澪「ハハ、律の恥骨は蜘蛛の味がするからな」

紬「澪ちゃん、蜘蛛の味知ってるの?」

澪「レロレロレロレロ」

紬「変態!変態!変態!」

澪「フヒヒw」

紬「私、友達を「変態!」って罵るのが夢だったの!」

唯「ムギちゃんも変態さんだね!」

唯「この変態」

紬「あぁん」キュンキュン…

紬「ふぅ…」

紬「恥骨でもなんでもいいから話進めない?」

唯&律&澪&俺「はい」

律「まぁ、とにかく弟にビシッと言ってやったワケさ」

 『男のクセにいつまでも姉貴の鎖骨離れが

  できないなんて恥ずかしいヤツ!』って」

唯「ふんふん」

律「そうしたら聡のヤツ、取り乱し始めてさぁw」

唯「あっ、憂と同じパターンだよ!」



律「そしたらwプッククww急にヤツの眼の色が緋色に変わって…

  『姉ちゃんは俺のもんだッ!!」っつって私の事押し倒して…」ジワ

律「『姉ちゃん!姉ちゃん!』って何度も私の中に自分のを突き立てて…」ヒックヒックウェェ

唯「思ったよりずっとハードだよ!」

澪「ていうか最初なんで笑ってたんだよ!?」

紬「続き早く。下半身が寒い」

律「まぁようするに私の耳の穴に

  指を出したり入れたりしてただけなんだけどな」

唯「思ったよりずっとシュールな状況だよ!」

澪「ていうか途中なんで泣いてたんだよ!?」

紬「なにそのオチ 風邪ひくでしょ!?」

律「とにかく、鎖骨舐めは治ったけど『耳穴フェチ』という

律「新しい属性を身につけてしまったんだ…」

律「何かを得るためには何かを捨てなければならない」

律「つまりはそういうことなのさ」

唯「う~ん、分かったような分からないような」

唯「つまり私はどうしたらいいんだろ?」

律「ポッキーゲームしようぜぇ!!」

唯「やろうやろう!!」



梓「こんにちわわ」ガラッ

律「梓!今のは無かったことにしてやるからな!」

梓「はい!」カララ…

律「じゃあもう1回な」

梓「えーと、じゃあこんにちんp」ガラッ

唯「ねぇあずにゃん。憂の様子、どうだった?」

梓「え、憂ですか?」

梓「そうですね」

 「純に抱きついてスリスリしたり、髪に顔をうずめてクンクンしたり」

唯「良かった、いつもの憂だよ!」

澪「唯を見てたら確かにそれくらいは普通に思えてくるな」

梓「そういえばお弁当のおかずが全部、なんか干しイカが詰まってて」

律「干しイカぁ?

  唯!お前、自分はおいしいお弁当作ってもらっておいて

  憂ちゃんにはそんなもん食べさせてるのか!?」

唯「違うよ!それ、私の角膜!!」

澪「オボェゴバァァァァァァ」ゲロゲオロビシャビシャァム



紬「りっちゃん、干しイカを「そんなもん」呼ばわりするなんて

 「干しイカ職人の人に失礼だと思うの」

律「あっ、ごめん。干しイカは大好きでゲソー!」

梓「そ、そんなことより唯センパイ!

  角膜って、本当なんですか?」

唯「う、うん。なんかお風呂場で集めてたとかなんとか」

律「うーん、足裏好きならまだしも角膜好きの女子高生なんて

  さすがに怖いなぁ」

梓「これはやっぱりなんとかすべきですよ!」

紬「(それにしてもお風呂場でどんなプレイをしたら角膜が?)」

紬「この世界は、私の知らない面白いことで充ち満ちているのね」



─帰り道─

律「ハー、さて、結局どうすればいいんだ?」

紬「私、なんだか面倒くさくなってきちゃった♪」

唯「真面目に考えて」フンス

唯「みんなと話してたら、なんかすごくおぞましい生き物と

  一つ屋根の下でサバイバル生活を送ってる気分になってきちゃったんだよ!?」

澪「こらっ唯!あんなによくしてくれる憂ちゃんをそんな言い方…」

唯「あっ、そうだよね…。あんなに大好きな憂の事を怖いと思う

  自分自身がイヤになっちゃうよ…」

澪「唯…大丈夫だよ。お前たち姉妹の仲の良さは世界一…」

唯「あっそうだ。澪ちゃん、今日、泊まりに来てくれる?」

澪「!?」

梓「セックス!」

唯「あずにゃんは黙ってて」

梓「ゆ、唯センパイ…」

澪「ちょ、ちょっと待って、なんで私が?」

唯「お願い今日だけ!」

 「憂と2人きりだとなんか怖いっていうのもあるけど」

 「他に人がいてくれたら、憂にちゃんとお話できるかも知れないし!!」

澪「え、えぇぇぇりつぅぅ」

律「(しょーがねーなー)唯、私も泊まりに行っていいかー?」

唯「りっちゃん!もちろんだよ!!」

紬「みんなでお泊りなんて楽しそう!唯ちゃん私も私も!」

唯「ムギちゃん!!」

梓「私は用事があるんで帰ります」

唯「あずにゃん!」



…平沢邸…

唯「ういーただいまー」

憂「おかえりなさーい」

憂「(よかった、お姉ちゃん普通に喋ってくれる…)」ホッ ジュン ウズウズ

憂「あれ?どうしたんです、みなさん」

澪「えっあ、あぁ。今日難しい宿題が出てさ」

澪「みんなで協力してやろうって話になったんだ」

憂「そーだったんですかー」ニパー



澪「(しかし、こんな子がか、角膜を食べるなんて信じられな、か、かくまく

澪「オボェゲボバァ」ゲロバシャァォ

律「なに言ってんだよ澪ー」

律「憂ちゃんが唯の足裏を舐めたり角膜を食べたりして気持ち悪いっていうから

 「みんなで泊まりに来たんだろー?」

唯「…」

澪「…」

紬「…」

憂「…」

律「えっ」

憂「…」

唯「ち、違うよ憂!?私、気持ち悪いなんて言ってないよ!?」

律「そうだっけ。でもまぁそんなような事言っててさ」

澪「このバカ律!」クチュッ

律「や、やぁっ、な、なにするの澪ひゃん…?」

澪「順序ってモノがあるだろ!?」

澪「いきなり直球投げるヤツがあるか!!」クチュクチュ

律「うぁぁぁぁん」

憂「お姉ちゃん…」

唯「うぅ(いや、がんばれ私)

  (せっかくりっちゃんが道を開いてくれたんだ)」

唯「憂!」

憂「」ビクッ

唯「私は憂のことが好きだし憂が私の事を好いてくれているのも分かってる」

 「だけどだからって足のうらを舐めるのはおかしいと思うんだ」

憂「で、でも、お姉ちゃんの足裏…ヒック…ニオイを嗅いだり…ウッ

 「舐めたりすると…ふぅ…とっても落ち着くんだけど?」

紬「開き直ったー!!」



紬「…ねぇ、みんな。思ったんだけど」

紬「私たちも唯ちゃんの足のうら舐めてみるべきじゃないかしら」

唯「」

澪「…なるほど。確かに自分はやってもいないのに

  それがイケナイ事だ!って言っても説得力がないな」

律「一理ある」

紬「でしょ~?」

憂「み、みんな…」

律「憂ちゃん!」

澪「憂ちゃん!」

紬「憂ちゃん!」

憂「へへっ、よーし、今日はお姉ちゃん祭りだぁ!」

律「ヒャッホー!!こんなもんケツ拭く紙にもなりゃしねぇ!!」

唯「どうしてこうなった」


4