梓「確かに…唯センパイは家では意外としっかりしているんですね」

 「髪の毛たらしてアダルトチックな雰囲気を醸し出して」

 「ベッドの上でパンツに手を入れ始めた時はキターーーーと小躍りしましたが」

唯「変態!変態!変態!」

和「その動画、あとでダビングして」

 「でも憂ならそれで幻滅するどころか

  元気になるような気もするけど」

梓「いえ、ここからが肝ですよ」

 「なんと唯センパイ、2ちゃんねるでスレ立てしてたんです」

律「にちゃんねる?」

澪「知らないのか?色んな人が色んな事を書き込む掲示板さ。

  よく知らないけど」

紬「普通の人もカキコしてるけど、

  大半がニート、ひきこもり、犯罪者予備軍なの。

  よく知らないけど」

和「エロ画像収拾に罵詈雑言の罵りあい。

  あんな汚れたところにROMってるだけでも

  恥だというのに

  スレ立てまでするなんて

  確かに唯のイメージがブチ壊しね。

  よく知らないけど」

澪「どこでスレ立てしたかが重要じゃないか?

  犬猫大好き板とかなら問題ないだろ

  よく知らないけど」

梓「それが…VIPなんですよ」

紬「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

 「よく知らないけど?」

和「それでスレタイは?

  よく知らないけど」

梓「そこは無難で「中間テストの定評が4.2だったんだけど悪いの?」

  だけど20分経ってもレスが一つもつかないもんだから

  ついに自演を始めて…ww」

澪「あーアレか!そういえばちょっと祭りになってたっけwww」

和「>>1がソッコー自演見抜かれて怒り狂ったあげく

  なぜかオパーイ晒し始めてwwww」

紬「あのアホ、唯ちゃんだったんだwwwwwww」

澪&和&紬「よく知らないけど」

唯「(死にたい)」


梓「そんな一部始終を収めた映像を

  憂に見せれば、多少は目も冷めるのでは」

澪「でも…」

 「憂ちゃんショック過ぎて唯の事 刺さないかな」

紬「」

和「」

唯「お返事は!?聞こえないよ!?」

梓「それはそれですよ」

律「そうさ」

 「何かを手に入れるためには何かを失う、これ常識な」

唯「もう足の裏くらい舐めさせてもいいような気がしてきた」



─帰り道─

梓「というワケでこのDVDに動画を入れておきました」

唯「えー本当に見せるの…?」ウルッ

澪「(半泣きの唯かわいい)

 「大丈夫さ。憂ちゃんだって適度に分かってくれるよ」

梓「そうですよ。唯センパイの足裏なんて舐めたくもないけど

  ご飯は作ってあげたくなっちゃう…そんな頃合の嫌われ具合で」

唯「そんなややこしい状態が存在するの!?」

紬「むしろ普通の家庭じゃないかしら」

和「さ、唯の家に着いたわよ」

唯「た、ただいま~」



─平沢邸─

憂「あれ、今日は梓ちゃんに和さんまで」

和「憂、別に「和ちゃん」でもいいのよ」

憂「アハハ、いいトシして「ちゃん」はアリエナイですよ~」

和「えっ」

梓「それより憂、今日は見せたいものが」

憂「えっなぁに?」

和「憂、別に「和ちゃん」でもいいのよ」

憂「あはは」

和「…」

唯「あずにゃ~ん、やっぱり辞めない…?」

梓「ダメです。ここはビシッと分からせてやらねばやるならやらねば」

唯「ウ~じゃあ私、自分の部屋にいるね…」

和「…私も唯の部屋で休んでるわ…」

梓「じゃあ私も(唯センパイ…)」ハァハァ

澪「じゃあ私も(唯…)」

律「じゃあ私も」 他意は無いよ田井中だけに

紬「むぎゅうう(むぎゅうう…)」ハァハァ

梓「じゃあ憂、これ勝手に見といて」ポイ

憂「私もお姉ちゃんの部屋に行きたいよ!!」

梓「憂…この中には唯センパイの恥ずかしい映像が」

憂「まことか」



─唯の部屋─

唯「さすがに6人もいると狭いね」

澪「そうだな。梓、ちょっと窓から飛び降りてみてくれないか」

梓「うざっ」

唯「だめ!あずにゃんいなくなっちゃヤダ!!」スリスリ

梓「うへへ、離れてくださいー、みんなが見てるじゃないですかー」ニヤニヤ

澪「(メ木几又す)」

梓「え、何聞こえない」

律「くそっ、澪め。唯の方ばっかり気にして。くらえディープキス!!」ムチュウウウゥゥゥ

澪「んぐっ、や、やめぇりちゅううぅぅ」クチョクチョ

紬「ホッホッホー!!」

和「それより憂、大丈夫かしら」

 「もう30分くらい経つけど」

唯「うん…この静けさが逆に不気味だよ…」

和「大丈夫、世界がどうなったって唯だけは助けるわ」

唯「和ちゃん…」ギュ…

和「ニョホホ」ギュ



梓「でも確かに遅いですね」

 「DVDは編集してあるから20分程度」

 「今頃、台所で包丁を研いでいるのかも」

唯「そんなの無責任だよ!」

澪「そもそもDVDの意味がよくわかんないんじゃないか?」

 「2ちゃんでスレ立てなんて知らない人からすれば

  チンプンカンプンだろ」

 「よくわからな」

紬「しつこい」

梓「う~ん」

律「ちょっと様子を見に行ってみようぜ」



唯「うい~」

憂「あっ、お姉ちゃん」

唯「うい?」

憂「ういだよー」

唯「わぁえへへ」

梓「あの、憂?DVDは?」

憂「う~ん、なんだかよく分かんなかったよ」

 「しばらく見返してみたんだけど」

梓「なんたる肩透かし」グゥ~

梓「あっ…」

憂「ふふっ、みんなお腹空いてるんじゃない?」

 「よかったら、お夕飯一緒に食べませんか」

律「あーでも親が作ってるだろうからなー」

憂「大丈夫ですよー。そんなにお腹はふくれないと思いますから」

澪「ん?じゃあちょっとだけ」

唯「わーぃ、そうしなよ」



憂「じゃあ、お姉ちゃん、足の裏出して」



唯「う、憂?」

紬「私、友達の妹がお夕飯薦めてきたら

  断って帰るのが夢だったの」

律「お前、本当に友達かよ」

澪「オボエェ」グゥロゲロッパ

憂「ほら、お姉ちゃん~」スッ

唯「いい加減にしろよ、このクズ野郎…」ガシッ

憂「えっ」

唯「そんなに舐めたければ舐めれば!?」

梓「(結局舐めさせるんだ)」

和「じゃあ遠慮なく」ペロ

唯「憂がそんなに足の裏が好きなら好きにすればいいよ」

 「だけど、気持ち悪いんだよ!!本当にイヤなんだよ!!」

和「えっ」ペロ…

憂「お姉ちゃん…」

 「もっと罵って!!」

澪「えっ」

唯「変態!変態!変態!」

憂「ああっ、足の裏を舐めるより、コッチの方が気持ちいいよぉ」

 「お姉ちゃん大好き」グスッ

唯「う、憂、うわぁぁあん、私も大好きだよぉぉぉ」グスッ



和「なにこれ」

澪「どう考えてもそんな流れじゃなかったろ」

紬「……おめでとう」パチパチパチ

澪「えっ」

梓「…おめでとう」パチパチ

律「お?おめっとさん!」パァンパァン!!

和「おめでとう!」パチパチ?

憂「おめでとう!」パチパチ

澪「クェッ…」

唯「ありがとう!」