唯「お、おじゃましまーす」

澪「ムギー?」 

紬「来たわね♪」

紬「この人が今日蹴らせてくれる男性よ」

男「……こんにちは」

澪(結構カッコいい人だな)

澪(若いし、筋肉もある)

男(可愛い子たちだな。どうせ女の蹴りだ、下手くそだろう)

男(蹴られるだけで10万だもんな。チョロいな。)

紬「じゃあまず!私が蹴りのお手本を見せます!」

男(このお嬢様も……まさかこんな変態に成長してるt)

紬「チーン♪」ドカッ

男「!!??」

男「うっ……くぁあああっ…………!!」

澪「……」ゾクッ

紬「こういう風につま先で下から引っ掛けるように蹴り上げるのよ♪」

紬「正確には精巣上体、副睾丸って場所を狙うの♪」

澪「……?」

紬「私も詳しい事は知らないけど、そこが一番痛いらしいの♪」

紬「タマタマの裏側って言えばいいのかしら、後ろから蹴るとあたりやすいかも?」

紬「とにかく裏側の方が痛いらしいの♪」

唯「……」

澪「知らなかった!よし、次は私だ!」

男「くっ…………」(このお嬢様意外に力強いんだな……)

澪「じゃあ、蹴りますね」

男「……は、はい」(この子は蹴るの下手そうだもんな)

澪「やあ!」ゴスッ

男「!っああああンンあああ……」

紬「澪ちゃん上手いわあ!さては経験者ね!?」

唯「……」

澪「いやあ。やっぱりヒットすると気持ちいいな!」テレ

男(い、痛ぇ……)

男(……軽く引き受けちまったけど、こいつら蹴るの上手い)

男(…………俺男のまま帰れるのか?)サー



律「あ!やっぱり蹴ってる!!」

純「……///」ジー

梓「……でもあの場合同意の上で蹴ってそうですね」

律「そんなの関係ないだろ!危ない趣味を持った親友を更正させるのは誰の仕事だ!?」

梓「!、親友の仕事です!!」

純「待って待って2人とも!もう少し様子をみよう!?」

律「何言ってんだ!今行くしかないだろう!」

純「でも尾行してたのバレちゃいますよ!?」

梓「この際そんなことどうでもいいよ!」

純「でも、もしあの男の人が蹴られたいって思ってる人だったら」

純「私たち、男の人に怒られちゃうかも……」(本当は面白そうだからもっと見てたいだけだけど)

律「……それはちょっと怖いかも」

梓「律先輩!……私たちの友情は…………その程度の恐怖に屈してしまうものなんですかっ!!」キリッ

律「梓……そうだよな!私が間違ってた!……へへっ後輩に教えられちまったZE!!」

梓「そうです!私たちはいつだっt」

純(あ、茶番じゃなくて向こうを見よう)



澪「じゃあ唯、やってみろ!」

唯「……うん」

男「」

唯「……えいっ」チョビーン

澪「……そんな蹴りじゃ痛くないぞ」

紬「しっかりタマタマを狙えばデコピンでも激痛らしいけど♪」

唯(もうここまで来たら蹴るしかないかな……)

唯「…………よし!」

唯「行くよお!!」フンス

男「っ……!」

唯「はっ!!」グシャ

男「!!フオアアオオアア……!!!!」ピョンピョン

澪「そうそう!上手いじゃないか!」

紬「あらあら♪やっぱり唯ちゃんは飲み込み早いわね♪」

紬「それとも、素質があるのかしら♪」

唯「ご、ごめんなさい……痛かったですか?」

男「い、いてぇ…………」

唯「……」ゾクッ

澪「さあ唯、もっと蹴ってみろ」

唯「……う、うん」

男(吐き気が……)ゼェゼェ

紬「力一杯蹴ることより、正確にヒットさせることが大切よ♪」

唯「……行きます!」

男「!、ちょっ……もう少し待っt」

唯「やあああ!」ドスン

男「うっ……おえぇ…………」

唯「……ど、どんな風に痛いんですか?」ドキドキ

男「…………お、女には分からないよ……」

唯「……なるほど」ゾクゾクッ

紬「どこかで聞いた話なんだけど」

紬「タマタマは衝撃で潰れないように、薄い膜で守られてるんだって」

紬「でもその膜のせいで神経とかが衝撃から逃げられなくなって、逆に小さな痛みでも激痛になるらしいの♪」

澪「それが本当なら可哀想だな!」

唯(憂に前聞いた話でも凄く痛そうだったし、デコピンでも痛いらしいのに蹴られでもしたら……)プルプル

唯「……私、女の子で良かった…………」



梓「あれ?唯先輩も蹴ってますよ!?」

律「放せ!鈴木の純ちゃん!あいつらを止めなきゃ!」

純「確かに止めなきゃいけない気がしてきた……」

律「それにしても……なぜ唯まであんな趣味に……」

梓「……唯先輩もこちら側にいたら、貧乳大集合ですね」

律純「……」

梓「……唯先輩は最近成長してるんでしたっけ」

純「……アタシは別に小さくないぞ?……ないですよね?」

律「……」



紬「チーン!」ズン

男「……ぅぅ」

唯「なんでムギちゃんは蹴るときにチーン!って言うの?」

紬「だって、テレビやアニメではそういった金属音が付くでしょ?」

紬「それもかわいいポイントじゃない♪」

澪「!、分かるぞ!確かにかわいいな!」

澪「私も言ってみよう!男さん、立って下さい!」

男「……」ヨロヨロ

澪「コキーン♪」

男「ちょ、まttぁあっっ……!」

唯「面白そう!私もやりたい!」

男(やべぇ……余裕だと思ったがもう無理だ……死ぬ……)

唯「チーン!!」ズドン

男「」

澪「次は私だ!さ、早く立って下さい!!」

男「」



律「そこまでだ!変態共!!」



唯「!、りっちゃん!?」

澪「り、律!?」

紬「なんでここに!?梓ちゃんと純ちゃんも」

梓「こんなこと今すぐやめるです!!」

純「大丈夫ですか!?それともそっちの趣味の方ですか!?」

男(……て、天使?)

純「大丈夫ですか!?」

男「……すみません……腰を叩いてもらえますか……?」

純「腰?は、はい」トントン

男(間違いない……天使だ)ムクムク

律「私は悲しい!お前らがそんな変態だったなんて!!」

梓「唯先輩も……どうしてですか?」

唯「えっと……」

紬「……ごめんなさい、唯ちゃんは違うの」

澪「そうなんだ、唯は私たちが無理矢理誘ってしまったんだ……」

律「……お前ら最低だな」

唯「ち、違うよ!」

唯「私は……私の意志でここに来たんだもん!」

梓「え?……」

律「どういうことだ?」

唯「確かに、最初は無理矢理だったけど」

唯「……今は、私も興味湧いて来ちゃってるんだ」

律「……この男の人は誰なんだ?」

紬「…………私が連れてきたの。お金を使って」

律「……」

梓「最低です……」

梓「お金で性欲を解消するって意味では、そういうお店に通う可哀想で情けない人たちとやってること同じですよ!」

澪「……」

純「あなたもですよ。お金に釣られるなんて」トントン

男「はい……」ハァハァ

梓「このことはしっかり反省してもらいます」

律「今日はもう帰れ。明日も遊ぶ約束してたけど無しだ!家で反省してなさい!」

梓(えっ、カラオケ……)

律「尾行してたことは謝る」

澪「……いや、私たちが悪かったよ」

律「……もうそういう趣味を捨てろとは言わないよ」

律「ただ、自分の中に留めておけ。絶対に行動に起こすなよ」

梓「そうです……性欲を我慢出来ないのは性犯罪者と同じですよ」

澪唯紬「……」グサッ

律「じゃあ、もう解散だ!」

澪「……うん。一緒に帰ってくれるか?」

律「当たり前だろ!親友だからな!」

梓「!、そうです!親友です!」

純「じゃあ帰りましょう」



数分後

唯「……ムギちゃん」

紬「……何?」

唯「……どうしよう」

紬「?」

唯「……目覚めちゃったかも」

紬「……ごめんなさい」

唯「……私、性犯罪者になっちゃうかも」

紬「それは……駄目よ。言える立場じゃないかもしれないけど」

唯「でも!……抑えられないよ……」


4