紬「澪ちゃん?」

澪「ムギの好きなようには…」

紬「でもほら、りっちゃんはすごく、期待してるのよ?」

律「/////」

紬「ほら、りっちゃんのショートパンツ♪」

律「/////」

紬「うっすら染みがにじんでる♪」

くちゅ…

律「ぅっっ…/////」

くちゅ…くちゅ…

律「あふっ…ぃ…」

紬「布越しでも暖かいわ…」

紬「りっちゃんの子宮から伝わってくるのかしら…」

くちゅっ…

律「ぁ…ん…」

紬「りっちゃん、どうしてほしい?」

律「ほじってほしい…奥までほじってほしいぃよぉっ!奥から掻きだしてほしいぃぃ!」

紬「と、いうことよ♪」

澪「…」

澪「わたしがなんだってしてやるから…」

澪「ちっちゃいころから…」

澪「ずっとそうだったじゃ…ないか…」

紬「りっちゃんを澪ちゃんが満足させる?」

紬「プライドばっかり高くて自分に正直になれなくて…」

紬「見栄をはっている、澪ちゃんが?」

澪「律のためだったら…なんだって…」

律「みお…」

紬「あらあら♪」

澪「今証明するよ!」

ずりっ…脱ぎ…

紬「りっちゃんのあそこ、べちょべちょしてるわぁ♪」

澪「はむっ…」

律「みぉ…そこはぁ…」

律「あふっ…お…おしり…」

澪「律のなら…汚くないから…」

律「ペチョ…んん…」

律「あっぁっ…あっ…じりじり…する…じりじりするぅぅ!!」

紬「うふふ…」

さわ子(ムギちゃん…青鬼さんね。)

さわ子(レズ・ゲームの醍醐味の一つは、友情をエロスに昇華させること…)



さわ子「さてと…」

憂「////」

梓「///」

さわ子「あなたたち何赤くなってるのよ?」

さわ子「おまんこべっちょべちょだから、早く弄ってもらいたいんでしょ?」

憂「//////」

梓「そ…んな…///」

さわ子「ムギちゃんや和ちゃんと違ってね…」

さわ子「私が合宿に参加したのは」

さわ子「憂ちゃんと梓ちゃん、あなた達をとことん味わって、
    しゃぶり尽すためよ。」

さわ子「あなたたちのようなかわいい子を見ているとね…」

さわ子「私、気が狂いそうになるの。」

さわ子「今日の今日まで抑えるの…大変だったんだから♪」

さわ子「でね♪」

さわ子「梓ちゃんにはいつものコレ♪」

梓「やっぱりネコミミ…」

さわ子「憂ちゃんにはね…これをあげる♪」

憂「これ…つけるんですか…///」

さわ子「ええ!憂ちゃんにとっても似合うと思うの♪」

さわ子「イヌミミ♪」

さわ子「柴犬タイプよ♪」

さわ子「ささ付けて!!」

憂「えっと…」

さわ子「さぁさぁ!!!」

憂「…」

さわ子「さささささささささs!!!!!!!」

憂「ぁぅ…」

憂「ナムサン…」

かぽっ!

さわ子「ずっきゅぅぅぅぅーーーーーーんんんn!!!!!」

さわ子「はい今心に響いた!!!いま心にひびいいたよぉぉぉ!!!!!」

梓「確かに…これは…////」

梓(Hなこと…してあげたくなちゃうよ…////)

さわ子「さて、梓ちゃん…憂ちゃん…」

ぬぎぬぎぬぎ…

梓「さわ子先生…」

憂(先生のおっぱい大きい…)

さわ子「あなたたちも脱ぎなさい。」



さわ子「脱ぎなさい。」

梓「は…い…」

憂「///」

さわ子「憂ちゃんもね。恥ずかしがることはないわ…」

さわ子「ふーん…やっぱり憂ちゃんの方が大きいわね。」

梓「…///」

憂「はずか…しい…よぉ…///」

さわ子「数え年十六歳のからだ…」

さわ子「早く嘗め回したいわ…」

さわ子「その前に積年の夢を実現させないと♪」

さわ子「ちょーーーっとまっててねぇ!!」ガサゴソ

梓(先生…態度はいつもどおりなのに…アソコがすごく…濡れてて…)

さわ子「あったわ!」



憂「パンに塗るチョコペーストですか?」

さわ子「そぉよお!!」

さわ子「私ね、可愛い子にネコミミとイヌミミつけて、」

さわ子「バター犬・バター猫プレイするのが夢だったの♪」

梓「へ…へんたいです…///」

さわ子「素っ裸でおまんこヌレヌレのネコミミ娘だって…」

さわ子「じゅーーーぶん、変態よ♪」

梓「カァッ…/////」

さわ子「かっかあああーーーーいいいいいよおおおおお!!!」

憂「あのぉ…」

憂「バター犬、バター猫って、なんですか?」

さわ子「うんうん、唯ちゃんと憂ちゃんの場合は、それ想定内!」

さわ子「習うより慣れろ、よ!」

さわ子「すぐに勘をつかめるから♪」

さわ子「ではでは…」

かぱっ…

ぬりぬり…

さわ子「ちょっとかゆいわね…」

ぬりぬり…

さわ子「このくらいかしら?」

さわ子「さ、憂ちゃん、これでも意味がわからない?」

憂「もしかして…」

憂「先生の体を…」

さわ子「イエース!!さああ!!カモン!!!」

憂「チロ…チロ…」

さわ子「そおよ…いいわ…」

梓(憂…先生のおっぱい…)

梓「…」

梓「ペロ…」

さわ子「うふふ…梓ちゃんも…」

梓「ペロ…ペロ…」

憂「チロ…」

さわ子「ああ…すばらしいわ…」

梓「ペロ…」

憂「チロ…」

さわ子「…」

さわ子「むぅ…」



さわ子「梓ちゃん、憂ちゃん、レズりなさい。」



さわ子「互いにおまんこ舐めあいなさい。」

梓「えっ…」

憂「ココロノジュンビガ…////」

さわ子「いーから。早くしなさい。」

さわ子「ギンギン…」

梓(先生の目…血走ってる…)

憂(はずかしいよぅ…)



さわ子「は  や  く  し  ろ  …  …」



梓(憂…)

憂(梓ちゃん…)

ペロ…

チロチロ…

さわ子「…」

憂「あ…くすぐぅった…ぁ…」チロ…

憂(あずさちゃんのここ…毛が少なくて…)

憂「ぁう…」チロ…チロ…

梓「ぅん…ぅ…」ペロペロ…

梓「んむっ…」ペロ…



さわ子「イエス!!これよこれぇ!!!」



梓「んぐ…んぅ…」

憂「あっ…あっ!!!あずさちゃぁあん…」

さわ子(ふむ…攻守が別れてきたか…)

梓「はん…むむん…ペロ…ん…」

憂「あううう…あぅぅうう……あずさちゃぁーん…」

梓「ん…んぐん…」

憂「ぅうう!!!んぅううう!!!」

さわ子(…)

さわ子(憂ちゃんに助け舟をだしますか…)

さわ子「梓ちゃん、ごめんね。指、入れます。」

ぐちゅにちゅ…

梓「ひっ…ひひひぐぅぅぅ!!!!」

さわ子(さすが処女…膣圧が違うわ…)

憂「あうさ…はぁん…?」

さわ子「憂ちゃんろれつ回ってないわよ♪」

ぬちゅぬちゅ…

梓「はぅぅぅぅー!!っぁ…!!!」

さわ子「いわゆる…Gスポットはこのあたりかしら♪」

さわ子「えいえい♪」

ぬちゅぬちゅぬちゅ…

梓「はぐっ!はぐっ!!はぐぅぅう!!!」ズン…ズン…

さわ子「これは名器ね…」

にちゅ…ねちゅ…

さわ子「性経験がなくて、クリトリス性感も未熟なのに…」

さわ子「膣内(なか)は一丁前にちんぽ食い込めるようにできてるってわけ。」

さわ子「男はこの子を手放せないでしょうね、きっと…」

さわ子「こんなにかわいくて…すごいおまんこもってるのなら…」

憂「ポケー…」

さわ子「いい…いいわぁ…」

ぐにちゅにちゅ…

梓「あぐ…あぐぅぅ…」

さわ子「!」

さわ子「締付けがっ♪」

さわ子「イクのね!?イッちゃうのね♪」

さわ子「それそれ!イケっ!」

ヌチュヌタュヌチュヌチュヌチュ…

梓「ぐっ…うぐ…あぅっ…ぅううう…!!」

さわ子「ここでクリトリス!そい!!」

ピーン…コネコネ

梓「あっううぅうう!!!」
さわ子「イっちゃえ!!」

梓「ああああ!!あぅうあぅぅううううう!!!」ビ…クン


9