梓「練習しましょう!」

唯「今日は無理~…」

梓「どうしてですか?毎日練習すればその分だけ実力が…」

紬「まぁまぁ、お茶の後にでも…」

梓「そうやって甘やかすからダメなんです!」

和「まぁ梓ちゃんも落ち着いて…」

梓「これが落ち着いていられますか!」

唯「あずにゃん…」ダキッ

澪「そんなことで落ち着くわけ…」

梓「…」ホワワン

澪「落ち着いたーーーー!」

澪「だいたいどうしてそんなに怒ってたんだ?」

梓「…もっと本格的にやってるものだと思ってて…」

梓「皆さんを見てると…なんかアイドルがタバコ吸ってるのを見るような気分に…」

和「…ごめんなさいね、ちゃんと練習するから」

梓「私こそ…急に怒ってしまって…」

唯「あずにゃんは悪くないよ」サッ

梓「ケーキはやめてください」

唯「パクッ」

梓「…」シュン

唯「…」サッ

梓「…!」パァァ

紬「可愛い♪」

澪「じゃあ梓のために特訓しよう」

唯「えー…」

紬「じゃあピクニックに行きましょう♪」

澪「練習しに行くんだぞ?」

さわ子「そうしましょう!」

唯「さわちゃん先生!?」

さわ子「よーし、そうと決まったら善は急げ、今週末ね!」

澪「だから練習…」



──────────

澪「というわけでピクニックに行くことになったんだけど…」

澪「まったく困った顧問だよな~」

律「…」

澪「もちろんお前も行くよな」

律「…」

澪「じゃあおやすみ」

律「…」



ピクニック当日

唯「今日は晴れて良かったね~♪」

さわ子「これでこそみんなの衣装を作ってきた甲斐があるってもんよ!」

梓「…」

澪(まずい…梓の機嫌が…)

唯「はい、鯛焼きだよ~」

梓「…!」パァァ

澪「梓、鯛焼き好きなのか?」

梓「はい!」

梓「そういえば澪先輩」

澪「ん?」

梓「そのぬいぐるみは?澪先輩のイメージ的に気になって…」

澪「ああ、こいつは律って言ってな、私の友達なんだ」

梓「…?」

澪「正確には私の友達の代わり…こいつと話してると律と話してる気がするんだ」

梓「…(ロマンチスト…?)」



梓「和先輩、紬先輩、澪先輩のぬいぐるみなんですけど…」

和「その話は…」

梓「なにか引っかかることでもあるんですか?」

紬「実は律さんはもう死んでるの…」

梓「え!?」

和「澪も分かってはいるんだろうけど…」

紬「梓ちゃんも澪ちゃんが現実を受け止められるまで待ちましょう」

梓「…です…」

和「え…何?」

梓「絶対ダメです!そんなの…」

和「ちょっと梓!」

梓「そうやって現実を見せないで、あなたは幸せだと嘘ついて!」

梓「それは偽善です!本人のためにはならないです!」

紬「でも…」

梓「先輩方は真実を伝えるのが怖いだけです!私が伝えます!」

紬「待って…梓ちゃん…!」


8