――――

律「唯、梓を追っかけったきり戻ってこねーなー」

澪「待ってても仕方ないさ、律、一緒に帰ろう」

律「ん、あぁ~・・・・んじゃ帰るかー」

紬「私はもうちょっとだけ二人を待ってみるわー」

律「そうか?んじゃお先な!ケーキごっそさん!!」

澪「じゃあなムギ」

――――



澪「・・・・」

律「・・・・」

澪(な、なんだか気まずい・・・)

澪(・・・・律はどういうつもりでいるんだろう)

澪(あんなに、私と数の子で愛し合ったのに、あんなに、明太子に喜んで・・・)

澪(もう、私のことなんて、どうでもいいのかな・・・・)

律「なぁ、澪」

澪「なっ!?なんだ!?」

律「・・・・私、思ったんだけどさ」

澪「う、・・・うん・・・」

律「明太子も、数の子も、魚の卵じゃん」

澪「ん・・・・・」

律「どっちも美味しい。どっちも気持ちいい。それでいいんじゃないかな」

澪「・・・・・」

律「自分勝手だって思うかもしれないけど・・・・、私、あの日・・・明太子の良さを身を持って知っちゃって」

澪「・・・・・」

律「澪にいっぱい愛してもらって・・・忘れたつもりになってたけど・・・今日のことで、思い出しちゃったんだ」

澪「・・・・・」

律「明太子も・・・数の子も・・・どっちも素敵な食材だよ・・・・。澪もそう・・・思わないか?」

澪(・・・・やっぱり)

澪(私さえ耐えれば・・・・全部、上手くいくんだ)

澪「あぁ、そうだな。明太子もいい食材だよ」

律「だ、だよなー!澪なら分かってくれると思ってたぜー!!はは、ははは!」

澪「当たり前だ。何年お前と一緒にいると思ってるんだ?律の事ならなんでも理解できるさ」

律「な、なぁんだよー!照れちゃうなぁー!!ははは!・・はは・・・うぅ・・・うっ・・・」

澪「律?」

律「なんでも・・・ない・・・・うぅぅ・・・うっ・・・・、澪、ありがとう・・・・・な」

澪「なんだよ泣くなよ・・・・そんなに喜ばれるとこっちが恥ずかし・・・・・・、・・・・律?」

律「うぅ・・・・っ・・・・うぅっ・・・!!うっ・・・ぐ・・・ぇ・・・・・」

澪「お、おい律!!どうした!!おい!!!」

律「う・・・・・ぷ・・・・ぇ・・・・・、っ・・・・おえ゛ぇ゛えぇぇっ!!!」

澪「律!律!!しっかりしろ!!」

律「うぇぇおぉぉばばあぁぁあ!!!げぼええっぇえぇぇあぼぼぇぁあっっ!!!」

澪「律ーーーーーっ!!」



――――

医師「田井中律さんは、妊娠しています」

澪「え・・・・・、ニン・・・・シ・・・・ン・・・・??」

医師「はい、こちらが、お腹の超音波写真です」

澪「・・・・う、うそ・・・・・・嘘・・・・・だ・・・・・」

澪「唯の・・・・唯の・・・・子・・・・・?ぁ・・・・あ・・・・あ・・・・・」

医師「それから・・・・」

澪「!?」

医師「お腹だけでなく、おデコも妊娠していますね」

澪「・・・え?お、おデコ・・・・!?」

医師「はい、こちらが、おデコの超音波写真です」

澪「これ・・・・・、これ・・・・、わ、私、・・・私と、律の・・・子・・・・!!!」

医師「同時に身体の二箇所が妊娠しており、母体に大変な負担がかかっております・・・」

医師「・・・・このままでは、母子共に危険でしょうな」

澪「な・・・・!そんな・・・・そん・・・な・・・・・・」



律「澪・・・・、私の身体、どうだって?」

澪「・・・・妊娠」

律「え?」

澪「・・・・・妊娠、してるって」

律「ほ、本当にか!?わ、私が澪との・・・・子供を・・・・・!!」

澪「・・・・・・」

律「澪・・・!澪・・・!一緒に大切に育てような!名前は何にする!?二人から一文字ずつ取って・・・蜜?いや、理緒か!?」

澪「違う・・・・、違うんだ・・・・・」

律「あ、もしかして男の子か!?そうだよなーさすがに男の子に理緒は・・・・」

澪「違うッ!!!!!!!」

律「!!・・・・み、澪・・・?」

澪「違うんだ・・・・!律は・・・・、私と、唯の子供を、両方妊娠しているんだ・・・」

律「えっ」

澪「お腹と・・・・・おデコに・・・・」

律「えっ」

澪「律・・・・・」

律「・・・・・」

澪「私は、律との子供を大切にしたい。律と一緒に育てたい」

律「・・・・・」

澪「このまま、両方とも成長してくると・・・・母子共に危険な状態になるって・・・・」

律「・・・・・」

澪「だ、だから・・・・・」

律「・・・・わたし、二人とも産みたい」

澪「えっ・・・・!?」

律「命に罪はないんだ・・・・私はどちらかを選ぶなんてできない」

澪「ばっ・・・・そんな!死んじゃうかもしれないんだぞ!!」

律「それでも・・・・、それでも、産みたい」

澪「それじゃ・・・・どうするんだよ!!私と、唯と!3人で一緒に!!二人を育てるっていうのか!!?」

律「・・・・・唯にも相談してみる」

澪「・・・・・!り、律・・・・・!!ぅ・・・・・ぅう・・・・・」



―――――

次の日、律は部活の時間にみんなに打ち明けて、唯と相談すると言っていた

      • 律はああ言うが・・・私は律を死の危険にさらす様な真似はしたくない

なんで、律は私を選んでくれないのかな・・・

唯との子供は偶然出来てしまったもので・・・私のは、愛し合って出来た子供なのに・・・

いや、・・・・何考えてるんだろう私は・・・・

だから唯の子供を堕ろせなんて・・・そんな酷い事を・・・・

そうだ、律の言うとおり、唯とちゃんと相談しなきゃ・・・

―――――


8