澪「それならそれでお前も…」

紬「澪ちゃん、落ち着いて。」

紬「結局のところ、りっちゃんは帰ってきたんだから…」

紬「ねえ、りっちゃん?」

律「…」

梓(やっぱり…)

ガラ!!!

唯「おっつかれ~!」

唯「あれ~?みんなどうしたんたん狸のおふぐり様?」

澪「は?」

唯「?」

澪「いや、突っ込むのはやめておこう…」

澪「実はな…」



唯「へぇ~それは大変だったね~」パクパク…

澪「ぜんぜん大変だとおもってないだろ…」

律「…」

紬「はい、紅茶♪」

唯「丸く収まれば、それでいーじゃない♪」モグモグ

澪「はぁ…」

唯「それに、澪ちゃんにも責任あるんだよ?」

澪「?」

唯「昨日、澪ちゃんがムギちゃんに変なこと言ったから。」

澪「!」

紬「梓ちゃん、紅茶どうぞ♪」

唯「ムギちゃんが、れずびあんだなんてさ~」

律「!」

梓「!」

紬「このシロップを紅茶に混ぜてちょうだいね♪」

澪「あ、あれは私も感情的になっちゃってたから…」

梓「…」ズズ…

梓「?」

梓「変わった味ですね?」

唯「なんであれ、悪口はnonnonだよ?」

澪「そ…そうだな…いやそうじゃないだろ!?」

紬「そのシロップ、というか蜜、昨日の搾りたてなの♪」

律「!」

紬「ねえ、りっちゃん?」

律「カァッ…///////」

澪「ムギが私らのジャージの匂い嗅いでたら、そうも言いたくなるだろ!」

唯「澪ちゃんの見間違えじゃないの~?」

梓「搾りたて?」

梓(ムギ先輩の家は色々経営してるから、養蜂の話かな?)

紬「そのシロップ、直に舐めてみて?」

律「!」

唯「しみ抜きしてくれてただけかもしれないじゃん?」

澪「学校で友人のジャージのしみ抜きするか普通!?」

梓「…」ペロ…

梓「?」

梓「なんか濃いスポーツドリンクみたいな味が…変な臭いも…」スンスン…

律「…//////////」

唯「とにかく、ムギちゃんに確かめてみれば?」

澪「!」

澪「それもそうだよな…」

紬「りっちゃんが搾るの協力してくれたのよ?楽しかったわぁ~」

律「///////////」

梓「?」

澪「ムギ!」

紬「なあに?」

澪「き、昨日、おまえは…」

澪「お前は私らのジャージを手にとって、なにやってたん…だ?」

紬「ああ、唯ちゃんのジャージね?」

唯「私の?」

紬「臭いを味わっていたのよ、主に股間部あたりのね。」

澪「!!」

梓「!!」

唯「へぇ~そうなんだぁ?」

紬「そうなのよ~♪」

唯「あ…れ?」

唯(こかん?こかん?)

唯(聞き間違い?)

唯(こうかん?江漢?司馬江漢?)

唯(江戸中期の絵師、文政年間没、その作、地球全図は著名…)

唯「いやぁ、司馬江漢が書いた贋作ってどれくらいの価値があるんだろうねえ?」

紬「?」

澪(まちがいない。唯の奴、錯乱してるぞ…)

紬「唯ちゃんのジャージの、唯ちゃんのお股があたるところを…」

紬「鼻と舌を使って賞味していたのよ♪」

梓(変態…あっ…私の…私のファーストキス…!)

澪「パクパク…」

唯「え?」

紬「おかげで、憂ちゃんへの尊敬がいっそう深まったわ。」

梓(キス…私のファーストキスは…唯先輩のおまたの味…)

澪「…」

唯「え?」

紬「人間の臭いってね、その人の日ごろの食生活にかなり左右されるのよ。」

紬「憂ちゃんは、唯ちゃんの健康をよく考えてくれてるわ。」

紬「蓄肉は、有機牧草を食ませた牛、豚、鶏を使ってる。」

紬「野菜は、水や土質にまでにまでこだわった農家のものを…おそらく、長野は上諏訪あたりね。」

紬「だから、その栄養が唯ちゃんの体で凝縮されて、唯ちゃんの膣内および…
  その周辺の汗腺から染み出てきたというわけ。」

紬「生物濃縮万歳ね♪」

唯「あ…あ…」

梓(これは唯先輩にも大ショックな…)

唯「う…」

梓(唯先輩…)

唯「ういありがとぉぉぉ(涙)!!!」ダァーーーー!!!!

梓「え…」

紬「姉妹っていいわね…ホロリ」

澪(だめだな…これは…唯…)

紬「でね、唯ちゃんのジャージをペロペロしながら考えたんだけれど…」

紬「バンド、つまり音楽家にはね、仲間同士の固い絆が大切だと思うの。」

紬「唯ちゃんと憂ちゃんみたいなね。」

唯「えへへ~♪」

紬「だからね…」

紬「今度の連休に合宿をしたいと思うの♪」

澪「!!!!」

梓「!!!!」

律「////////」

唯「いいねえ~そりゃいいねえ!!」

紬「でしょう♪」

唯「場所は!?今度こそムギちゃん家で一番おっきい…」

紬「唯ちゃん、今回の合宿の目的はメンバーの人間関係を深めることよ。」

紬「だから、それに相応しい場所をね。」

紬「それでなんだけれど、唯ちゃんにお願いがあって…」

紬「今回は唯ちゃんの家でやりたいの。」

唯「へ?ウチなんかでいいの?」

紬「言ったでしょ、合宿の目的。憂ちゃんに迷惑かけてしまうかもしれないけれど…」

唯「そんなことない!そんなことないよ!憂もよろこぶよきっと!」

紬「でね、日ごろお世話になってるから、今回は和ちゃんも呼んであげたいの。」

梓(そういうことか…憂と和先輩を巻き込むために平沢家を…)

澪「ちょっと待った!!」

澪「私は反対だ!!」

梓「澪先輩!」

澪「今は六月!期末テストも近いんだぞ!」

澪(それに…ものすごく…ものすごく嫌な予感が…するんだ…)

紬「なら、お勉強会も兼ねてね?…ね?」

澪「ぐっ…」

梓「先輩…」

澪「!」

澪「なら…」

澪「ここは民主主義的に…多数決を取ろう!」

梓「先輩!」

澪「どうだ?」

紬「それでいいわよ♪」

澪「よし!いくぞ…」

澪「挙手一択!合宿に賛成の人は手を挙げろ!」

唯「は~い!」

紬「はい♪」

澪(よし、唯とムギの二人だけ…)

梓「先輩…みおせんぱい…」

澪「ん?」

律「…///////」

澪「えと…律、その手は…」

律「…///////」

澪「ひょっとして…手を挙げてるの…か?」

律「コクリ…///////」

澪「JESUSCHRIST!!!!!!」



紬「日本は法治国家よね?民主主義のお国よね??」

澪「くっ…」

梓「…」

唯「それじゃあ…」

紬「ええ!合宿開催決定よ♪」




律「…///////」

紬「さわ子先生には私から言っておくわ♪」

唯「楽しみだな~♪」

澪「…」

梓(どうなっちゃうんだろ…)ズズ…

梓(この紅茶、やっぱり変な味…)



「そう…」

「はい♪」

「じゃあ私は…」

「…ということ?」

「はい、手筈通りに…」

「ふふ…ふふふ…いよいよね…」

「いよいよ…〈レズ・ゲーム〉がはじまるわ…」


3