バタン!

唯「やっと出たの!?みんな長すぎだよぉお!!!」

律「////」

紬「うふふ…」

梓「…」

和「梓ごめん!」

和「まさか紬たちが先回りしてるとは思わなくて…」

梓「あ…いえ…いいんです…」

和「梓?」

澪「おい!」

唯「みおちゃん?」

澪「こんなに長い時間、何やってたんだよ?」

紬「あらあら♪」

澪「なんだよ…」

紬「澪ちゃん、知りたいの?」

澪「別に!知りたくなんて…」

紬「りっちゃんと私でね、一人Hをして、それをね、梓ちゃんにみてもらっていたの。」

澪「!!!!!!」

唯「?」

和「はぁ…本当に…この子たちは…」

澪「なっ…なにを…そん…な…//////」

紬「りっちゃんたら潮吹いちゃって、梓ちゃんのお顔にかけちゃったのよ♪」

律「/////」

梓「…」

和「はぁ…本当に…」

澪「お、おフロもらうぞっ!」ダッ…

紬「行っちゃった♪」

和(確信犯なのかしら?それとも天然なだけ?)

唯「あずにゃーん?なんか元気ないよう?」

梓「あっ…大丈夫…です…」



かぽーーーーん…

澪「律の奴…」ブクブクブク…

澪「ムギの前で借りてきた猫みたいに…」

澪「…」

澪「ここで律が…」

澪「お、おな…おなにーを…」

澪「…」ブクブク…



「もしもし…」

『…ふぅ』

「すっかり賢者モードですね♪」

『風呂場のあれは反則よ…お姉さんね、指がふやけちゃったわ…』

「そろそろ、登場願えますか?」

『いよいよなのね…』

「ええ♪」

『彼女も本格始動かしら?』

「おそらく♪」



さわ子「みんな~!もりあがってるぅう???」

唯「あっ!さわちゃん!!」

律「////」

梓「…」

澪「ムスッ…」

さわ子「なんだか雰囲気が暗いわねえ…」

さわ子「そんな時は!!」

唯「そんなときは!?」

さわ子「ALCOHOLでーす!」じゃーん!!

和「はぁ…先生、教育者ですよね?」

さわ子「もち!」

さわ子「いいじゃない♪私が監督してるということで♪」

和「いいえ、それじゃあ何の解決にもなりませんから…」

さわ子「ドイツじゃ16歳から飲酒OKなのよ?」

和「ここは日本です!」

さわ子「けちねぇ…」

さわ子「あ、ムギちゃん、あれ、調べておいてくれた?」

紬「もちろん♪これですよ」つ 紙切れ



あくまでこのSSの設定でですが…彼女達のアルコールの強さは

さわ子≧憂>紬≧和>澪≧律>あずさ>唯

ということでいきます。

紬がさわ子に渡した紙片は、これに関するデータです。



さわ子「ふんふん…」

和「なんですかそれ?」

さわ子「各自のアルコール代謝能力のデータよ。見てみる?」

和「はい。」

和「…」

さわ子「それによると、唯ちゃんが一番お酒に弱いようね。」

和「…」

さわ子「どうするの?」

和「許可します。」

さわ子「うっし!」



さわ子(澪ちゃんや梓ちゃんは反対するとおもったけど…)

さわ子(意外とあっさり受け入れたわね?)

紬(彼女達はしっかりと骨抜きしておきましたから。)

紬(この中では一番、お酒に頼りたいんじゃないですか♪)

さわ子(やるわねムギちゃん…!)

紬(ええ、これも…)

紬("LESBIAN EMPIRE"(百合帝国)のためですから…!)



さわ子「さてと…」ゴソゴソ…

唯「なになに??」

さわ子「じゃーーん!!!」

つ カクテル用器具一式

唯「あっ!!カクテル作るコップだよねぇ!?」

さわ子「そぉよ~!私、学生時代からカクテルには五月蝿いの!」

紬「うふふ…」

紬(皆の酔い加減を調節できるわ…)

さわ子「じゃあ、皆の注文を取ろうかしら♪」

澪「スクリュードライバー。」

梓「甘めの奴で…」

紬「レズ・セックス・オン・ザ・ビーチお願いします♪」

和「ぶっ!!(な、なんてものを…)」

律「私もムギと同じ奴…////」

紬「あらあら♪」

澪「ムスッ…」

唯「かるーあミルクで♪」

和「〆○鶴、お願いします。」

憂「泡盛にきゅうりスライス入れたのを…」

さわ子「らじゃー!」

さわ子「私は、このスコッチを…



さわ子「さて、みんな、お酒はいきわたったようね?」

さわ子「では…」

かんぱーーーーーーーーい!!!!

憂「ゴク…まろやか…/////」

澪「ゴクゴクゴク…」

澪「ケプッ…」

澪「おかわり。私もレズセックスオンザビーチ、お願い。」

さわ子「はいはい♪」

唯「でへへへ~♪おいすぃーなぁ~!!ヒック」

和「早!予想はしてたけど早っ!」

紬「おいしい♪」

律「ムギ…」

紬「なぁに?」

律「キスしながら…口の中で一緒に…味わおうぜ…////」

紬「あらまあ♪本当にりっちゃんはHなんだから…」

紬「んん…」ゴク…

律「はむ…」ゴク…

さわ子「最近の子は過激ねえ~」

澪「ムス…」ゴクゴクゴクゴク…

梓「チビチビ…」

さわ子「梓ちゃん?進んでないわよ?」

梓「あ…はい…お酒飲むの初めてで…」

さわ子「そっか~!あのね、梓ちゃん…」

さわ子「Hもお酒も、初めてのときは勢いが大切なのよ?」

梓「勢い?」

さわ子「といううことで、はい一気!!」



※一気飲みは止めましょう。命に重大な危険をもたらす恐れがあります。



梓「うぐぐ…」ゴクゴクゴクゴク…

梓「ウップ…」

さわ子「良い飲みっぷりねえ…」

唯「のにゃーん♪和ちゃんだっこ~♪」ベタベタ…

和「こ、こら唯…///」

唯「のどかちゃんいいにおい~」スンスン

和「唯っ…///」

唯「ここ…しげきてきなにほい!!」スンスンスン

和「こら!!そこは脇の下よ…///」

唯「これはクセになる!!!」スンスンスンスンスンスン

唯「直にかぎたひ!!」

唯「のどかちゃん、脱いで♪」

和「えっ…」

唯「脱いで♪」ズイッ

和「…」



ぬぎぬぎ…

和「/////」

さわ子(生徒会役員のクセに黒のレースとは…。これは指導が必要ねw)

唯「よしいただきまふ!!」ガバッ

和「ちょっと唯!!そんなにがっつかないで…/////」

唯「スンスンスンスンスンスンスンスンスン」

唯「スンスンスンスンスンスンスンスンスン」

和「ゆ…ゆぃ~…」

和(幸せ…もう死んでもいい…)

唯(舐めたらどんな味がするんだろ??)

ペロリ…

和「!!!!!!」

唯「ペロペロ…」

和「ちょ…ちょっと…ゆ…あ…あ…!」

唯「ペロペロペロペロ…」

和「ぁ…ぁ…」

唯(ぶらじゃーじゃま!とっちゃえ!)

ぷちんぷちん…

和「////」

さわ子(ほぉ…良い色艶ね…)

憂(おねえちゃん…和さん…///)

唯「ペロペロペロ」

和「ぁ…あぁ…////」

和(ああ…これが浄福というものなのね…)

和「ゆぃ…」

唯「なーにぃ?」

和「おっぱいも…なめて…///」

唯「いえすまむ!!」ペロペロ

和「あっっ!!!!!」



紬「見てちょうだい、りっちゃん。」

紬「唯ちゃんと和ちゃんが♪」

律「むぎぃ…///」

紬「なあに?物ほしそうな目をして…」

澪「まった。」


8