唯「ゼェゼェゼェ・・・・フフ・・・」

梓「はぁはぁ・・・・どうです唯先輩。苦しいでしょう」

唯「んく・・・・っはぅ・・・はぁはぁはぁ・・・そうでも・・・はぁ・・・・ないよ?」

梓「はぁはぁ・・・・なんで・・・足りないのかなぁ」

唯「ちょっ!まっまっまっまっ・・・っあはははははは!まっふぁあはははは!あずにゃっあははははは」

梓「ほらほら、どうです?苦しいですよね?苦しいって言ってください!」

唯「いやぁーあははははははくすぐったいってっあははははははははは」


律「楽しそうだなぁ・・・梓と唯」

澪「////そんなこと言っている場合か!股っ!股!止めないと!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ////」

梓「澪先輩駄目ですよ!私がやられたときはもっと酷かったんですから!」

澪「うっ・・・梓・・・」

律「そもそも、何故こんなことになったかというと・・・・」

唯『あずにゃん、ちょっとこっちきてぇ」

梓『なんですか?』

律《唯の奴、何か企んでいるな・・・》

唯『とりあえず、床に座ってもらっていいかな?』

梓『え?どうしてですか?』

唯『まぁまぁいいからいいからぁ』

梓『まぁいいですけど・・・・・はい』

唯《りっちゃん!》チラッ

律《はっ!おう!》

律『二人とも何やってんだ?』

梓『知りませんよ唯先輩に聞いてください』

唯『じゃぁりっちゃんは、あずにゃんを羽交い絞めにしてください』

律『おう、こうか?』

梓『へー・・・ってえ!?ななななんですか!やだ離してください!』

唯『では足が失礼しますよ~』

律『おお、また懐かしいいたずらを』

唯『え?そうなの?私、昨日インターネットしてたらたまたま見つけたんだ』

梓『唯先輩やめてください!卑猥です!えっちぃです!』

唯『えーそんなことないよー。楽しそうだったからやってみるだけだよ?大丈夫、だから始めるねー』

梓『だからじゃない・・・・・っ・・・・・・やだこれ・・・・フフ・・・・くすぐったい・・・ですよぅ・・・』

唯『ほらほら、あずにゃん我慢しなくていいんだよ?』

梓『い・・はっ・・・あはは・・・・あは・・・くく・・・・・いやぁあははははははははらめぇ!』

律『反応がよくなってきたな。わき腹もやってやろう。ほらほらほらほら』

梓『あひぃ!っかはうっんあんあ・・・あははははははいんやぁあはははっははは』

唯『あずにゃんどう?気持ちいい?』

梓『やはぁんっんあははははははっもうやめっんくはははははは』

律『こりゃ聞こえてないな・・・・』

梓『いやっはっん唯しぇんぱっとい・・・・とい・・・・クッ・・・トヒレッはははははは』

唯『オトイレ?』ピタッ

律『じゃぁ仕方ないか。お終いだ』


律「そして、用を足し正気を取り戻した梓はああして復讐の鬼と」

澪「お前らの・・・せいだろっ!」ゴツン

律「はうっ」

澪「そもそも、なんで唯だけやられているんだよ」

律「いやぁ・・・いやな予感がしたので一時撤退していたでござるぅ~」

澪「最低だなお前・・・」

唯「あぁっあずにゃんっ!ト・・・ットッ・・・・」

梓「なんですか?はぁはぁちゃんと言わないと聞こえませんよ?」

唯「ト・・・トィ・・レ!」

梓「わ、か、ん、な、い、で」

紬「梓ちゃん」

紬「もう止めてあげないと、唯ちゃんが・・・」

梓「え?あっ!(泣きそうになってる!?)」

唯「あうぅ~・・・あずにゃん・・・足離してっ・・・漏れちゃうよぅ・・・」

梓「あっすみません」

紬「唯ちゃん。まだ駄目よ。トイレまで頑張って、ついてってあげるから」ハァハァ

唯「あうぅ~・・・頑張る・・・・クゥ・・・」

律「ムギ私も」

澪「お前は駄目だ」

律「え~・・・そんなぁ~」

ガチャ・・・パタン・・・

澪「さて・・・次は律の番だな」

梓「・・・・・・・・」

律「あ・・・梓さん?もうお疲れでしょ~・・・ねぇ?」

梓「澪先輩。お願いしますね」

澪「はいよ」ガシッ

律「い~や~・・・・・・・」


こうして、第一次電気あんま騒動は幕を閉じた。
                                       糸冬



後日談

紬『唯ちゃん。もう少し、もう少しだから』

唯『ぁっはぅっ・・・・・・うぅ~・・・・』

ガチャッ・・・パタン、ガチャリ

紬『脱ぎ脱ぎしましょうね~♪』

唯『ム、ムギちゃん!?どうし・・・・ま、待って出る!』

紬『はい!』

サッサッサッ

シャー

唯『はぁぁぁぁぁああ・・・・・って、ムギちゃん!?』

紬『大丈夫、大丈夫だから』

唯『はう~////』


終わり