………

巫女さん「はい、どうぞ」

唯「おお、末吉だったよ」

紬「私は小吉だったわ。
  小吉と末吉ってどっちがいいのかしら」

唯「大中小末の順番じゃないの」

律「私は中吉か~。
  澪は……って読めないか」

澪「律、なんて書いてあるか教えて」

律「うん、えーっとどれどれ……
  だ、大凶……?」

唯「えっ、大凶って」

紬「初めて見たわ……」

澪「律、早く教えてよ」

律「……」

唯「♪~」

律「あっ」

唯は律よりも先に澪の手をとった。

『澪ちゃんは大凶だって!』

澪「だ、大凶?」

『でも大丈夫だよ、
 これ以上は悪くならないってことだから』

澪「そ、そうだよな、あはは……」

紬「これからのことを占ってるのに
  現時点だけがそうだって決めつけるのはおかしいわよね」

律「……」

『澪、あっちにおみくじくくりにいこうぜ』

澪「そ、そうだな」



きゅっ

律「これでよし、と」

澪「ありがとう律」

律「気にすんなよ」

唯「あれ? 悪い結果の時にくくるんだっけ?」

紬「さあ……どっちだったかしら」

律「あ、ごめん私ちょっとトイレ行ってくるわ。
  澪のこと頼むな」たたっ

唯「えっ? ちょっと……」

澪「……」

紬「……」

唯「はあ……
  『障害者のおもりをさせないことを誓います』
  って誓約書に書いてたの、忘れたのかな」

紬「私たちがちょっと澪ちゃんをいじめなかったくらいで
  勘違いしちゃったのよ」

唯「はー、まったく……
  ねえムギちゃん、りっちゃんが帰ってこないうちに
  2人でどっかいこうよ」

紬「え、でも」

唯「いいじゃん、このままじゃまた
  障害者のおもりさせられちゃうよ?
  修学旅行にきてまでそんなことしたくないよ」

紬「それもそうだけど……
  でもここで澪ちゃんを放ったらかしにしたら、
  私たちまで先生に怒られるんじゃ」

唯「そんなの説明次第でどうにもできるよ。
  ほら、行こ」

紬「うーん……そうね。
  せっかくの修学旅行だし、
  障害者から開放されて楽しまなきゃ損よね」

唯「そうだよ~、じゃあ行こ!」

澪「……」



唯「あっ、豊崎さーん」

豊崎「あら、平沢さんに琴吹さん……
    どうしたの? 秋山さんは?」

紬「澪ちゃんはりっちゃんに任せたの」

唯「うん、いつまでも障害者の面倒なんて見てらんないしね!」

日笠「それもそうよね~」

佐藤「平沢さん達も大変だよね、
    秋山さんと仲良かったってだけで、
    修学旅行まで障害者と一緒なんてさ」

唯「まー全部りっちゃんのせいなんだけどねー」

紬「そうそう」

寿「じゃあ今日だけでも障害者のことは忘れて、
  パーっと行きますか」

唯「おー、いいねいいねー」

紬「私、パーッと行くの夢だったの~」



………

豊崎「でさーこいつがさー」

唯「あははは」

日笠「もーやめてよー」

ヴーッヴーッ

唯「ん、メール……りっちゃんからだ」

佐藤「無視しときなよ」

唯「そうだね~」

紬「澪ちゃんを放置して、りっちゃん怒ってるかな?」

唯「そりゃー怒ってるんじゃない?
  でもりっちゃんが誓約を破ったのが悪いんだし、
  私たちに非はないよ」

紬「それもそうね~」

唯「それに、りっちゃんだって
  澪ちゃんと2人で観光できたほうが楽しいんじゃない?」

豊崎「あの二人ラブラブだもんね~」

日笠「ほんとほんと。
    障害者学校に秋山さんを転校させるべきだ、って言った先生を
    『澪と離れたくない!』って言って説き伏せたんだよね」

唯「そう。そしてそこから私たちの受難の日々が……」

紬「思い出すだけで胸糞悪いわ」

佐藤「まあまあ、ここにはもう障害者いないんだから。
    障害者のことなんて話題にするのよそう」

日笠「そうだな」

唯「いやー障害者がいないと気楽でいいわ~」

紬「うふふ、そうね」

唯たちはそのまま豊崎の班に加わって
初日の観光を終え、旅館に向かった。



旅館。

さわ子「はーいみんな揃ってますねー」

先生「はいそこ、おしゃべりしない!」

先生「えーじゃあ旅館での諸注意と今後のスケジュールを」

和「私から説明させていただきます」

唯「和ちゃん、すっかり先生の班に溶け込んでる」

紬「適応力高いわね」

唯「そういえばりっちゃんと澪ちゃんは?」

紬「知らない」

唯「まあいいか、ほっとけば」

和「……で、以上が今後のスケジュールです。
  旅行のしおりにも書いてあるんでちゃんと見とくように。
  じゃあそれぞれ自分の班の部屋に行ってください」

唯「はーい」



部屋。

唯「へー、けっこういい部屋だねー」

紬「私こんなとこに泊まるの初めてよ」

唯「初めてづくしだねムギちゃん」

紬「それにしても疲れたわねー」

唯「夕飯まではまだ時間あるし、
  ゆっくりしてようよ」

紬「そうね」

唯「はー……どっこいせ」

紬「ふふ、おっさんみたい」

唯「……」

紬「どしたの?」

唯「うーん、なんか忘れてるような」

がちゃ
律「うぃっす」

唯「あ、これか」

律「ははっ、旅館の中で一人で迷っちゃってたよ」

唯「一人? 澪ちゃんと一緒だったんじゃないの?」

律「え? 澪はお前らと一緒にいたんじゃないのか?」

唯「私は知らないよ」

紬「私も……」

律「えっ、でも北野天満宮で私が小便して帰ってきたら
  お前らみんないなかったし……
  てっきり3人でどっか行ったんだと……思ったんだけど」

唯「そんなわけないじゃん、
  私たちが障害者を連れて行くわけないでしょ」

紬「そうよ」

律「……じゃあ、澪はどこ行ったんだ?
  ていうか……お前らは私がトイレ言ってる間に
  どこへ行ってたんだ?」

唯「……」

律「なあ、おい、唯、ムギ!
  澪はどこに行ったんだ、おい! 言えよ!」

紬「しらないわよ」

さわ子「ちょっと、うるさいわよ。
     何を騒いでるの?」

律「あ、さわちゃん!
  澪が、澪がいなくなっちゃったんだよ!」

さわ子「はあ!? どういうことよ」

律「どういうことも何も、
  とにかく澪が行方不明になっちゃったんだよ!
  どうやら北野天満宮の時からいなくなったみたいで」

さわ子「はあ……あのねえ、
     田井中さんがちゃんと面倒をみる、そういう約束で
     秋山さんを修学旅行に連れてきていいっていうことになったんでしょ?
     そのこと覚えてる?」

律「は、はい……」

さわ子「それなのに行方不明ってどういうことよ!」

律「すっ、すみません……!」

さわ子「あなたたちも!」

唯「えっ、私たちも悪いんですか」

紬「澪ちゃんのお世話係はりっちゃんだけのはずです!」

さわ子「同じ班なんだから同罪よ」

唯「そんな~」

さわ子「で? 秋山さんはなんで行方不明に?」

紬「そ、それは……えーっと」

律「私がちょっとトイレに行って、
  その間、唯とムギに澪を見てくれるよう頼んだんです」

唯「うん、それで澪ちゃんがもう一回おみくじ引きたいって言い出したの、
  さっき大凶だったからリベンジしたいって言い出して。
  ね、ムギちゃん」

紬「え、あ、うん、そうなんです」

さわ子「ふうん、それで?」

唯「澪ちゃんは、早く行こう早く行こうって私たちを急かすんです。
  でもその時、知らない人に話しかけられて」

さわ子「知らない人?」

唯「はい、なんか地図見せられて、
  場所がわかんないから教えてくれって言われて。
  ムギちゃんと二人であれこれ説明してて」

さわ子「で、気づいたら秋山さんがいなくなってたと」

唯「そうなんです」

さわ子「なるほどねー」

紬(唯ちゃんすごい……)

さわ子「はあ、じゃあ他の先生にも相談してみるわ。
     まったくもう、面倒ごと起こさないでよね……ったく」

唯「はーい、反省してまーす」

紬「まーす」

律「……」

さわ子「はーもう、これだから障害者は……」
ガチャバタン

唯「……」

紬「……」

律「おい、さっきの嘘だろ」

唯「なんでそんなこと言うの?
  証拠はある?」

律「んなもんねえよ……
  でもな、澪がいなくなったんなら
  その場で先生や私に報告するはずだろ!
  それに、私が『どこにいるの』っていうメールをなんども送ったのに、
  全部無視してたのもすげー怪しいよ!」

紬「……」

律「そうだ、お前らはわざと澪を置いてどっか行ったんだ!
  澪が行方不明になった原因はお前らだ!」

唯「ああ、じゃあもうそういうことでいいよ、まったく」

紬「唯ちゃん……」

唯「はーあ、りっちゃんは本当に鬱陶しいね、
  たかが障害者のためにそんな熱くなんないでよ」

律「たかが障害者だと?
  澪は私たちの大事な友達だろ!」

唯「そいうのが鬱陶しいって言ってんの。
  『友達』を押し付けないでよ」

律「押し付けてなんかねえよ!
  澪はずっと友達だったろ!?
  目と耳が聞こえなくなったくらいで絶交すんのかよ!
  いくら体に障害を負ったって、澪は澪だろう!?」

唯「まあ言いたいことは分かるよ。
  確かに私たちも澪ちゃんとは友達でいたかった。
  澪ちゃんが障害者になったとき、
  私に出来る範囲で支えてあげようとも思った」

律「じゃあなんで……」

唯「りっちゃんのせいだよ」

律「なっ……なんで私のせいなんだ」

唯「私はてっきり、澪ちゃんは障害者学校に行くもんだと思ってた。
  それが澪ちゃんのためだって思ってた。
  で、休日なんかには澪ちゃんのおうちに遊びに行こう、って
  ムギちゃんやあずにゃんと話してた」

紬「そんなこともあったわね」

律「でもりっちゃんは澪ちゃんを桜高に留めようとしたんだ。
  障害者学校に行こうとする澪ちゃんを説得し、
  教師たちに働きかけ、
  『自分がしっかりと澪ちゃんの面倒を見る』……という
  条件を出して、澪ちゃんを桜高に残した」

律「……」

紬「そうね」

唯「それから私とムギちゃんは、
  りっちゃんとともに澪ちゃんのお世話係になった。
  澪ちゃんの面倒をみるのはりっちゃんだけだったはずなのに、
  周りの人はごく自然に私たちにまでその役目を押し付けたんだ。
  澪ちゃんと友達であるという、そんな理由だけで」

律「……」

紬「そうね」

唯「私たちはすぐに限界が来たよ。
  メクラでツンボの澪ちゃんのために、
  私たちが目と耳の代わりにならなきゃいけない。
  澪ちゃん自身が自分のメクラとツンボに慣れるまで、
  私たちがどんなに大変だったか」

律「……」

紬「そうね」

唯「澪ちゃんが白杖にも慣れて
  一人で出歩けるようになった頃、
  私はやっと開放されるんだって思ったよ。
  でもそれは叶わなかった。
  『友達なんだから、私たちがいつまでも支え続けるべきだ』
  って言ったのは誰だったか覚えてる?」

律「……私だ」

紬「そうね」

唯「ムギちゃん黙ってて」

紬「はい」

唯「りっちゃんは私たちを友達っていう肩書きで縛り続けてきたんだよ。
  それが澪ちゃんのためになるって思ってたんだろうけど、
  どうして私たちが澪ちゃんのためにそこまで苦労しなきゃいけないの?」

律「……」

唯「りっちゃんがやってるのはただの善意の押し付けだよ。
  澪ちゃんは私の『友達』だけど、
  限度があるんだよ限度が」

律「……それで、澪のことを嫌いになったのか」

唯「澪ちゃんのことは嫌いじゃない。
  私が嫌いなのはりっちゃんだよ」

律「……!」

唯「澪ちゃんを無理やり桜高に留めたりっちゃんが、
  私たちに澪ちゃんの世話を強要したりっちゃんが、
  そんな自分自身の行いを澪ちゃんのための善行だと信じきって
  その実がただのエゴだということに気付いていないりっちゃんが、
  私は大嫌い!」

律「……」

唯「澪ちゃんをいじめてたのはストレス解消と
  りっちゃんのやってることが偽善だって気づかせるためだよ。
  まあ無駄だったみたいだけど」

律「……」

唯「ねえ、りっちゃん。
  なんで澪ちゃんを障害者学校に行かせなかったの?
  それだけで全部丸く収まったんじゃないの? ねえ」

律「それは……
  澪は友達で……一緒に居たかった……」

唯「りっちゃんのいう友情ってそんなことなの?
  一緒に居たいっていう理由だけで
  障害者を健常者のためだけに作られた学校に通わせるの?
  常人の何倍も苦労して、授業も聞けないのが分かってるのに?」

律「だからっ……
  それを私たちでサポートして……!」

唯「それがエゴだって言ってるの!!」

律「ビクッ」

唯「そんなに澪ちゃんに尽くしたいんなら
  自分ひとりでやりなよ!
  無関係な私たちまで巻き込まないで!」

律「む、無関係って……
  澪もお前らと一緒に居られて喜んでるのに……」

唯「それはどうかな。
  澪ちゃん優しいし気が弱いし、
  ただりっちゃんが喜ぶこと言ってるだけなんじゃない?」

律「……」

唯「あっ、もう夕飯の時間だ。
  ムギちゃん、食堂行こ~」

紬「え、ええ」

唯「メニューは何かな、楽しみだな~♪」

紬「ふふ」
ガチャバタン



律「……」

律「……」

律「エゴ? 偽善だって?
  私のやってたことが……?」

律「そんなことない、私はずっと澪のために……」

律「みんなのために……」

律「でももう唯とムギはダメだ……
  先生に頼んで澪を探してもらおう」


4