紬「!!」

澪「知ってるんだからな!ムギが私達でハアハアしてること!」

紬「…」ダッ…

律「ムギまてっ!澪!!」

澪「…」

唯「澪ちゃん!」

澪「はっきり言っておかないと駄目だろ!」

唯「…」

梓「先輩…」



その日、紬は部室に戻らなかった。
しかし次の日…

梓「おつかれ様でーす。」

梓「って、私が一番かあ~…」

梓「とりあえず、掃除でもしよ!」

梓「♪~」

ガラ…

梓「先輩?おつかれさ…」

紬「…」

梓「紬せんぱい!?」

梓「先輩!心配したんですよ!」

紬「…」

梓「いきなりどっか行っちゃうから!」

紬「ごめんなさいね…」

紬「私、昨日は動揺してしまって…」

梓「せんぱい…」

紬「澪ちゃんにバラされちゃったから…」

梓「え?」

紬「私がレズビアンだってこと。」

梓「…」

紬「あずさちゃん、感心ね。お掃除?」

梓「…」

紬「でも、ホウキの使い方が下手。」

紬「ホウキは撫でるように使わないと…」

紬「こういう風に…」

なで…なで…

梓「ひっ…!」

紬「どうしたの?」

なで…なで…

梓「…めてください…」

紬「?」

梓「私のお尻さわるの…やめてください!」

紬「澪ちゃんみたいな安産型もいいけれど…」

なで…なで…

紬「梓ちゃんの小振りな御尻も魅力的よ?」

梓「やめてください!」

なで…なで…さわ…さわ…

紬「なぜ?」

なで…なで…

梓「おか…おかしいです…よ…」

紬「why?」

なで…さわ…

梓「…」

紬「…」

なで…なで…

梓「…」

なで…なで…

紬「…」

なで…なで…

梓「…」

紬「…」

なでなで…なで…

梓「…」

紬「どうしたの?黙っちゃって。」

梓「…」

梓「わた…し、知りませんでした…」

なで…なで…

紬「何を?」

なでなでなでなでなで…

梓「っ!」

梓「紬先輩が変態だったってことを!!!」

紬「変態?」

ピタ…

紬「abnormalってこと?」

梓「…」

紬「これはおかしい話ね。」

紬「自分の性癖に気付いていない人間が…」

紬「人の事を指してabnormalだなんて。」

梓「…」

紬「…」

紬「あずさちゃん、こっち向いて?」

梓「…?」

ちゅっ…

梓「!!?」

ぺろっ…ぬちゅぬちゅんちゅ…

梓「!!!!!!」

ぬちょぬちゅぬちゅぴちゅ…

梓「っ!!」

ちゅ…ぽぉ、ん…!

紬「おいしい…」

梓「…!?」

紬「でも感心しなくてよ?レディが昼食に、学食でペペロンチーノを食べるだなんて。」

梓「!!かぁっ…//////」

梓「はじ…めてだったのに…」

紬「何がかしら?」

梓「キス!はじめてだったのに!!」

ガラッ!!

梓「!?」



澪「おい律!!」

律「…」

澪「おじさんもおばさんもすっごい心配してたんだぞ!」

律「…」

澪「警察に連絡するところだったんだから!」

紬「澪ちゃん?」

紬「りっちゃん?」

律「!」

紬「どうしたの?」

澪「ムギ!!お前も…」

澪「律がお前を追いかけていったまま、夜遅くまで家に戻らないで…」

澪「律のご両親が心配して…」

紬「ごめんなさいね?」

澪「え?」

紬「りっちゃん、昨日はうちに遊びに来てたのよ。」

律「…」

紬「少し盛り上がっちゃって、時間を忘れてしまって…」

律「…」

澪「え、そ、そうか…いや!そうじゃなくて!」

澪「ムギ!お前のことだって心配したんだぞ!」

紬「ごめんなさい。昨日は本当に時間を忘れるくらい、りっちゃんと楽しんでいたから…」

律「!」

梓(え…それって…)


2