澪「・・・・・・」

律「・・・・・・・」ソワソワ

澪(・・・・律、言い出しにくそうだな・・・・。よし、・・・ここは私が・・・)

澪「あ、あの・・・・」

唯「あのねみんな!」

澪「!?」

律「ん、ど、どうした唯?」

唯「あのね・・・・あずにゃんが、・・・あずにゃんに子供ができたの」

澪・律・紬「!!!」

澪(な・・・・そんな、馬鹿な・・・・!)

紬「・・・・・・そう、梓ちゃんが・・・・」

澪(律・・・・・?律・・・どうするんだ・・・・!?)

律「まさか・・・・梓が妊娠なんてなぁ・・・・」

澪(律・・・・!駄目だ!ちゃんと言わなきゃ駄目だ!!)

澪「は?みんな何言ってんだ?妊娠?梓が?いつ?誰の?」

紬「それで・・・梓ちゃんは?」

唯「一人で考えたいって・・・・今日は学校を休んでるよ」

紬「そう・・・・」

澪(待て待て待て!!お前等何すんなり受け入れてるんだ!!)

唯「・・・・・どうするの?ムギちゃん」

紬「・・・・・・・・・」

律「・・・・・・・」

澪(律・・・・・・)

澪「お、おいおい、冗談だろぉ~?みんなしてまた私をからかって~」

唯「どうすんのって聞いてんだよムギちゃん!!!!」

紬「・・・・・・・・・」

唯「黙ってちゃわかんねぇだろうがあぁぁ!!なんとか言えよ琴吹紬ィィィイッ!!!!!」

紬「わ、私は―――――」

紬「私は、元々梓ちゃんが好きでそういうことしたわけじゃなくて・・・」

唯「ッ!!――――」

律「唯!よせ!!」

澪「ぐっ・・・・ゆ、唯!!えらそうな事言ってるけどお前だってな――――!?」

律「やめて・・・・言うな、言わないでくれ、澪」

澪「な、なんでだよ律!!今言わないと!!」

律「いい・・・・いいんだ、しばらく、しばらく一人で考えるから・・・!」

澪「り、律・・・・!!」



唯「じゃあいいよ!!あずにゃんの子供は私とあずにゃんで育てるから!!半分はあずにゃんの血が流れてるんだもん!愛せるよ!」

紬「・・・・・えぇ、なら・・・・そう、して・・・・」

唯「――ッ!さいてー!!さいてーだよムギちゃん!!!」

紬「・・・・・・・」

唯「わかった!!もういい!私はあずにゃんと一緒に生きてくから!!」

澪「くっ・・・・ぁ、、あぁあああああ!!!いい加減にしろよ唯イィッ!!!」

唯「!!?」

律「や、やめてくれ!!澪!!」

澪「止めるな律!!このままじゃお前一人が不幸になる!!!」

唯「な、さっきから・・・何の話を・・・・」

澪「律はなぁ!!!唯!!お前の子供を妊娠してるんだよッ!!!!!」

律「澪!!!」

唯「えっ!!?」

澪「梓と生きてくだぁ!?律は!!お前の子供がお腹にいる律はどうなるんだよッ!!」

唯「う、・・・嘘・・・・」

澪「嘘!?何が嘘なもんか!!ふざけるなよ!さっきから聞いてれば自分の都合しか考えないでベラベラと!!」

律「澪・・・・・澪・・・・もういい、もういいんだ・・・・・」

澪「律はなぁ!!私たちの関係を壊したくなくて!!ずっと一人で悩んでたんだ!!」

澪「梓が妊娠したなんてお前が言い出すから!!相談したかった事も一人で抱え込もうとして・・・!!」

澪「聞いてんのかよ唯!!どうするんだよ!!まさか律を放っておいて梓と仲良く暮らすって言うのか!?」

唯「・・・・・・・・」

澪「黙ってちゃわかんねぇがろうがぁぁあ!!なんとか言えよ平沢唯イイイィィィイッ!!!」

律「もう・・・もうやめてくれ・・・・お願いだ・・・・・澪・・・・」

澪「律・・・・・・・」

律「ゆっくり考えよう・・・ゆっくり、さ・・・・」

唯「・・・・・・・」

律「私は、放課後ティータイムを壊したくないんだよ・・・」

紬「・・・・・・」

律「みんな、仲良くしてくれよ・・・・」

澪「・・・・・・」

律「な・・・、頼むよ澪・・・・」

澪「・・・・あぁ、分かったよ・・・・。怒鳴って悪かったな・・・・唯・・・・」

唯「う、ううん・・・・私も・・・勝手な事ばっかり言った・・・。ムギちゃんも・・・怒鳴ってごめん」

紬「・・・・いいえ、最低なのは本当のことだし・・・・」

律「あぁ・・・それでいい、それでいいんだ・・・・ぅ、うぅっ・・!!っぷ・・・・!!!」

澪「り、律っ!!」

唯「ひっ・・・・り、りっちゃ・・・・」

律「うぇっ・・・・うげえぇぇえええ・・・・」

澪「ムギっ!!先生を!!早く!!」

紬「えっ、えぇ!!」

澪「律っ!!大丈夫か律っ!!」

律「大丈夫・・・・平気だ・・・・」

律「この子達は、産んでみせる・・・」

唯「・・・・」



―――――

律はさわ子先生が病院へ連れて行った

私は付いていくといったが、律はさわ子先生だけで大丈夫だと言って私を止めた

部室に残ったのは唯、ムギ、私の3人

しばらくして、ムギが言った

「ケーキ余っちゃうけど、折角だしお茶入れるわね・・・・」

そういって3人分のケーキと紅茶を用意した

その日は明太子ケーキでも明太子ティーでもなかった

誰も口をつけなかった

次の日、律も梓も学校へ来なかった

部室は3人だった

ケーキと紅茶は3つだった

次の日も

次の日も

ケーキと紅茶は3つだった



数週間が経った

ケーキと紅茶は3つだった

部室は静寂に包まれていた

――――



これがこの数週間の出来事だ

さわ子先生に聞いたところ、律も梓も病院にいるのは確かなようだ

だが、誰も会いにいかない。会いにいけない

あれから何一つ話は進んでいない

みんな自分がどうすればいいのか答えが出ていないのだ

もちろん私も

律に会ってなんと言えばいい?

いや―――

それは違う―――

私は、全てをもう決めている



気が付けば私は階段を下り終わっていた。長いようで短い回想だったようだ

一階の廊下を歩き、昇降口へと向かう

今から私は、律に会いに行く

誰にどう思われようとも、私はもう決めたのだから

あぁ、私はよっぽど時間をかけて階段を降りていたらしい

後ろから普通に追いつかれるなんて

今日に限って声をかけてきたのもやっぱりそういうことか

こいつはたまに妙に鋭かったりするからなぁ

でも私はもう決めたんだぞ

誰にどう思われようとも、私はもう決めたのだから

だから・・・・邪魔をするなよ・・・・


   澪「唯」 

  唯「・・・・・」 



~ 第二部 完 ~



9