~憂の部屋~

純「…zzz」

憂「純ちゃん、寝ちゃったね」

梓「前からそうだったけど、寝付きが良すぎるよ」

憂「どうしよっか…」

梓「まだ9時でしょ、私は眠れないと思う」

憂「じゃあ眠くなるまでは、2人でお話しでもする?」

梓「う~ん、でも隣りで騒いじゃうと純に悪いから」

梓「下のリビングで何かしてようよ」

憂「そうだね、じゃあゲームでもしよっか」



~リビング・2時間後~

憂「梓ちゃん、何食べてるの?フリスク?」

梓「そ、眠気覚ましにね」

梓「憂も食べる?」

憂「私もちょっと眠くなって来たんだけど」

憂「でもスースーするのは苦手かな」

梓「じゃあこれを食べてみて?スースーはしないから」

憂「ほんとに?」

憂「…」ポリポリ

憂「あ、ほんとだね、甘くて美味しい~」

憂「でも、これじゃ眠気覚ましにならないよ?」

梓「あはは、確かにそうだったね」

梓「でも、良かったらもっと食べてみて」

憂「うん、ありがとう」

梓(口腔内崩壊錠とも知らずに…ふふふ)

梓「憂?」

憂「…」

梓「憂?」

憂「…zzz」

梓「寝たみたいだね」

梓「万が一目を覚ましても、縛っておけば抵抗も出来ないでしょ」

梓「でもロープなんて無いだろうから、どうしようか…」

梓「お風呂場にタオルがあったかな?あれで十分だよね」


ギュッ…ギュッ…

梓「これで良しと」

憂「…」

梓「これだけやって目を覚まさないんだから、大丈夫そうだね」

梓「本当はベッドでしたいんだけど、運ぶのは流石に無理かな」

憂「…」

梓「ふふっ、可愛い寝顔」

梓「…」

梓「ごめん、憂」

梓「これから私は憂に酷い事をしちゃう」

梓「でも、憂がいけないんだよ?」

梓「ずっとずっと憂の事が好きだったのに…」

梓「憂は全然気が付いてくれないんだもん」

梓「何時も唯先輩の事を楽しそうに話してる憂を見て」

梓「私がどんな気持ちでいたのか…」

梓「憂には分からないだろうね」

梓「…」

梓「ごめん、そんなの全部私のわがままだよね」

梓「じゃあまずは、どうしようかな」

梓「最初は…キス?」

梓「憂は…キスはした事があるのかな…」

憂「…無いよ」

梓「えっ!?」

梓「嘘…何で目を覚ますの…」

梓「ずっと眠ってて貰う為にあれを飲ませたのに…」

憂「そっか…何だか頭がぼ~っとしてるけど…」

憂「あれはそういう風な物だったんだね…」

梓(1回眠ったら目を覚まさないとか、そういう効果は無かったの?)

梓(どうしよう、もしかしてさっき言ってた事も全部聞かれてたんじゃ…)

憂「梓ちゃん…」

梓「な、何?」

憂「ごめんね」

憂「全部聞こえてたよ…梓ちゃんの言ってた事」

憂「梓ちゃんの気持ちには、全然気が付いてあげられなかった…」

憂「だから…ごめんなさい…」

憂「お詫びって訳じゃ無いんだけど…」

憂「もしどうしてもしたいんだたら…何をしても良いよ…」

憂「それで梓ちゃんが満足するんだったら…私はそれでも…」

憂「良い…から…」

憂「…」

憂「…zzz」

梓「憂…」



~翌朝~

憂「…ん、んん~」

憂「…」

憂「あれ?どうしてリビングで寝てるのかな?」

梓「憂…」

憂「あ、梓ちゃんおはよう」

梓「あの、昨日の事なんだけど…」

憂「昨日?あ、ごめんなさい梓ちゃん」

憂「ゲームをしてて、私そのまま寝ちゃったんだね」

梓「えっ…」

憂「お布団もかけてくれたんだ、ありがとう」

梓(何も覚えてないの?)

梓「あの…1つ聞きたいんだけど」

憂「何?梓ちゃん」

梓「昨日の事…ううん、そうじゃない」

梓「憂は唯先輩の事、どう思ってるの?」

憂「えっ…あの、どうしてそんな事を急に聞くのかな?」

梓「ごめん憂、正直に答えて欲しいんだ」

憂「…」

憂「好き、大好きだよ」

憂「誰よりも好き、1番好きな人がお姉ちゃんだと思う」

梓「そっか…」

憂「でもそういうのって、変だよね…」

梓「ううん、変じゃないよ」

梓「憂なら大丈夫、唯先輩は絶対にその気持ちを受け止めてくれると思う」

梓「だから思い切って言った方が良いよ」

憂「そ、そうかな…///」

梓「私も応援するから、頑張って!」

梓(憂…ごめん、本当にごめんなさい)

梓(昨日の事、覚えてないんだったら話さない方が憂の為だよね)

梓(でもその代わり、罪滅ぼしって訳じゃないけど…)

梓(憂の事が本当に好きだったら、私がやる事は1つしか無い)

梓(唯先輩の事、精一杯応援するよ!)


憂「ありがとう、梓ちゃん」

憂「じゃあお礼に…ちょっと横を向いて?」

梓「え?う、うん…」

チュッ

梓「!」

憂「ほっぺたでも、ちょっと恥ずかしいね」

梓「憂、まさか昨日の事…」

憂「さあ、今日は何して遊ぼっか?」

憂「あ、その前に純ちゃんを起こして来ないとね」フフフ


おしまい