

男Z「フヒッwwお嬢ちゃんwwかわいいねww」ハァハァ

澪「」

梓「澪先輩気絶してるです……」プルプル

男Z「おっwwおっぱいww大きいww」

律「や、やめろ!!」

梓「警察呼ぶです!!」

律梓(腰が抜けて立てない……)プルプル

男Z「触っちゃうぞwwwブヒッwww」

律「やめろつってんだろ!!この野郎!!」

男Z「うるせぇよ!!貧乳共!!!」

律梓「ひぃっ……」ガタガタ

男Z「お前らもww襲って欲しいのか?wwフヒッww」

律「……わ、私の親友に手出したら……許さないからな!!!」

梓「!、そうです!!親友です!!!」

男Z「親ww友wwなにそれwww都市伝説なんですけどwww」

律「寂しいやつめ!!こんなことして恥ずかしくないのかよ!!」

梓「寂しいやつですwwふふふww」

男Z「」

律「澪を放せ!!」

男Z「やwwだwwよww俺はこいつで童帝を卒業するんだよwww」

男Z「じゃあwwそろそろさわっちゃうぞ♪www」

律「やめろよ!!この童貞野郎おおお!!!!」

男Z「うっせえなあああ!!」

律「!」ビクッ

男Z「もういいや」スッ

律「?、澪!!」

男Z「お前から襲ってやるよおおお!!!!フヒッ」

律「ひっ……」ガシッ

男Z「フヒヒwwおでこかわいいwwぺろぺろしちゃーうぞっwwwブヒッ」

梓「し、親友に手を出すな!!です……」

律「……い、いやぁ…………」プルプル

男Z「実はww貧乳もww好きなんですwwブヒヒwww」

律「……だ、だれか…………」

梓「誰か助けてーーーーー!!!!!」

男Z「こんな人気の無いところに誰もこねえよwww」

男Z「じゃあwwいただきますwwwぶひっ」

梓「律先輩!!!!」

律「……ぐすっ……嫌ぁあああ!!!」ポロポロ



憂「律さーーん!!!」



梓「う、憂!!」

律「た、助けて……」

憂「ひっ……変質者……?」

男Z「フヒヒwwもっと軽蔑の視線をww興奮するwwぶひぶひww」

律「……もう……嫌…………臭いし…………」ポロポロ

男Z「じゃあww気を取り直してwwいただきますwww」



憂「今だよ!!お姉ちゃん!!!」

梓「!」



男Z「ん?www後ろにwwwもう1人www俺ハーレムすぎるwww」

唯「はあああああ」ブン

男Z「?」



唯「潰れちゃえええええええええ!!!!!!」ドガッ! パァンッ!!!!



男Z「!!!!?!??!!????」

男乙「フォアああンンンンンンンオオオオ$%&#&#!&#%&#”$”%!!!!!!!」

憂「さあ!早く逃げよう!!!」



梓「すごく……痛そうです…………」



唯の家

憂「……今日はうちに泊まっていって下さい」

律「……ありがと」ガタガタ

澪「」

梓「最低です!!!!!!」

唯「……ごめんなさい」

梓「……本当に怖かったです」ポロポロ

律「……」

律「ふ、ふぇぇええええええん」ボロボロ

唯「……」ポロポロ

憂「……お姉ちゃん。ムギさんと何をやってたのかキチンと説明してね」

憂「……お姉ちゃん」ポロポロ

唯「……ご、ごべんなざい」ポロポロ

憂「……あんなことお姉ちゃんに教えた私もいけなかったんだよ」ポロポロ

唯「ポロポロ」そんな!憂はなんにも悪くないよ!

梓「セ、セリフと効果音が逆です」グスッ

律「……まあ憂ちゃん。また明日ゆっくり話してくれ」ゴシゴシ

憂「はい……」

唯「……」

律「唯。お前とムギが今日やったことは最低なことだ。犯罪かもしれない」

唯「……」

律「……」

律「でも……さっきのは」

律「……ありがとな」

律「そんな変な趣味でも、役に立つことがあるんだな」

唯「でしょ!」フンス

憂「お姉ちゃん反省しろ」

梓「……確かに痴漢や変質者にあったら、金的蹴りは有効ですよね///」

梓「……すごく痛そうだったし」

律「……痛がってる姿見る余裕無かったけど、叫び声は凄かった」

憂「……本当に潰れちゃったのかな」

唯「デコピンでも激痛らしいからね……潰れちゃったらどうなるんだろ……」



律(男に生まれたいとか思ったこともあったけど)

律(男は男で大変そうだな……)

律「唯にはたくさん説教したい事があるけど、今日はもういいや」

律「明日私たちが帰ったら、憂ちゃん。思いっきり説教しといてくれ!」

憂「任せてください!」

唯「……そ、そんなあ」

梓「明日になれば澪先輩も起きるだろうし、今日はもう寝ましょう」フワァ

澪「」

律「そうしよう……」

律「唯、さわちゃんにも報告するから覚悟しとけ」

唯「……はい」



1ヶ月後


律「今日唯とムギ、停学が明けて学校に来るぞ!」

澪「そういえば今日か。1ヶ月前のあの後、さわちゃんにかなり怒られてたよな……」

律「金蹴り通り魔つって軽くニュースになってたからな……」

澪「唯とムギに、クラスの皆や学校の皆が向ける視線がどんなものか怖いな」

律「……分かってるよな?私たちは絶対に裏切っちゃ駄目だぞ」

律「……もし私たちが知らん顔したら、あの2人……本当に孤立しちゃうから」

澪「ふふっ。分かってるよ。……親友、だもんな。」ニコ

唯「おはよーっ!会いたかったよりっちゃん澪ちゃん!」

澪「!、唯!久しぶり!」

律「反省文、ちゃんと書いてきたのか~?」

唯「もちろん!……すごく疲れたけど」

唯「もうあんなことに興味ないよ!」

澪「……ま、まぁ興味あっても行動にうつさなきゃ問題ないけどなー」

紬「……みんなおはよう」

律「おおムギ!ちゃんと反省したのか~?」

紬「うん。私がどうかしてたわ……ごめんね」

紬「あんなに皆心配してくれてたのに……」

律「いいって。もうあんなことするなよ?」

紬「もちろん!もう私はあんな趣味捨てたわ!」

澪「……す、捨てなくても別にいいと思うけどなー」

律「もしかして、停学中に何か新しい性癖に目覚めたとか~?」ニヤニヤ

紬「……」

唯「……え?」

律「……まさか」

紬「……正直に言うわ!」



紬「私、男の子に生理中の股間を蹴り上げてもらうのが夢なの!!」



律「もう知ーらねええっ!!!」



梓「おしまい」