ジャーン♪

客「ワー!」パチパチ

澪「あ、ありがとう!」

ズイッ

紬「あ…」

澪「きゃああああ!」

バターン

唯「澪ちゃん隠して!まる見え!」

澪「…あ…きゃああああああああ!もうお嫁にいけないいいいいい!」



──────────

澪「律…もう私はダメだ…」

律「…」

澪「もうお嫁に行けない…」

澪「もう寝る…おやすみ…」

律「…」



新学期

澪「あ…和と同じクラス…」

和「今年はよろしくね、澪」

澪「ああ、よろしく」

唯「私はムギちゃんと同じクラスだよ~」

紬「よろしくね、唯ちゃん♪」

唯「うん!」



和「澪、新入生に配る紙できた?」

澪「う、うん…」

紬「あらあら、今年も絵が小さくなってるわよ」

澪「やっぱ一人じゃ無理だ…」

唯「んじゃ私がいろいろ書き加えてあげるよ~」カキカキ

和「『毎日お茶会やってマス!』って…軽音部の売りじゃないでしょ…」

唯「えへへ~♪」

澪「そういえば軽音部の売りって何だろう…」

さわ子「売りが無ければインパクトで勝負よ!」

和「先生、いたんですか」

さわ子「ええ、ずっと」

唯「インパクトってどうするの?」

さわ子「これよ!」

和「動物の…着ぐるみ…?」



唯「軽音部でーす、ライブやりまーす!」

紬「ぜひきてくださーい!」

和「あ、そこの人、怖がらないでください」

澪(…恥ずかしい)

梓「…」

唯「そこの君!軽音部のライブ来ませんか!?」

梓「…!(何、この人たち…)」

澪「別に怪しいものじゃないんだ…これを…」

梓「…(軽音部…)」



憂「純ちゃん、ここが軽音部の部室だよ」

純「ワクワクするな~♪」

ガラッ

唯「おかえりなさいませ~」

和「先生!やめてください!澪が死んじゃいます!」

澪「きゃああああ!お嫁にいけなくなるぅぅぅぅ!」

さわ子「待ちなさ~い!」

憂純「…」



憂「この人が私のお姉ちゃんの唯です♪」

唯「よろしく~♪」

純「よ、よろしく…(この人は変な人っぽい…)」

憂「この人が紬さんで、この人が和さんで、さっき走って行ったのが澪さん」

紬和「よろしく」

純(他の人はそうでもないのかな?)

和「澪も抵抗せずにコスプレしちゃえばあんなことにはならないのに…」

紬「でも恥ずかしがってる澪ちゃんが可愛いわ♪」

純(前言撤回…!)



憂「…どう…だった…?」

純「う、うん…考えておくね…じゃあまた」

憂(…これは望み薄かな…)

憂「あ、同じクラスの梓ちゃん…ですよね」

梓「…そうですけど」

憂「良かったら軽音楽部のライブに行きませんか?」

梓「…」

憂「私のお姉ちゃんが出るんです♪」

梓「考えておきます…」



ライブ当日

唯「…私カスタネットとかやろうと思ってました~」

和「ワン、ツー…」

唯「あ、でもカスタネットはダメなんですよ~!」

澪「コミックバンドか!」

唯「あはは、ごめんごめん、じゃあいきま~す!」

~♪

梓「…(すごい…)」

憂「あ、梓ちゃん来てたんだ~」

梓「…うん」



唯「こないね~」

和「ライブは盛り上がってたのに…」

紬「寂しいわ…」

澪「やっぱりあの着ぐるみが…」

ガラッ
梓「あの~、入部希望なんですけど…」

唯「あ!どうぞ入って入って~!」

紬「お茶用意しますね~♪」

梓「…え…あの…」

さわ子「あ、新入部員の子ね~」

梓(先生来ちゃった…お茶とか大丈夫なのかな…)ドキドキ

さわ子「私は紅茶ね~」

紬「は~い♪」

梓(先生が率先して!?)

さわ子「あなた、猫耳が似合いそうね」

梓「え…はぁ…(何言ってんのこの人ーーーー!?)」

澪「ごめんな~、この先生頭おかしいんだ~」

梓「は、はぁ…」

さわ子「邪魔しないでよ秋山さん!」ブー

唯「ほらほら~にゃんにゃん!」

紬「次私~♪」

和「せっかくだから私も」

梓(私は試されてるのか…?だとしたらこれは着けないとダメな気がする…)

梓「やります!私が着けます!」

澪(ええええええええ!?)

スチャ

さわ子「私の目に狂いはなかったわね!」

唯「にゃ~んって言ってみて♪」

梓「にゃ…にゃ~ん…」

唯「今度からあだ名はあずにゃんに決定だよ~!」ダキッ

梓「…にゃ!何するんですか!」

和「唯のいつもの癖みたいなものだから」



──────────

澪「律、やっと新入部員が入ったんだ」

澪「梓っていってな、小さくて可愛い子だよ」

律「…」

澪「お前より小さいんだよ、お前は可愛くないしな!」

律「…」

澪「冗談だよ、それじゃあおやすみ」

律「…」


7