唯「オェ……吐きそう…」

律「おい、唯どうした?」

唯「さっき食べた……ウプッ……玉子焼きが」

律「玉子焼き?……作ったの誰だ?」

澪「私達は憂ちゃんとカレーを作ってたからな」

律「ってことは…」チラ

梓「わ、私、作ってないですよ!」

唯「もどし……ちゃおっかな……ハァハァ」

憂「だ、大丈夫?お姉ちゃん…」


梓「……」


律「薬飲むか?唯?」

憂「じゃあ、薬出してきます」

唯「待って憂……オェッ……クスリ嫌……」

澪「唯を見てたら私まで気持ち悪く…」

梓「……」

憂「お姉ちゃん…おトイレ行く?」

唯「そうする……ウッ………」

憂「立てる?」

唯「ありがと…うい…」

律「唯のことは憂ちゃんに任せるとして、原因を探そう」

梓「や、やめましょうよ!そういうのは」

澪「いや、原因は知っておいたほうがいいだろう」

律「唯はこの玉子焼きを指していた」

澪「ふむふむ」

律「と言っても見た目は良いし、ニオイは……」クンクン

律「大丈夫」

梓「ですよね?大丈夫ですよね?」

澪「玉子焼きが一個しか減ってないってことは食べたのは唯だけか」

律「こうしないか?ジャンケンで負けた奴がこの玉子焼きを食べるってのは?」

澪「おいおい…」

梓「い、イヤですよ」

律「やっぱりお前らはこの玉子焼きが原因だと思ってるのか?」

澪「唯が言ってたし…」

梓「ち、違います!それが原因じゃないです!」

律「おっ?梓が異議を申し立てたぞ」

梓「」キリ

澪「…」

律「じゃあ2対1ということでジャンケンけってーい」

梓「タマゴヤキハチガウタマゴヤキハチガウタマゴヤキハチガウ」

澪「ったく…」

律「つーことで、最初はグー……ジャンケンぽん!!」

澪「…」

梓「…」

律「うわああああああああああ」

澪「り、律が言ったんだからな」

梓「」ヨッシャー

律「わーかったよ、食べればいいんだろ食べれば!」

律「……」

澪「」ジー
梓「」ジー

律「」パク

律「モグモグモグモグ」


律「…ふぐぉ」


澪「り、律?」

梓「…」

律「あれ……?うまいぞ、普通に美味いぞ」

梓「ほ、ほんとですか?」パァー

澪「モグモグ」

澪「確かにウマい」

梓「あれでも……唯先輩はさっき……?」

律「唯の様子を見にトイレに行ってみるか」


律「唯、大丈b」
澪「へ?」
梓「ぇ?」


唯「ちゅ…ん…うい……すき……んっ」

憂「っん……お、お姉ちゃん…皆のところに戻らないと…」

唯「もっとしようよ…ういー……ちゅっちゅ」

憂「ちゅっんんっっ お姉ちゃん…おねえちゃんっ………ぁ……」


梓「……」
澪「……」

律「唯ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」


おしまい