18. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 16:14:43.83 ID:LQwnDyeG0
唯「あずにゃん、量子って何?」

梓「唯先輩ってやる気ないですよね。ぐうたらですね」

唯「そ、そんなことないよ!たまにはやる気だすよ!っていうか急に何…」

梓「そうですね。おやつ食べた後とかはやる気出しますね」

梓「でもふだんはぐうたらですね。極端なんですよ。やる気あるか、ないか」

梓「ふつうは今日はちょっと調子悪くて――とかいう中間地点というか、微妙な変化があるんですけどね」

唯「あずにゃん何ででそんn」

梓「つまり、やる気が量子化してるんです」

唯「え?」

梓「基底状態(やる気0)と励起状態(やる気MAX)の2つの状態しかないんですね」

梓「そして、適量のケーキを食べないと励起しないんですね。困った先輩です」

唯「…よくわからないけど、一つまちがってるよ」

梓「む、何がですか」

唯「私、ケーキじゃなくてあずにゃん分を補給してもやる気出るよ(ハァト」

梓「…困った先輩ですね///」

21. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 17:07:16.72 ID:LQwnDyeG0
唯「ムギちゃん、重ねあわせ状態ってなあに?」

紬「あら唯ちゃん。きょうのおやつはティラミスよ」

唯「わあい、私ティラミス大好き」

紬「あ、でもモンブランもあるわ」

唯「私、モンブランも好きだよ」

紬「どっちが食べたい」

唯「両方!」

紬「そういうわけにはいかないの。実は今日のケーキは魔法のケーキなんだけど」

唯「魔法の?」

紬「そうなの。このケーキは、ティラミスにもなり、モンブランにもなる魔法のケーキ」

唯「ティランブランだね!」

紬「そうね(やだ、ちょっとエロイ///)
    でも唯ちゃん、そんな不思議なケーキってみたことある?」

唯「ないよ」


22. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 17:10:09.47 ID:LQwnDyeG0
紬「そうよね。そして残念なことに、
    ティランブランを知らない人は、ティランブランを食べることはできないの」

唯「どういうこと?」

紬「唯ちゃんのような人がこの箱の中身、ティランブランを見ようとすると
    ティランブランはその形を変えてしまうの。そう、”単なるティラミス”か”単なるモンブラン”に」

紬「そして、それはもはやティランブランではなくなってしまうの」

唯「そんなあ。私、ティランブランとやらを食べてみたいよ。なんとかならないの」

紬「あるわよ。唯ちゃんも、”ティランブランを知る人”になればいいの。
    ただし、条件があるわ」

唯「条件?」

紬「”単なるモンブラン”と”単なるティラミス”のことを忘れること。
    今の唯ちゃんがティランブランを知らないように、ティランブランを知る人は
    ”単なるモンブラン”も”単なるティラミス”も知ることはできない。
    そして”単なるモンブラン”も”単なるティラミス”も食べることはできないの」

紬「それでもいいかしら?」
23. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 17:11:43.59 ID:LQwnDyeG0
唯「それは嫌だよ…ティラミスもモンブランも食べたいよ…」

紬「ふふ、それがいいわね…じゃあ唯ちゃん、この箱を開けてちょうだい。
    そうすればこれは”単なるモンブラン”か”単なるティラミス”になるわ。
    ティランブランへの未練を絶ち切って」

唯「…わかったよ。開けるよムギちゃん!」パカッ

唯「ティラミスだね!」

紬「ちなみに今、平行世界では唯ちゃんはモンブランを手に入れたわ」

唯「え?」

紬「これを多世界解釈というの」

唯「何の話だっけ」

紬「さあ、何だったかしら?」

唯「おかしなムギちゃんだね」

紬「そうね。あ、お茶入れるわね」
32. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 19:58:04.99 ID:vJT18dQC0
唯「澪ちゃん、トンネル効果ってなあに?」

澪「唯ってどうしてギター弾けるんだろうな」

唯「えっそれは練習したかr」

澪「でもすぐコード忘れるし、楽譜読めないし、音楽の用語もしらないし」

唯「」

澪「ギターのメンテもしないな」

澪「ふつうは、ひとつひとつ勉強してものにして、弾けるようになるのに。一体何なんだ?」

唯「そんなこと言われても…なんか弾けちゃったんだもん…」

澪「それがトンネル効果だな」

唯「え?」

澪「もっとたくさん勉強して超えなきゃいけない壁を、なんかしらないけど超えちゃったんだ。
    これがトンネル効果だ。めったに起こることじゃないんだぞ。壁が高くて厚いほど、起こりにくい」

澪「つまり、唯は希少な存在なんだな。いわゆる天才かもしれない」

唯「天才…そ、そうかな」テヘヘ

澪「うん、そうにちがいない。その才能を腐らせちゃダメだ。もっと練習しないとな」

唯「そうだね!じゃあ練習はじめようか!」フンス
35. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 20:18:47.43 ID:vJT18dQC0
唯「和ちゃん、不確定性原理ってなあに?」

和「唯、もうすぐ学園祭ね。ライブ頑張ってね」

唯「えっうん、大丈夫、大成功まちがいなしだよ!」

和「でもテストも近いから、勉強もちゃんとしなさいよ」

唯「あ、赤点はとらないようにするよ」

和「そんなギリギリな目標じゃなくて、もっと高い点めざしたら?
    唯はやればできると思うのに」

唯「いや〜、勉強するとギターの弾き方忘れちゃうんだよ」

和「澪がそんな事言ってたわね。たしかに唯って、ひとつのことに夢中になると
    他がおろそかになるわよね、昔から。何かに夢中になれるのが唯のいいところだけど」

唯「あちらを立てるとこちらが立たずなんだよ」

和「それが不確定性原理よ」

唯「え?」

和「一方の正確さを求めると、他一方の正確さが失われるの」

唯「そっか!じゃあギターの弾き方忘れちゃうのは宇宙の法則なんだね!
    私のせいじゃないんだ」

和「そうね。じゃあ私、生徒会いくから」
37. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 20:48:39.50 ID:vJT18dQC0
唯「りっちゃん、波動関数ってなあに?」

律「ψ(プサイ)だな」

唯「ぷさい?」

律「ああ。ψ(プサイ)にφ(ファイ)だ」

唯「ほうほう」

律「世の中はすべて、波だらけでな」

唯「ふむふむ」

律「サインコサインタンジェントなんだ」

唯「おうおう」

律「ついでにポテンシャルは、井戸型、谷型、周期型が人気なんだ」

唯「ほえ〜」

澪「なんか今、歌詞がひらめいた」

紬「わたしも、曲がひらめいたわ」

梓「いえいえ、それすでにありますから」
39. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/01(火) 20:57:19.54 ID:vJT18dQC0
もう無理な気がした
ちなみにID変わったけど、梓、紬のやつも俺
全員分書いたからもういいよね