………

梓「…」

さわ子「意識はある…わよね?」

憂「ホヘ~」

さわ子「まだこっちが残ってたわね…」

憂「?」

さわ子「ぐふふふふ…」



ペロペロ…

和「ぐっ…ん…」ポロ…

唯「和ちゃん?」

唯「なんで、泣いてるの?」

和「ん…」ポロ…

和「ぅぐっ…嬉しい…からよ…」ポロ

唯「嬉しい?」

和「あんたとこんなこと…するのが、私の夢…だったから…ぇぐ…」ポロ…

和「もっと強く…吸って…」

唯「はむっ…はむはむ…」

和「ああ…愛してるるわ…」

和「愛してるわ…ゆい…」

唯「わたしも大好きだよぉ~、和ちゃん♪」

和「ねじれの位置…ね…」

唯「?」

和「でも、いいわ、それ以上は求めないから。」

和「唯、キスして。舌を入れて…」

唯「おーけー!」

ちゅ…

唯「はぐ…はぐ…」

和「ん…んん…」

唯「はむ…」

和「ん…」

和「ん…」

唯「なんか和ちゃん、かわいい~!」

和「そぅ、ありがと。」

和「唯、もっとイイところ、舐めたくない?」

唯「おいしい?」

和「…///」

和「多分ね。」

和「その前に、唯も服、脱いで?」

唯「うん♪」

………

唯「どこぉ?」

和「ここよ…」

ピト…

和「わ…わたしが下着の上から、なぞっているあたり…よ…」

ピト…

唯「まんこ?」

和「///」

唯「どれどれ?」

唯「スンスンスン」

和「に…においは…///」

唯「スンスンスンスンスン」

和「や…やめて…///」

唯「とっても気になる匂いだね!」

和「///」

唯「なんか切なくなってくる…」

唯「それにびしょびしょだし…」

和「その液体はね、唯のことを思うと、私のお腹の奥から染み出してくるの…」

唯「へ~♪」

和「舐め…て?」

唯「うん♪」

唯「ペロ…はん…ペロペロ…」

和「あっ…あっ…!!!」

唯「んんん…んむ…」

和「あっ…!ゆい…ゆぃぃ!!」

唯「うわぁ…もっと溢れてきたよ…」

唯「たしか、このお豆さんを弄ってあげると、気持ちよくなるんだよね?」

和「そうよ…お願い…」

和(あんたのことを思いながら…毎日その突起…弄ってるのよ…)

唯「コリコリ…」

和「!!!!」

和(い…いきなり歯で…ぇ…///)

唯「素敵な歯触り~コリコリ…」

和「あっああっ!ゆいぃ!!!」

唯(もう少し強く噛んでも大丈夫だよね?)

唯「ガリッガリ!」

和「っっっっ!!!!???」

和「いっいいいぃいいくぅぅぅ!!!!」ビックン…ビクンビクン!!

唯「あ…あれ?」

和「…」

唯「のどかちゃん…」

和「…」

唯「のどかちゃんっ!」

和「っ…」




和「ゆ…ゆ…い…」

和「そこは…もっと…やさしく…扱うものなのよ…」

唯「こめんっ!痛かった!?」

和「いたいというか…」

和(もう…一度…)

和「と、とにかく、今度は唯のこと気持ちよくしてあげるから…」

和(そして…)

………



唯「きもひいいっ…きもちいひよぉ…」

和「ん…んん…!ゆい!愛しているわっ!ゆいぃ!!」

和「んむ…むむ…」

唯「あぅ…あぅぅ…!!」

和「ん…」

唯「あ…あれ?」

唯「止めちゃう…の?」

和「ううん、もっといいことをするのよ…」



和「紬…」



紬「はい♪」



紬「これなんだけど♪」

和「…」

唯「それ…なに?」

和「バイブ…双頭バイブよ…」

紬「のどかちゃん、少し違うわ。」

紬「双頭ディルドーって言ったほうが正しいわね。」

唯「それでなにするの~?」

和「唯。」

和「本当にわからないの?」

唯「?」

紬「これはね、レズビアンのカップルが、両方とも気持ちよくなれるように
  開発されたものなの。」

紬(まあ、気持ちよくなるといっても…)

唯「ふーん。」

和「これで、わたしがあんたの処女をもらうわ。」

唯「え?」

和「だから、あんたが私の処女をもらって。」

唯「和ちゃん?」

唯「それは男の人と女の人がすることでしょ?」

和「!!」

紬「…」

唯「私でも知ってるよぉ…」

和「…」プル…プル…

紬「唯ちゃん?さっきまで、和ちゃんとHしてたじゃない?」

唯「うん♪気持ちよかったよ♪」

唯「だけど、その棒はおちんちんの代わりなんでしょ?」

唯「それっておかしくない~?」

唯「まんこにはおちんちんを入れるものでしょ?」

和「ヒッ…グ…」

唯「のどかちゃんっ!」

唯「どうしたの!?」

紬(やっぱり心は…)

唯「のどかちゃん…」

和「ヒッ…グ…」

和「…」

和「…」



和「ゆい、ごめんね…」


10