澪「学園祭も近いし、先生にオリジナルの曲を聞いてもらおう!」

唯「おうさ!」

和「演奏は合宿で完璧になってきたしね」

紬「じゃあ私先生呼んでくるね」




さわ子「…曲はまあまあだけど、歌は?」

澪「あ…」

和「誰が歌う?」

唯「パチッ♪(ウインク!)」

澪「わ、私は嫌だ!恥ずかしい!」

和「じゃあ…」

唯「ニコッ!」

和「…紬は?」

紬「私は…キーボードで精いっぱいだし…」

和「私は初心者だし…」

唯「フンス!」

和「…唯、やりたいの?」

唯「べ、別にやりたかったわけではないんだけどね!みんなができないって言うんなら…」

和「じゃあボーカルなしにしましょうか…」

唯「うそです!歌いたいです!」

澪「じゃあ私は歌詞書いてくる」

さわ子「決まりね、じゃあ私は服を作ってくるわ!」

和「先生…それは…」



──────────

澪「歌詞か…どうしようかな…」

澪「なあ律…どんな歌詞がいいかな…?」

律「…」

澪「…律には歌詞なんて書けないよな」

律「…」



次の日

さわ子「歌詞はできたの?」

澪「できたにはできたんですけど…」

さわ子「どれどれ…」

澪「あ…」

さわ子「…!!ぐ…背中がかゆい…」

和「澪って…」

唯「すごい!可愛い歌詞!」キラキラ

紬「…!(澪ちゃんイメージと違って可愛い!)」キラキラ

澪「…そ、そんなに良かった?」

さわ子(ここは良いって言ったほうが若く思われるのかしら!?)

さわ子「澪ちゃん、GJよ!」

和「…えー」



唯「あー、ギター弾いたら歌えないし、歌ったらギター弾けない…」

澪「初心者なのに歌おうとするからだぞ」

さわ子「じゃあ唯ちゃんは私の家で猛特訓ね!」

和「先生…無理させ過ぎないでくださいよ…」

さわ子「分かってるって!」



学園祭前日

さわ子「ふふふ…完璧にできるようになったわよ!唯ちゃん!」

ジャガジャガジャン♪

澪「難しい部分まで完璧!?」

唯「ぎみをおもうどー」

澪「ズコー」

唯「練習しすぎちゃった♪」ガラガラ

さわ子「練習させすぎちゃった♪」

和「仕方ないわね…澪、お願いできる?」

澪「へ…?わ、私…?」

和「澪なら歌詞も覚えてるし、元々上手いから歌えると思うわ」

澪「…」キョロキョロ

紬「頑張って♪」

唯「がんばれ~」ガラガラ

澪「…仕方…ない…や、やるよ…」



──────────

澪「律…どうしよう…私が歌うことになっちゃった…」

律「…」

澪「私にできるかな…」

律「…」

澪「律…お前がいてくれたら…」

律「…」



学園祭

澪「…」

紬「澪ちゃん、澪ちゃんなら大丈夫よ」

澪「…」

和「しっかりして澪、あなたが歌うのよ」

唯「ごめんね~」ガラガラ

澪「も、もうだめだあああああ!」

紬「ほ、ほら…お茶とお菓子よ!」

澪「アリガトウ…」ガタガタ

唯「お、お茶こぼれるよ!」ガラガラ

和「これは相当ね…」

紬(どうにかしてあげないと…)

紬「じゃあ…MCは唯ちゃんに任せましょう!」

唯「MC?」ガラガラ

和「曲の合間に喋ることね」

唯「私そういうのは得意だよ!」ガラガラ

唯「まずはドラムのボーイッシュメガネガール!真鍋和~!」ガラガラ

和「ふふ」

唯「次にキーボードのほんわかお嬢様!琴吹紬~!」ガラガラ

紬「いえーい♪」

唯「そしてボーカル&ベースの恥ずかしガール!秋山澪~!」ガラガラ

澪「…」

唯「そして私がやる時はやる天然系天才美少女!ギターの平沢唯で~す!」ガラガラ

澪「自分だけ評価高すぎるだろ!」

唯「最後にこの子が私の恋人!ギー太~!」ガラガラ

澪「その紹介はいらん!あと名前つけてたんかい!」ポカッ

唯「えへへ~、澪ちゃん緊張解けた?」ガラガラ

澪「あ…ありがとう!」



さわ子「みんな居るわね~」
バァン

唯「あ、さわちゃん先生!」ガラガラ

和「さわちゃん先生って…」

さわ子「衣装できたわよ~♪」

澪「ひっ…そんなの着れない…恥ずかしい…」

和「先生…せっかく秋山さんが緊張解けたのに…」

さわ子「緊張なんてすることないのよ~、逆に着ちゃえばそのノリでできるわよ~」

唯「これ可愛い~」ガラガラ

紬「素敵ね~♪」

澪「は、はは…なんだか楽しくなってきた…」

和(澪が壊れた…!!)



『それでは、次は軽音楽部の発表です』

澪「…ヤバイ…もうだめ…」

紬「大丈夫よ、澪ちゃん♪」

唯「私達が付いてるよ!」ガラガラ

和「観客はトマトだと思えばいいのよ」

澪「…え、パイナップルじゃないの?」

和「…え…パイナップルは初めて聞くけど…」

澪(そうか…あれは律が…)

澪(律…私頑張るよ!)


6