唯「こたつに!」

憂「みかん! はいお姉ちゃん、あーん」

唯「んあーーっ」

唯「うまいっ!」

唯「しかし、あれだよね」

唯「こたつ、みかんときたら」

唯「次は猫さんが欲しくなるね」

憂「ふふ」

憂「そう言うと思って、ちゃんと準備しておきました!」

憂「梓ちゃんです。どうぞーっ」

梓「…どうも、お邪魔しています、唯先輩」

唯「あっずにゃーん! ささ、突っ立っとらんと、こっち来て座りんしゃい」

梓「何ですかその喋り方…。失礼します」


唯「あずにゃーん! だきーっ」

梓「わぷっ。もう、暑苦しいですよ、唯先輩」

唯「あずにゃんみかん食べる~? はいあーん」

梓「もう…。いただきます、あーん…あ、甘い」

唯「ただのみかんじゃないよ! なんたって、焼きみかんだからね!」

梓「へぇ~。うん、おいしいよ。さすが憂だね」

憂「えへへ。ありがと~」

唯「あれ?」


唯「さて」

唯「ここまでこたつ、みかん、ねこ、ときましたが」

梓「私はねこじゃないです」

唯「まだ何か足りない気がします!」

唯「一体なんでしょう」

憂「う~ん、もう充分じゃないかなぁ…」

梓「私はねこじゃないですってば。あ」

梓「唯先輩、憂、見てください雪ですよ、雪!」

憂「わ。本当だ。お姉ちゃんもほら見て、雪だよ」

唯「う~ん……」

梓「唯先輩、唯先輩ってば」

憂「ほらお姉ちゃん」

唯「う~ん……。あ、わかった!」

唯「アイスだ!!!」


梓「台無しだ」



  終わり