梓「だから抱きつかないでください!部長!部長も何か言ってください」

律「あ、いや・・・」

梓「・・・律先輩ちょっと!」

律「あ、おい引っ張るなって」

バタン

唯「出て行っちゃった・・・」


……

梓「律先輩!唯先輩にまた抱きつかれました!」

律「そうだな・・・」

梓「唯先輩のにおいがしてます!律先輩が抱きしめなおしてください」

律「いやちょっと、誰かに見られたら・・・」

梓「私のことなんてどうでもいいんですね・・・」

律「あ、いや、そういうわけじゃ・・・」

梓「キスまでしたくせに!」

律「あの時はちょっと雰囲気で」

梓「所詮お遊びだったんですね……」

律「あずs」

梓「だったら早くキスして下さい」



※作者別↓



律「わかったわかった。ほっぺでいいか?」

梓「唇に決まってるじゃないですか!んー」

律「唇っておま―」

律(仕方ねえ)

チュ・・・

律(梓の唇やわらけー)

律「ッチュ・・・んちゅ・・・はむ・・・ぴちゃ・・・」

梓「んん・・・はぁ・・・」

律「・・・ちゅ。ふぅ」

律(やべー気持ちよすぎて我を忘れてキスしちゃったよ)

梓「り、律先輩激しすぎます!///」

律「あ、ごめん」

梓「謝らなくてもいいです、さいごに抱きしめながら首にキスしてください」

律「サッとでいいなサッとで」

ギュッ

チュッ

梓「んっ・・・」

スタスタ

さわ子「あらーあなた達ーなにしてるのー?」


バッ

アセアセ

律「あ、いや、これはそのー」

さわ子「もしかしてあなた達そういう関係なんじゃ~」

律「ちげーよ!梓の服についてたゴミをとってただけだよ!」

さわ子「なんだ、つまらないわね」

律「つまらないって―」

さわ子「まぁあまり誤解されるようなことしちゃだめよ。じゃあね」

スタスタ



※作者別↓


律「部室戻ろうぜ」

梓「・・・」

律「なんだよ、まだ何か―」

梓「さっき私達そんな関係じゃないって・・・酷いです・・・」

律「ごめん」

梓「謝っても許しません。パンツ」

律「は?」

梓「パンツ脱いでください。今日の部活が終わるまでノーパンで過ごしてください」

律「そんなことできるわけ―」

梓「全部バラしますよ」

律「言えよ!誰が信じるか!それに何も悪いことしたわけじゃねぇ!」

梓「これでも?」

スッ

律「なんだよそれ・・・いつの間に撮ったんだよ!」

梓「さっき律先輩が私の唇を貪ってる時にですよ。ムービーもあります」

梓「ほら見てくださいよ。律先輩可愛い、こんなに夢中になってキスしてる」

律「おい!」

梓「律先輩が嫌々やってるようには見えませんよ」

律「くっ!」

梓「脱いでください」

律「・・・わかったよ」

スルッ

律「脱いだぞ」

バッ

律「あっ」

梓「じゃあこれは私が預かっときますね」

スンスン

梓「ふふっ。これが律先輩の匂いですか。あ、少しシミがある」

律「・・・」

梓「じゃあ部室に戻りましょう」

律「あぁ」

スタスタ

ガチャ

唯「あ、戻ってきた」


梓「じゃあ練習しましょうか」

唯「えーもうちょっとお茶しようよー」

梓「部長、部長からも練習するように言ってください」

ゴソゴソ

梓がポケットから律のパンティをチラつかせる

律「れ、練習しようぜ!ティータイムはもう終わり!」

唯「律ちゃんまで!ぶーぶー」

梓「ほら唯先輩立ってください、練習しますよ」

梓「律先輩、スティック取ってあげますね」

律「あ、ありがとう梓」

梓「はいどうぞ」

スッ

律「サンキュ―」

ポロッ

カランカラン

梓「あ!すいません律先輩!ニヤニヤ」

律「あぁ、いいっていいって」

律(くそっ!しゃがむだけなのに見えてないか気になっちまう!)



律(演奏する時は後ろだから大丈夫だな、よかった)

梓「チラ・・・チラ・・・」

澪「梓、さっきから後ろ気にしてどうした?」

梓「あ、いやなんでもないです。チラチラ」

澪「また見てる。何かあるのか?チラー」

律(わ!澪こっち向くな!)
バッ

澪「律、足閉じてどうしたんだ?それじゃ演奏できないだろ」

律「あ、いやーあははー」

梓「ふふっ。にやにや」


律「よーし、今日はこのへんにしとこうぜー」

澪「そうだな」

律「帰ろう帰ろう!」

律(の、乗りきった・・・)

梓「律先輩、パンツ返さなきゃいけないし残ってくださいね」

ボソボソ
梓が律に近寄ってきて耳打ちをする

律「わかった」


律「みんな先帰ってて。ちょっと生徒会寄らなきゃいけなかったわ」

澪「そうか」

紬「律ちゃんじゃあねー」

梓「律先輩さようならー。にやにや」

律(おい梓!お前まで帰ってどうする!パンツ返せよ!)

梓「あ、忘れ物してきちゃいました。私、取りに戻るんでここでさようならしときます」

澪「ん、そうか。じゃあな梓、また明日」

梓「はい、また明日」

紬「梓ちゃんさようなら」
唯「あずにゃんバイバイー」



律「くそーどうすりゃいいんだよ、ジャージでも履いて帰るか?」

カチャ

梓「あなたの梓が戻ってきましたよ~」

律「よかったー、ほっ。さっ早くパンツ返してくれ!」

梓「ふふ、来る途中に隠してきました」

律「隠したっておま―

梓「出してほしかったら最後にひとつだけお願い聞いてください」

律「また変なこと言い出すだろ。もういいよジャージの下はいて帰るから」

梓「待ってください!さっきの動画も消しますから!」

ピクッ

律「・・・ホントか?」

梓「はい、消します。律先輩の目の前で消しますから最後にひとつだけお願い聞いてください」

律「わかった」

梓「机に座ってください」

律「まぁいいけど」

梓「じゃあ次に足を開いてください」

律「そんなことしたら見えちまうだろ!」

梓「私しかいないんだからいいじゃないですか」


未完