澪の部屋

澪「な…」

律「そんなにパンツ見られるのが嫌ならパンツはくなよ」

澪「な、何言ってんだ律…」

律「だって澪パンツ見られるの嫌だからライブしたくないって言うじゃん」

澪「そ、そうだけど…その理屈はおかしい!」

律「もう決めました!明日はパンツはくの禁止!」

澪「はああああっ!?そんなのできるわけ…」

律「もしはいてきたら軽音部退部だからな!じゃあな!」ガチャ

澪「絶対やらないからな!」

律「じゃあ退部だなー」バタン

澪「…」

~~~~~~~~~~~~~~

澪「…」ソロソロ

澪(うぅ…スースーする…)

澪(今風が吹いたら終るな…)

律「おーっす澪!」

澪「きゃあ!…り、律」

律「ん?どうしたんだよ」

澪「な、なんでもない!びっくりしただけだ!」

律「ふーん…」

澪(まさか律の奴昨日言ったこと忘れてる…?)

澪(ハッ!よく考えたらあんなこと本気で言う訳ないし…あああ何やってんだ私は!!)

~~~~~~~~~~~~~~~

唯紬「澪ちゃんりっちゃんおはよ~」

律「おーっす」

澪「おはよう…」

澪(ああ…こんなに笑顔を向けてくれてるのに私スカートの下はすっぽんぽんだよ…)

唯「そういえば昨日ね~…」

澪「へ~」

澪(唯…お前が今笑顔で話し掛けてる相手はノーパンなんだぞ)

律「あ、澪ートイレいこうぜ」

澪「あ、ああ」

~~~~~~~~~~~~~~

澪「ったく、朝家でしてこいよ」

律「何言ってんだ、早く早く」グイッ

澪「えぇ!?」

バタンガチャ

澪「り、りつ…?」

律「どれどれ」ピラッ

澪「!!!!!!????」

律「ちやんとはいてないな、よしよし」

澪「やめ…やめろ!」ガツン

律「あうっ!」

澪「まったく…」

律「いやまさかほんとにノーパンだとはなー」

澪「…」

律「唯達が知ったらどう思うかなー」

澪「!」ビクッ

律「あの恥ずかしがり屋の澪ちゃんがこんな変態だったなんて!」

澪「…やめて…」ウルッ

キーンコーンカーンコーン

律「あ、早く帰ろうぜー」

澪「…」

~~~~~~~~~~~~~~

先生「この文章は大事ですよー」

澪「…」

澪(うぅ…椅子が…当たって…)モゾモゾ

澪「…ん、ん…」モゾモゾ

律「…」

先生「じゃあ秋山さん読んでください」

澪「!…はい」ガタッ

澪(あ…みんなの視線が私に集まってる…)ドキドキ

澪「雨にも負けず、風にも負けず…」

澪(こんな大勢の人前でパンツはいてないんだ…)ゾクッ

先生「はいありがとう」

澪「…」ガタッ

~~~~~~~~~~~~~~

トイレ

律「澪さっき興奮してたんじゃねー?」

澪「な…っ」

律「みんなに見られてるとか思ってさ」

澪「そんなこと…」

律「ほんとに?」スルッ

澪「あ…っ」ビクッ

律「やっぱり濡れてんじゃん」ヌルッ

澪「や…ちが…」

律「何が違うんだよ、ノーパンで人に見られて興奮したんだろ?」

澪「ちがう…ちがう…」

律「うぇっへっへ、体は正直だぜ」クチュ

澪「ぅあっ!」ビクッ

律「正直に言えよ、興奮してただろ?」グチャグチュ

澪「…あっ、ちが…ちがう…んっ」ビクッビクッ

律「こんなに濡らしてるくせに」

澪「うぅ…っ」

律「素直じゃないなー」グチュグチュ

澪「んあっ、やめ…っふあ、もうやめ…」ビクンッ

律「…」クリクリ

澪「な…っあ、なんかいえ…りつ…っふぁ!も、もう…」ビクンビクン

キーンコーンカーンコーン

律「あ、チャイムなった」ピタッ

澪「え…」

律「じゃーな澪!急げよー」バタン

澪「…あ…」

澪(こんな中途半端な…)

澪「はっ!急がないと…」

~~~~~~~~~~~~~~~

先生「この問題はさっき教えた…」

澪「…」ハァハァ

澪(スースーしてるのに熱い…)

澪「んん…」クネクネ

澪(あ…擦れて…きもち…)クネクネ

澪「…ん、んっ」ハァハァ

律「…」

~~~~~~~~~~~~~~

唯「次は体育だよ~」

澪「た…体育!?」ビクッ

紬「どうしたの澪ちゃん、体操着忘れたの?」

澪「あ、いや…持って来てるよ」

律「今日は跳び箱らしいぜー」

唯「え~バレーがよかった~」

~~~~~~~~~~~~~~

澪(素早くズボンをはいて…)ズルッ

唯「わぁっ、澪ちゃん気合い入ってるね!」

澪「ま、まあな!」

紬「もしかして跳び箱得意?」

澪「いや…どっちかっていうと苦手…」

~~~~~~~~~~~~~~

ピーッ

唯「とうっ」ダダダダタ

唯「いだっ」ドスッ

唯「えへへ…ジャンプ台でつまずいちゃった…」

紬「唯ちゃん大丈夫?」

ピーッ

律「うおりゃー!」ダダダダダ

律「ほっ」ダンッ

唯「おおう…」

紬「りっちゃんすごーい♪」

律「わははー」

ピーッ

紬「…」ダンッ

紬「きゃ!」ドシン

紬「跳べなかった~」

唯「どんまいどんま~い」

律「唯よりはマシだったぞー」

ピーッ

澪「…」ダダダダタ

澪「あっ」ドシン

澪(し、振動が…)ハァハァ

澪「んっ」ズリズリッ

唯「澪ちゃんどんま~い」

紬「惜しかったわー」

律「気持ち良かった?」

澪「な…っ」カァッ

唯「え?何が?」

澪「な、なんでもない!」

~~~~~~~~~~~~~~

唯「おわったー!」

紬「部室いきましょ♪」

律「あ、先行ってて!澪行こうぜー」

澪「…」

唯「あの二人今日よくどっか行くね」

紬「そうね…」うっとり

唯「あれ?ムギちゃん?」

~~~~~~~~~~~~~~

トイレ

澪「今度はなんだよ…」

律「じゃじゃーん!」

澪「何それ…?」ビクビク

律「これは~」カチッ ヴィィィン

澪「!?」

律「遠隔操作マッサージ機具だ!」

澪「…それをどうするんだ…」

律「澪今日緊張して疲れてるだろー?ほぐしてあげるんだよー」グイッ

澪「や…っ!足広げるな…」

律「おーまる見え」

澪「やめ…」

律「おー濡れてて入れやすい」グチュグチュ

澪「あ…ああ…んん…」ガクガク

律「おいおいまだ入れただけだぜー」

澪「やあ…こんなの…りつぅ…」

律「えいっ」カチッ ヴィィィン!!!

澪「!!あっ、あああぁぁあ!!!」ビクンビクンッ

律「あ、間違えた」カチッ ヴィィィ…

澪「はぁっ、はぁっ…あっ、んぁっ…」ガクガク

澪「こんなの…」ハァハァ

律「あ、抜くなよ!抜いたらみんなにバラしちゃうぞー」

澪「…」

律「よしよし、偉いぞー」カチッ ヴィィィィン

澪「んあっ!!」ビクンッ

律「さっきから大声出してるけどいいのか?聞かれちゃうぞ」ヴィィィィ

澪「!ん、んっ、誰のせい…っあふっ」

律「んふふー、じゃあ部活行くぞー!」カチッ ピタッ

~~~~~~~~~~~~~~

律「おーっす!遅れてごめーん」

澪「…」ハァハァ

唯「先に食べてるよ~」

紬「はい、りっちゃんと澪ちゃんの分」

律「サンキュー」

澪「ありがと…」

梓「澪先輩大丈夫ですか?顔赤いですよ」

澪「だ、大丈夫!なんともな…んぁ!」ヴィィィン

梓「そうですか…?」

唯「ん~っ、おいしー!」

律「とろけるようだぜ!」

澪「…」ハァハァ

梓「そろそろ練習しましょうよ」

律「そうだなー」カチッ ヴィィィィン!!

澪「ひゃうん!!」ビクンッ

唯「どうしたの澪ちゃん?」

澪「あ、いや…ベースが思ったより冷たくて…」

唯「ひゃうん!だってかわい~もう一回言って!」

澪「やだ!」

律「言ってやれよ澪ー」カチッ ヴィィィィン!!

澪「ひゃうんっ!!!」ビクンッ

唯「かわい~」

律「じゃあ行くぞー!ワンツースリー!」

じゃかじゃか♪

澪「…んっ、んぅ…」ヴィィィィン!

澪(立ってるのがやっとだ…)ガクガク

澪「…っあ、ふぁ…はあぁ…」ビクンッビクンッ

澪「あ…あぅ…」ガクガク

澪(もう駄目だ…っ、イく…イっちゃう!)

じゃらーん♪

カチッ

澪「あ…」ハァハァ

梓「澪先輩ほんとに大丈夫ですか?」サスサス

澪「…ん、だいじょ…ぶ」ビクンッ





賢者モードなのでおわり