ソフトエッチだからね!ハードエロスはもう無理だからね!



律「お酒ももってきたぞ♪」

澪「こら!」

律「いいじゃんいいじゃん♪」

とくとくとくとく…

律「じゃ、しきりなおしで…」

律「かんぱーーい!」

澪「カンパイ…」

律「ゴクゴクゴク…」

律「ぷっはー!ウマい!やっぱキリンじゃん♪」

澪「はいはい…」

律「お前のは…久米○?」

律「なんだそれ?」

澪「飲んでみるか?ニヤ」

律「おう!」

律「wkwk」ゴク…

律「!!!!!!」

澪「泡盛だぞ、それw」

律「む…むぅ…」

律「!」

律「ふぃふょ(訳:みお)」

澪「ん?」

ちゅ…

澪「!!!」

律「ん…///」

澪「むぐ…////」

律「はむ…///」

ちゅ…

ゴクッ…

澪「辛っ!!」

澪「…」

澪「りつぅ!!!////」

律「へへっ…///」

澪「もうっ…///」

律「…///」

そして、澪にしなだれかかる律

律「…////」ぎゅっ…

澪「…」

澪「////」ぎゅ…

澪「///」ぎゅ…ぎゅ…

律「///」ぎゅ…ぎゅ…







紬「心の中 伝えたくて きつく抱きしめて…」

つ モニター

紬「コブ○ロのY○Uの歌詞みたい…キラキラ」



律「澪の匂いだ…すごく安心する。」ぎゅ…

澪「そ…そうか…///」ぎゅ

律「裸同士だから、直に伝わってくる…」スン…スン…

澪「や、やめろっ…///」

律「みおのおっぱいだーーー(棒読み)」

澪「こら…///」

ふに…

律「やわらかい…」

律「わたしのものだぞ!!」

澪「///」

澪「リョウ…カイ…///」



和「紬?何やってるの?」

紬「モニター監視♪」



律「♪~」

もみもみ…ふにっ…

澪「あ、あそぶな…///」

律「チュ…チュチュ…」

澪「ぁ…吸う…な…////」



和「趣味悪いわね。」

紬「唯ちゃんは?」

和「寝ちゃったわ。なかなか離してくれなくて…」



律「チュチュ…」

澪「こ…ら…////」

律「澪、頭…撫でて?」

澪「…よし…よし…(棒読み)////」

律「ん…///」



和「私も一枚噛んでたこと、皆にあやまらないと…」

紬「まあ、それは明日ということで…」

紬「今はモニターに注目しましょう♪」



律「この間、倫理の授業でならったんだけどさ…」

澪「律が勉強の話か?」

律「悪いかよ!!」

律「ギリシャのお話でさ、」

律「人間の体はもともと、二人で1つだったんだって。」

澪「二人でひとつ?」

律「そ。背中同士で合体してるみたいな感じ。」



紬「そういえば…唯ちゃんとお話はよくしたの?」

和「いいえ、ほとんどなかったわ。」

紬「そう…」



律「でさ、その人間の組み合わせが、
  男と男、男と女、女と女の三種類だったんだ。」

律「だけど、ある日神様の怒りに触れて、
  人間は自分のもう半分と切り離されて、一人に一つの体で生きるようになった。」

律「けど、人間には、二人でくっついていたころの記憶がかすかにあるから…」

律「愛する人、自分の半身をもとめる。」



和「これから時間をかけて…ね。」

紬「そう…」



澪「へぇ…」

澪「あの鶏みたいな律が、そんな長い話を覚えてるなんて…」

律「馬鹿にすんなよっ!」

律「『女と女で一つの体』 『記憶』 『半身を恋しもとめる』」

律「わたしと澪みたいって、さ…」

澪「…」



紬「あ、ああ、そうだ!憂ちゃんと梓ちゃんは?」

和「先生を逆レイプしてたわ…」

紬「!?」



律「一つにもどりたいと願うから…」

律「相手の体をもとめるんだって。」

澪「…」



和「さわ子先生ね、耳が弱点だったのよ。」

紬「耳…」

和「エクスタシーで乗りに乗った憂がペロッと…」



律「私も澪と一つになりたい。」

律「体だけじゃなく心も。」

澪「りつ…」

律「もう一度、キス…しよう?」



和「その瞬間に先生、軟体動物みたいになったらしくて…」

和「全身が乳首級の性感帯だそうよ。」

紬「いいことを聞いたわ♪」



ちゅ…ちゅ…

律「ん…む…」

澪「ん…」

澪(口のなかとろけるような…)

澪(ひとつに…)



和「それから憂と梓の逆襲…というか…」

和「面白いおもちゃを手に入れたって感じね。」

紬「桜高レズビアン部、期待の新人達だから♪」



律「プハッ…」

澪「…」

律「…」ぎゅっ…

澪「…」ぎゅっ…




和「そういえば、紬の本当の目的、この合宿を開いた意図は何なの?」

和「律を調教してたようだけど、結局は澪のためにやっていたみたいだし…」

紬「あれ、言わなかった?『レズビアン・エンパイア(百合帝国)』の復活だって。」



律「みお」

澪「なんだ?」

律「ぽりねしあんせっくすって知ってるか?」



和「私、真面目に聞いてるんだけど…」

紬「レジデントオブサンって知ってる?」

和「確か都市伝説で、世界中の陰謀やトップシークレットに首をつっこんでる
  闇世界の大立者よね?」



律「南の島の人たちは、何時間もたくさん時間をつかって」

律「ゆっくり、たっぷり、Hをするんだって。」

澪「へ…へぇ…///」

律「私たちも、やってみよぅ?」



紬「それ、うちのお父さんなの♪」

和「は?」

紬「ウチのお父さんが、レジデントオブサンの正体なの♪」



律「南の島の人は、全身を『せいき』にするんだって。」

澪「せいき?」

律「ここのこと…ニタァ」

くにゅっ…

澪「い…いきなりさわるなっ!!!!!/////」



和(紬の顔、真面目だわ。というか、そんなこと、一般人に話して…)

紬「知ってしまったからには、逃げられないわよ?」

紬「組織は、南極点からヨハネズブルクの貧民窟の奥の奥まで追い詰めるから♪」


律「わたしは『たいなかりつ』っていう、
澪専用の『せいき』になるから…///」

律「澪は『あきやまみお』って、
  私専用の…『せいき』に…なってくれ…///」

澪「…////」

律「みお?」

澪「…////」ぎゅっ…ぎゅぎゅ…

律「ありがと////」



和「私をハメたのね!?ハッ…この合宿も…」

紬「ご明察♪」

紬「まあいいじゃない。和ちゃんも唯ちゃんとハメハメできたんだから♪」



澪「で、でさ…ぽりねしあんせっくすって具体的にはどうやるんだ?」

律「いや、やり方というか…」

律「いちゃいちゃするだけというか…」

澪「あのなあ…」

律「でもアソコ触ったり舐めたりするみたいだから、やっぱりセックスか!」

澪「こら!/////」



和「私をどうする気!?」

紬「ともにレズビアン・エンパイアを復活させましょう!」

紬「そして、全人類をレズビアンに!!!」



律「あっ…」

澪「?」

ぬちょちょっ…

澪「!!!/////」

律「お前、さっきの話だけでアソコぐしょぐしょwww」

澪「…////」



さわ子「あひ…あひひ…」

梓「もうやめようよ憂…先生、目つきとか相当おかしいよ…」

憂「うーん、やりすぎちゃったかなぁ…」



澪「…///」

律「澪、手かしてくれ…」

澪「?」

ぬちゅっ…

律「わたしもだから…さ…////」

澪「…////」



憂「先生立てますか?」ぽんぽん…

梓「あっ憂ダメ!お腹なんてさわったら…!」

さわ子「ひぐぅぅぅっ!!!いぐううううううううう!!!!!」ビックンビクンビクンピクン…



律「でも、とりあえず今は、澪のおっぱいをいじる!」

もにゅもにゅ…

澪「…///」

律(あれ?おとなしいぞ?)



さわ子「…」

憂「えっと息はしてるよね?脈は…」

梓「首筋で脈見ちゃダメぇ!!!!」

さわ子「いぐっ!!!いくううっ!!!いくくううううううううううう!!!
    しぬぅうううううう!!!!いぐぅうううううう!!!!」ビクビクビクビクビクビク!!!!!



律「ベッドに横になろう?」

澪「うん…///」

ぱふっ…

律「手をつなごう?」

澪「うん…///」



さわ子「…」

憂「ど、どうしよう…」

梓「救急車!?」



律「腕枕してやるから…///」

澪「うん…///」

律「不意に右手がアソコを襲うから♪」

ヌチュ…

澪「…///」



紬「どうしたの?」

梓「先輩!?さわ子先生が死んじゃう!!」

さわ子「…」



律「大好きだよ、みお。」

澪「…き…つ…////」

律「ん?ニヤァ

澪「りつだいすき!!!!////」

律「/////」



紬「あ、大丈夫大丈夫♪」

梓「でも…」

紬「先生、律ちゃんと澪ちゃんがぽりねしあんせっくすしてますよ~♪」

さわ子「ムクッ!さっそく覗きに行くわよ!!!」

紬「ほらね?」

梓「…」



終わりです。
ということで、スレ汚し失礼しました。