和「行っちゃった…わね。」

憂「//////」

梓「あは…あはははは…」

澪「ポケェー…」

和「…澪?」

澪「ボケェー…」

和「しっかりしなさい!」

澪「へ…」揺す揺す…

澪「りつ…」

和「ふぅ。」

和「17年生きてきて、こんなに驚かされたのははじめてだわ。」

梓「あ、あの…」

唯「なーにあずにゃん?」

梓「実は…」



…………

和「そう、そんなことが…」

憂「あずさちゃん…」

梓「…」

和「…寝た子を起こしてしまったわけね。」

和「澪に本心を突かれて開き直ってしまった。」

和「わかり易すぎる構図だわ。」

梓「あのっ…だから…だから…」

梓「今回の合宿は中止したほうが…」

和「私は止めないけど…」

和「今回の合宿の目的は、メンバー間の絆を強めるためのものよね?」

唯「うん…」

和「このまま止めてしまったら、その絆はどうなるのかしら?」

梓「!!」

和「捉えようによっては、軽音部に突きつけられた試練ともとれるわね。」

和「ここで踏みとどまり克服を図るか、それとも逃げ出すか…」

梓「…」

唯「そうだよ!逃げちゃ駄目だよ!!」

梓「先輩…」

憂「おねえちゃん…」

唯「ちゃんと向き合わないと…駄目だよ!」

和「唯…」

和「なら、このまま続行ということ?」

唯「そうゆうこと!」

和「了解、わかったわ。」クス…

唯「澪ちゃん、あずにゃん、いいよね?」

梓「…わかり…ました…」

澪「…」



澪「…」

唯「みおちゃん!」

澪「あ…ああ…」

澪「私も…賛成だ…」

憂「決まったね。じゃあ、私はお勝手に戻るから…」

和「憂、私も手伝うわ。」

梓「わたしもっ!」

唯「じゃあわたしは…」

澪「…」

こうして合宿は継続されることになる。

その一方、紬たちはたっぷりと一時間、唯の部屋から戻ってこなかった。



そして…

紬「大丈夫、りっちゃん?」

律「うん…」

澪「律!」

唯「りっちゃん!ムギちゃん!」

梓「律先輩!」

律「心配かけて…ごめんな。」

澪「りつ…」

梓「!」

梓(律せんばい…)

梓(律先輩、汗ばんで…顔は血色よくて…)

梓(それに首筋に赤い痕がいくつも…)

梓(さっきまで先輩たちは…)

梓(カアッ…/////)

憂「お、お料理できたら夕飯にしましょう!」

和「そうね、そうしましょう。」

唯「?」

その場の皆が(唯以外)、一時間のうちに律と紬の間に起ったことを悟ったが、
口にするものは誰もいなかった。



梓「憂、すっごくおいしいよ!」

憂「ありがとう!」

澪「パク…」

和「モグモグ」

紬「憂ちゃんは本当にお料理が上手なのね。」

憂「えへへ…」

紬「妹にほしいわぁ…」

梓「!!」

憂「!!」

梓(妹って…やっぱりそういう意味の…)

憂「アセアセ…」

紬「唯ちゃんが羨ましい♪」

唯「へへっ♪」

律「パクパク…」

澪「…」

紬「あらりっちゃん、ソースが頬に付いてるわよ?」

梓「!」

憂「!」

和「!」

梓(これは指で掬いとってペロッと舐める…)

憂(漫画やドラマでよくある…)

梓憂(あのシチュエーション…)

律「あっホントだ。」

紬「仕方ないわね…」

和(仕方ないとは思ってないわね。喜々としてるわ。)

紬「とってあげる♪」

ペロリ…

澪「!!!!!」

梓「!!!」

憂「!!!」

和(直接…ね)

唯「あー!なんかジョジョで見たことあるよこういうシーン!」

律「/////」

紬「はい、綺麗になりました♪」

梓「あ…あうあう…」

憂「アセアセ…」

澪「…」プルプル…

唯「澪ちゃん?」

澪「ムギ…」

澪「いいかげんにしろよ!」

梓「澪先輩!?」

律「澪…」

澪「お前はさっきからそんな…」

澪「そんな変なことばっかりして…」

澪「頭おかしいんじゃないのか!?」

紬「あら、澪ちゃん…」

紬「それは嫉妬かしら?」

澪「!?」

紬「りっちゃん」

律「!」

ちゅ…ぬちゅ…

澪「!!!」

紬「私とりっちゃんがこういうことしてるから?」

律「/////」

澪「…」ガタッ

紬「どこかに行くの?お家に帰るの?」

和「澪!」

澪「ハッ…」

澪「か、帰るわけないじゃないか!」

紬(ニヤリ)



澪(私負けない!絶対に…!)

澪(?)

澪(何に…負けたくないんだろう…?)


6