唯「これからは純ちゃんに抱きつくよ!」


純「そうなんですか?」

唯「そーだよ!ごくごくごく、っかー!ビールが苦い!」

純「・・・・・・」

唯「ところで純ちゃんかわいいねえ、その髪とかお目目とか!」

純「はあ、ありがとうございます。鳥の手羽先頼んでいいですか?」

唯「うん、これからは純ちゃんに抱きつくよ!」

純「どうぞ。すいません注文お願いしまーす」

唯「たとえ純ちゃんがどんなにいやがろうとも・・・お?」

純「はい、どーぞ。お好きに」

唯「・・・いやがらないの?」

純「ええ。いいですよ、やるなら早くしてください」

唯「そんなんじゃダメー!もっとこう…」

唯『げへへへへ、お嬢ちゃーん』わきわき

純『やめて、ちかよらないで・・・!』

唯『よいではないかよいではないか』

純『やだよう・・・たすけてよお』ぐすん


唯「――って感じじゃなくてダメだよ!」

純「そーですか?」

純「じゃあ、そんな感じにしますよ。やだ、先輩、抱きつくなんてやめてください!」

唯「わあ純ちゃんそれ笑顔だよ!」

純「はい!」

唯「棒読みじゃん!もっと感情こめて!」

純「そう言われても。唐揚にレモンかけちゃいますね、先輩サラダ要りますか?」

唯「うー、なんでそんな落ち着いてるのさあ!女の子はそんなんじゃ駄目だよ!貞操の危機なんだよ!」

純「って、そんな大げさなー。はい、サラダ」

唯「あずにゃんはもっとリアクション大きかったのに・・・」ぶすっ

純「だって私、いやじゃないですから」

唯「?」

純「憂のお姉ちゃんに抱きつかれるの、やじゃないです」

唯「うへ!?」

唯「なななななななな」ぷしゅー

純「な?だから別にいいじゃないですか」

唯「けしからん!けしからんよ、純ちゃん!」

純「なんでですか?」

唯「だから、女の子なんだからお淑やかじゃないと!急にそんなこといっちゃ めっ、だよ」

純「それって女性差別ですよー?」

唯「うえ、そうかなあ」

純「謝ってください」

唯「ごめんなさい」しょぼん

純「よろしい!あ、お兄さん、生中2追加で」

唯「あれー?」


純「で、えっとなんでしたっけ?」

唯「だから、あずにゃんに抱きつくの飽きたから純ちゃんに抱きつきたいんだってー」

純「梓が泣いちゃいますよ。私は別にかまいませんけど」ちびちび

唯「ごくごく・・・でも、ごくっ・・・」

唯「もっと抵抗してくんないと盛り上がんないよお・・・むしゃむしゃ」

唯「鶏肉おいしい・・・」

純「そうですね」

純「先輩、無理しないで飲むペース落とした方がいいですよ」ごくごく

唯「純ちゃん、もっといやがってよおおお・・・おっぱいもんじゃうぞー」

純「それも、ちょっとならいいですけど・・・」

唯「なんでさー」

純「さあ、なんででしょうね・・・」

唯「どうしたら嫌がってくれるの?」

純「たぶん無理ですよ。わたしいやじゃないですし」

唯「ふむぅ・・・ちびちび」

純「じゃあどうしたらいいか、一緒に考えましょう」

唯「純ちゃんがわたしのこと嫌がってくれればいいと思う!」

純「だから無理ですって。演技ならできますけど、『ふやぁ、やだ・・・せんぱい、だめですぅ・・・っ』」

唯「あ。さっきより上手」

純「『ゆいせんぱいにはあずさというひとが・・・ああ』」

唯「でも演技とことわってからやられるとなんか冷める・・・」

純「それは仕方ないです。わたしは正直ものですから、自分をいつわることはできません」

唯「うっそだー」

純「唯先輩が演技でがまんすればいいんです!さあ!」

唯「もっと本格的にいやがる女の子にひどいことしたいよお・・・」

純「お酒飲むとだんだんひどくなりますね」

唯「ふゅぅ、でへへえ」

純「いーじゃないですか、人肌こいしいんでしょー?」

唯「・・・」ちびちび

純「多少のことには目をつぶって抱きついちゃいなさいって。髪もさわっていいですよー」

唯「私は理想が高いんだもん」ちびちび

純「強情ですね」

唯「なんで純ちゃんの方がノリ気になってるのかなあ」ちびちび

純「そうだなあ」もぐもぐ

純「・・・ごくん」

純「それなら、わたしが唯先輩にいやがることをするっていうのはどうかな」

唯「純ちゃんが私に?」

純「たとえばこういう・・・ちゅ」


ぱしっ

唯「・・・・・・あ」

純「やっぱり、いやでした?」

唯「あの」

純「今の、なんでもないです」

唯「純ちゃん・・・・・・ごめん」

純「あはは、なんで謝るんですか?」

唯「だって・・・」

純「面白いひとですね、憂のお姉ちゃんは」

唯「・・・」

純「先輩、わたし正直ものですから今からいろいろと正直なことをいいますね」

純「ほんとは先輩にだきつかれるなんてすごく嫌です、絶対しないでください」

純「勘違いされると困りますけど。わたし、友達の大事な人を勝手に好きになってなんかいません」

唯「・・・」

純「こころ優しいわたしが、その友達と恋人の仲が悪くなってることをよろこぶわけないですし」

純「別れたらいいのにな、とか考えたりしてないよ」

純「・・・先輩がわたしに相談してきてくれてうれしかったなあ」

唯「・・・」

純「先輩の弱ってるところにつけこんで、梓から奪おうなんて、こんなのべつにチャンスじゃないよ」

純「嘘です、ほんとはちょっと考えました。そういうの、最低ですよね」

唯「じゅんちゃん」


純「へへ、そんな顔しないでくださいよー」


純「・・・やです、やめてください。そういうのやです」

純「すみません、わたしみっともないよね」

純「泣かないでよ、先輩」

唯「じゅんちゃぁん」

純「わたしは泣いたりしませんよ。つまんないもんそんなの」

唯「ぐすっ・・・」


純「憂のおねーさん、もうわたしのことなんて誘っちゃだめですよ。かわいい彼女がいるんだし」

純「・・・そんなことしたら、期待しちゃいますから」

純「わたしの言ってることわかりますよね」

唯「・・・」こくん

純「よろしい!じゃあ、今日は朝まで飲み明かしましょうか」

唯「うん」

純「今日はなんにもなかったんです。だから、なにも気にしないでください」

唯「うん」

純「やなことぜーんぶ忘れて飲みましょう」

唯「うん」

純「夜がながくてうれしいなあ」

唯「うん」

純「このまま明けなければいいのに」



fin.