夕食後

和「いよいよ、第一の難関ね。」

唯「?」

梓「おフロ…ですか?」

和「ええ…」

和「紬を野放しにすれば、被害が拡大することになるわ。」

和「かなりの確率で。」

和「今は律も信用できない。」

梓「あの、わたし、一日ぐらいなら入らなくても…」

和「それならそれで構わないけれど…」

唯「だめ!!!」

梓「先輩?」

唯「おフロには絶対に入って!」

憂(あずさちゃんあずさちゃん…)

梓(?)

憂(お姉ちゃんね、みんなにくつろいでもらうんだって…)

憂(おフロの掃除から、温泉の素やアヒルさんにいたるまで)

憂(すごく心を砕いていたの。)

梓(唯先輩…)

憂(お姉ちゃんの心遣い、酌んでもらえるとうれしいな。)

梓「わかりました!」

梓「唯先輩のお心遣い、ありがたく頂戴します!」

唯「やったー!あずにゃん大好きぃ!!」抱きっ!!

梓「せ、せんぱい…////」

和「…」

憂「和さん?」

和「あ、ああ…」

和「とにかく、梓が入浴してるときは、紬と律をしっかり見ておくから…」

和「安心するといいわ。」

梓「すみません…」



脱衣場

梓「さてと…」

ぬぎぬぎ…

梓「髪をおろして…」

梓「はいろっと…」

ガラ!



風呂場

紬「梓ちゃんいらっしゃい♪」

梓「…」

紬「どうしたの?」

梓「え゛ーーーーーーーーー!!!!!!!」

紬「早く入っちゃいなさいな、暖気が逃げてしまうわ。」

律「…」

梓「何やってるんですか!?」

紬「りっちゃんとおフロに入っているの♪」

梓「見ればわかりますっ!!」

紬「梓ちゃん。」

紬「私たちが先に入っていて…」

紬「梓ちゃんが後から入ってきたんじゃないの?」

梓「!」

梓「なら出ます!」

ガシッ!

紬「待ちなさい♪」

梓「はっはなしてくださいっ!!」

梓(すごい力…!)

紬「だ~め♪」

梓「のどかせんぱいー!!みおせんぱいーー!!」

梓「ういーー!!」

梓「助けてぇぇーー!!!」

紬「あらあら♪無駄なのに…」

梓「え…?」

紬「唯ちゃんのお家に荷物を運びこんでもらったときに、
  おフロ場に細工をしてもらったの。」

紬「アメリカ空軍が使用している防音器具だそうなんだけれど…」

梓「そんな…」

紬「ジャイアンさんがリサイタルを開いても音漏れしないそうよ♪」

紬「さっ、まずはシャワーを浴びて♪風邪を引いてしまうわ。」

梓(ここはとりあえず従って、隙をみて…)

紬「わかりました…」

紬「うふふ…」

紬(言うこと聞いたふりして、油断させよう、って感じかしらね♪梓ちゃんかわいい♪)



ジャー…

梓「ボディソープは…」

律「あっ!いい!気持ちいいよぉ…」

紬「りっちゃんも…上手よ…そこっ!あっ…」

梓「…」ゴシゴシ…

梓「…」ゴシゴシ…

律「きす…してぇ…」

紬「ちゅ…んんん…」

梓「…」

梓「あの、先輩…」

紬「ハア…ハア…な…あに…?」

梓「私が入っている間は、そういうことするの、」

梓「止めてもらえませんか?」

紬「あら…」

紬「我慢出来なくなっちゃうから♪?」

梓「違いますっ!!」

梓「…私、紬先輩のこと誤解してました。」

梓「悪い意味で。」

梓「紬先輩は優しくて友達思いであったかい人…」

梓「そんな人だと思ってました。」

梓「けど…」

梓「本性がこんなに…い…」

紬「い?」

梓「淫乱な人だったなんてっ!!/////」

紬「あらあら♪」

紬「梓ちゃんにはそう映っていたのね。」

紬「梓ちゃんの言うとおりよ。」

紬「私はレズビアンの気があって、昔から…」

紬「いやらしい妄想をしたり…」

紬「みんなの私物を使って一人でHをしたり…」

梓「/////////」

紬「あずさちゃんの以前のイメージでは考えられなかったでしょうね。」

紬「でもそれが私の真実の姿。」

紬「澪ちゃんのおかげかしら。結果的なカミングアウトね。」

紬「けれど、梓ちゃんだって、私にお尻をなでられていたときには…」

紬「ずいぶんといやらしい顔をしていたわよ?」

梓「!?」

梓「そんなこと…そんなことありません!!///////」

紬「体は小さいのに強情なんだから♪」スクッ…

梓「わ…わたしを…お…犯す気ですか…」ガクガク…

紬「涙目でいきがっちゃって…かわいいわ…////////」

紬「安心して。そんなことしないから。」

紬「…りっちゃん。」

律「////」

紬「さ、このイスに座って。梓ちゃんに見せてあげてくれる?」

律「う…ん…////」

梓「いったい何を…」

紬「りっちゃんが見せてくれるそうよ。一人でするHなことを♪」

紬「そうそう、その前に…」

ガバッ!!!

律「!!!/////」

梓「!!!」

梓(律先輩の…アソコ…)

紬「お子様な梓ちゃんに性教育の授業をしてあげないとね♪」

紬「これが小陰唇、こっちが大陰唇よ。」

律「/////」

梓「…」

紬「これが尿道。あ、そうそう、りっちゃんはね、
  このおしっこの穴を穿ってあげると…」

グシグシ…

律「あひっ!!あっ!!あひぃぃぃ!!!」

紬「ヨダレをたらして喜ぶのよ♪」

梓「カアッ…///」

紬「次は、その上にあるお豆さん。クリトリスよ。」

紬「りっちゃんのお豆さんは、少し大きめでね、なんと!剥けてるのよ♪」

紬「そういう特徴の女性には、淫乱なタイプが多いんですって。」

紬「実際、その通りだったけれど。」

律「…////」

律「ムギ…って…////」

紬「何かしら?聞こえなかったわ?」

律「ムギ!!クリちゃんいじってぇぇ!!!(涙目)」

梓「!!!////」

紬(っくっ…なんて破壊力…)

紬(けれど今は我慢我慢我慢我慢…)

紬「ふぅ…」

紬「駄目よ、りっちゃん。今は授業中でしょ?」

律「シュン…」

紬「だから、今夜ゆっくりとお布団の中でね…」

律「パアッ/////」

梓「/////」

紬(SHIT!犯罪的だわ…)

梓(律先輩のアソコ…綺麗なピンクで少し充血してて…)

梓(とってもいやらしい…)

梓(…)

紬「そして最後に…」

ぐにぃい!!

律「あふぅぅ!!」

紬「このお臍みたいのの奥に赤ちゃんのお部屋があるのよ。」

梓(アソコの中なんて…はじめて見た…///)

紬「ここに精子がかかると、精子は奥に進んでいくわけ。」

紬「きたならしい男供には、絶対にりっちゃんを汚させないけれどね♪」

紬「授業はおしまい。さ、りっちゃん、梓ちゃんに見せてあげて?」

律「うん…////」

律「あずさ、しっかりと見て…くれよな…////」

梓「ゴク…」

梓(あれ…?)

コネコネコネコネ…

律「あっ!!くりちゃん…!!いひぃ!!」

梓「/////」

コネコネコネコネ…

紬「りっちゃんは本当にお豆さんいじりが好きねえ…(しみじみ)」

コネコネコネコネ…

律「きもちいいよぉ…くりちゃんきもちいいよぉ…」

梓「…////」

紬(うふふ、梓ちゃんたら…。すっかり釘付けね♪)

律「むぎぃ…」

紬「なあに?今回は私、手出ししないわよ?」

コネコネコネコネ…

律「き…す…してぇ…」

紬「仕方ないわね、キスだけよ?」

ちゅ…ちゅぷぷ…

律「んふん…ん…」

コネコネコネコネ…

紬「んむ…んん…」

梓(律先輩の…クリ…)

梓(クリトリス…さっきよりも大きくなってる…)

梓(気持ち良いから?感じてるから…?)

律「ああっ!!!いい!!きもひいぃよぉお!!」

コネコネコネコネ…

紬(目…目の毒だわ…わ…わたしも…)

ヌチ…ヌチ…

紬「あっ…あああ…!!」

紬「ぁ…あぁ…」

ヌチヌチ…

梓(紬先輩まで…////)

梓(どうしよう…)

梓(私…)

律「いっひゃぅ…むぎ!いっひゃぅよぉぉぉぉ!!!」

紬「ん…わた…しも…////」

梓「!」

律「いっひゃぅ…!いっひゃぅぅぅぅう!!!」

紬「ぁ…あああっ!!」

律「いぐぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!」

紬「あああああああぁぁ!!!!!」

ぷしゃあああ!!ぴしゃっ!!ぷしゃあああああああ!!!

梓「!!!」

梓「え…」

律「ハァ…ハァ…」

紬「ハァ…」

紬「うふふ…」

紬「りっちゃんたら、潮…吹いちゃって…」

紬「梓ちゃんに…かかっちゃった…わね…」

梓(この味…)

梓「あのときのシロップの味に、そっくり…」


7