放課後、音楽室。

唯「はーあ、結局修学旅行まで澪ちゃんと一緒かー。
  まったく勘弁して欲しいよもう」

紬「ほんとよね」

梓「大変ですね、先輩」

澪「……」

律「あ、はは、そんな邪険にするなよ。
  友達同士なんだからさ、な?」

唯「もういいよ、聞き飽きたよそれ。
  ムギちゃん、お茶~」

紬「ええ、今淹れるわね」

唯「あーあ、やだなー修学旅行。
  障害者のおもりなんてやだなー」

律「やめろ、唯」

唯「いいじゃん、どうせ聞こえてないんだし」

律「そういう問題じゃない。
  なんでそんなに澪が嫌いになったんだ、友達だろ」

唯「うん、そりゃ澪ちゃんは友達だよ。
  ずーっと軽音部で一緒にやってきた仲間だもん、
  ねー、ムギちゃん」

紬「ええ、そうね」

律「でも、目と耳が不自由になったくらいで」

唯「はー、そういうことじゃないんだよ、りっちゃん。
  りっちゃんは何も分かってないよ」

律「どういうことだよ」

唯「べっつにー。
  今まで分からなかったんなら一生分からないかもね。
  ムギちゃんお茶まだ~?」

紬「はーい、今入ったわよ~」

唯「わーい」

梓「いただきます」

紬「はい、澪ちゃんも」

澪「……」

澪、お茶だぞ……と澪の手のひらに書いてやる律。

澪「あ、ありがとう、ムギ……」

紬「いえいえ」

唯「ごくごく、うまい!」

梓「今日の紅茶は美味しいですね」

紬「あら、分かる? 葉を変えてみたの」

澪「ごくごく……ぶはぁっ!」

唯「あはははは、澪ちゃん、なに吹き出してんの?」

紬「あらあらあら、もう~」

梓「ぷっ……」

澪「げほげほ、がはっ……」

律「ちょっ、み、澪……」

唯「あははは、きったな~い、あははは」

梓「澪先輩、吐き出すなんて下品ですよ~」

紬「もう、澪ちゃんったら耳と目だけじゃなくて
  口まで不自由になっちゃったのかしら?」

唯「あははは」

律「お、おいムギ……
  澪の紅茶に何したんだ!」

紬「あら、私は何もしてないわ」

唯「りっちゃん酷いな~、ムギちゃんを疑うの?
  と・も・だ・ち・なのに?」

律「っ……」

澪「げほ、げほ……」

紬は澪の手のひらに、指を走らせる。

『澪ちゃん、大丈夫?
 ごめんね、隠し味をちょっと入れすぎちゃって……
 本当にごめんなさい』

澪「あ、うん……大丈夫だよ、気にしないで……
  げほ、げほ」

唯「あはは、隠し味って」

梓「そんな激烈な隠し味なんてないですよ」

唯「あははははは」

律「……」

唯と紬が澪をいじめている、ということを
律は澪に教えていなかった。
澪が障害者になったことで減ってしまった澪の友達を
これ以上減らすのは可哀想だったし、
なにより親友にそんなことをされていると知ったら
澪は計り知れないほどのショックを受けると思ったからだ。

唯「ははは、はは……はーあ、飽きたな」

梓「久しぶりに演奏しましょうよ」

唯「えー、でもなー……ベースがなー」ちらっ

紬「ベースの新しい人、入ってくれないかしらねー」

梓「入って欲しいですねー」

律「……」

唯「あーあ……
  ベースがいないんじゃバンドになんないなー」

紬「そうよねー」

梓「ベースがいなくなったせいで、
  もう何ヶ月もまともに演奏してません」

唯「去年の学園祭にも出られなかったしね~」

紬「あー、その時にはもう澪ちゃんは障害者だったんだっけ」

唯「そうだよー」

律「……」

唯「だいたいさー・・・悪いのりっちゃんじゃーん」

律「くっ・・・」

唯「りっちゃんのせいで澪ちゃんそうなったんだよ?なんで被害者面してるの?」

紬「悲劇のヒロイン面したいのかしらね」

梓「ちょっと、先輩方いいすぎですよーあはは」

澪「・・・?」

唯「りっちゃんが『あんなこと』しなきゃ、澪ちゃんもそんな風にはならなかったんだよ」

律はなにも言い返せなかった。唯たちの言っていることは事実だったから。
すべては自分に責任があることは十二分に自覚していた。
澪が光と音を失ったことも、あの楽しく平和なのんびりとした時間が壊されたことも・・・
すべては律のあの行動に起因していた。
だからこそ、律はせめてもの罪滅しにと澪に優しくしていたのだ。
そのことを唯につかれ、律はもはやどうすることもできなかった。
律は澪をみやる。
澪はなにも知らずニコニコしている。
澪は律を許してくれた。親友だから。
こんな目にあっても私を信頼してくれている。
律は思わず泣いていた。

唯「その時からずーっと障害者のお守りさせられて」

紬「3年に上がってみんな同じクラスになったのは参ったわね」

唯「りっちゃんが先生に頼み込んだんだよね」

律「ああ……
  みんな一緒がいいと思って」

紬「いいわけないじゃない」

唯「先生も先生だよ、
  りっちゃんのワガママを聞きすぎだよ」

梓「律先輩、先生に対して何か変な手でも使ってるんじゃ?」

律「そ、そんなわけない。ただ誠実に頼んだだけだ」

唯「ふーん……」

梓「どうだか」

澪「……?」

その日の部活は早々に解散となった。
唯は帰り際に澪にかかと落としをぶちかました。



修学旅行当日。

唯「あー、もう修学旅行か」

紬「展開が早いわね」

律「ようみんな、おはよう」

澪「……」

唯「ミドルキック!」

律「させるか!」ガッ

唯「くっ……」

紬「けっきょく澪ちゃんも修学旅行に来ちゃうのね」

律「ああ」

唯「はーあ、障害者と一緒なんてやだなー、やだやだ」

さわ子「はーい、みんな集まってるわねー。
     じゃあ班ごとに集まってくださーい。
     真鍋さんは先生と一緒の班ね」

和「はい……」



さわ子「じゃあこれから新幹線に乗って京都に行きまーす。
     途中で富士山が見えるらしいわよ~」

紬「見えないひともいまーす」

唯「あははははは、あははははは!」

律「おい……」

さわ子「新幹線の中では他の乗客の迷惑にならないように。
     ちゃんと先生方の注意をよく聞いてね」

紬「聞こえない人もいまーす」

唯「あははははは、あははははは!」

律「おい!」

唯「なに? うるっさいな。
  ほっといてよ」

さわ子「そこ、静かにしなさーい」

澪「……」



新幹線内。

紬「私、新幹線に乗るの初めてなの」

唯「へー、そうなんだ。
  金持ちなんだからガンガン乗り回してるもんだと思ってた」

紬「長距離の移動にはいつも自家用ジェットを使ってるの」

唯「豪勢だね」

紬「だから今日新幹線に乗るの楽しみにしてたのよ」

唯「そっかー、夢が叶ってよかったね。
  でも障害者がいるせいで台無しだね」

紬「ええ、ホントに」

律「……」

唯「もー、ほんっと迷惑だよね。
  邪魔以外の何者でもないよね……
  あ、そうだ」

紬「何?」

唯はカバンからノートを取り出し、
白紙のページを開いてそこにペンを走らせた。

紬「何書いてるの?」

唯「誓約書」

紬「誓約書?」

唯「そう!
  りっちゃんと澪ちゃんが、
  修学旅行中に私たちに迷惑をかけないように誓います、
  っていう誓約書!」

紬「まあ、いいアイデアね」

唯「……っと、書けた書けた。
  じゃありっちゃん、これ読んで、
  ここにサインして!」

律「えー……
  修学旅行中、私は唯とムギちゃんに障害者のおもりをさせないことを誓います……
  修学旅行中、私は障害者のせいで唯とムギちゃんの行動を制限させないことを誓います……
  なんだこれ」

唯「だから誓約書だよ」

律「ふ、ふざけるなよ!
  友達同士でこんなこと……いい加減にしろ!」

唯「まあまあ、最期まで読んでよ」

律「ん……?
  田井中律がこの誓約書に同意した場合、
  唯とムギちゃんは修学旅行中に澪ちゃんをいじめない、……」

唯「どうかな?
  りっちゃんにとってもお得な取引だよ」

律「ほ、ほんとに澪をいじめないんだな……?」

唯「うん、もちろん」

紬「まーもともと澪ちゃんには何の恨みもないしね」

律「ん? 何?」

紬「なんでもないわ」

澪「……」

律は誓約書にサインした。
それから唯と紬は、
澪を殴ることも障害者ネタでからかうこともしなくなった。



京都。

さわ子「はーい、みんな揃ってるわね。
     じゃあまず金閣寺に行きますよー」

「はーい」

唯「金閣寺って金ぴかなんだよね」

紬「そうやで~、外側に金箔が貼ってあるんやって~」

唯「へー」

さわ子「京都の歴史的建築物をしっかり目に焼き付けて
     我が国の文化への理解を深め人生の糧とするように、いいわね」

唯「はーい」

紬「はーい」

律(目に焼き付けられない人もいまーす、
  とか言うかと思ったけど……
  誓約書の効果はずっと続くんだな、よかった)

澪「……」



金閣寺。

唯「わっ、ほんとに金ぴかなんだね、あははは」

紬「ええ、そうね」

律「……」

『澪、金閣寺だぞ。金ピカで綺麗だぞー』

澪「そうか、すごいな」

『唯なんて子供みたいにはしゃいでるよ』

澪「はは、容易に想像できるな」

唯「あはははは、金ぴかだ、あははははは」

紬「そうね」

唯「あははははは、あははは……飽きた。
  次はどこ行くんだっけ」

紬「北野天満宮よ」



北野天満宮。

唯「あははは、北野天満宮だ、あはははははは」

紬「北野天満宮は勉学の神様を祀っているのよ。
  そこらへんにある牛の像を触るとご利益があるって」

唯「ふーん、そうなんだ」ぺたぺた

律「……」

『澪、牛の像に触るとご利益があるって』

澪「ご利益……?」

『ほら、これが牛の像だよ』

澪「へえ……」ぺたぺた

さわ子「ほら、早く来なさい真鍋さん」

先生「いやあ、友達と組まずに我々と一緒に班を作るとは」

先生「さすが生徒会長ですね」

和「……」



唯「おみくじやろ、おみくじ」

紬「いいわね」

律「……」

『澪、おみくじだってさ』

澪「おみくじか、いいね」

唯「おみくじくださーい!」

巫女さん「はい、どうぞー」

唯「よし、大吉出すよ大吉」

紬「私だって」

律「よーし、大吉出した奴が一番偉いのな!」

澪「……」


3