――――授業

さわ子「えーと、じゃあここの問題を・・・・・平沢さん!」

唯「ア゛ァ゛アァ゛ア゛ア゛アアア!!!!ア゛ア゛アア゛゛ア゛ァアア!!!!アアアア!!!!!!アアァァアァッ!!!!!!」

さわ子「平沢さん聞いてるの?ったくもう!平沢さん!お・き・な・さ・い!!」

唯「アァアアア゛アア゛アア゛アアアア゛ア゛アアアアア!!!!!!!アアアアアアアアアア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛アアアアア゛アアア゛アアアアアアアア!!!!」

さわ子「さわちゃんって呼ばない!はぁ・・・もういいわ、じゃあ、琴吹さん?」

紬「うふふふふふふふふふふふふふ」

さわ子「はい、正解ね!さすがね琴吹さん」

紬「うふふふふふふふふっふふ」

澪(すごいなさわ子先生・・・・何事もないかのように・・・・)

律「wwwホッwwwww」

澪「・・・・ん?なんだ律のやつ・・・・手紙?」

『ンホッwwwwwホホッwwwwwwホッ(帰ったら一緒に床と壁の数の子舐め取ろうな☆)』

澪「・・・ぷっ・・・くくっ・・・・り、りつぅ!!!ふざけるなよ!!」

さわ子「秋山さん!!なに騒いでるの!?」



さわ子「――はい、今日の授業はここまで、みんな宿題を忘れちゃダメよ?」

澪「聞いたか唯?律?ちゃんとやってこいよ」

唯「ア゛ア゛アアアアアアアァァッ!!!」

律「ッホwwww」

澪(唯が完全に基地外だけど・・・まぁ慣れればいつもとあまり変わらないな)

さわ子「あー、あと、ちょっと宿題とは関係ないんだけど」

澪(?)

さわ子「今朝廊下で一面に明太子を撒き散らした形跡がありました」

澪(!?おいおいおいさわ子ォ!!そこに触れちゃ駄目だよ!!空気読もうよ!!)

唯「・・・・・・」

律「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

澪(ど、どうする・・・もう手遅れか・・・?適当に流すか・・・)

澪「は?明太子?なんだそれ・・・」

澪(・・・本当になんだそれって感じだ・・・・明太子・・・律の純潔を奪った・・・・くそ・・・・)

さわ子「食べ物を粗末にした上に、掃除をしてくれた人にも迷惑をかける最低なイタズラですね」

澪(あぁ、律を深く深く傷つけた最低のイタズラだよ)

さわ子「みんなの中にはこんな事をする人はいないと思うけど、一応伝えておきます!こんなことは絶対にしないように!」

澪(いるんだなそれが)

ガタッ!!

澪(!?)

紬「うるせぇえええぇボゲエエエェ!!!!これでも喰らえやババァアアアアアアアア!!!!」

さわ子「ギャブッ!?」

澪(!!?)

唯「さわちゃんがそんな事言うなんて思わなかったよ!!ほいっ!!ほいほいっ!!!」

さわ子「ゥボォア!!」

澪(!?!?!?)

律「さわちゃんサイテーだぜ!!」

さわ子「フンギッ」

澪(律!?しょ、正気に戻ったのか・・・・?)



澪「み・・・みんな何やってるんだ!?先生!!大丈夫ですか!?」

さわ子「・・・・・・・・・・・・・・」

澪「せ、先生・・・・・?」

さわ子「予定を変更します」

澪「!?(先生?)」

さわ子「今から体育の授業を行います」

澪「!!?(は?)」

さわ子「今日やる競技はドッヂ明太子です」

澪「!?!!!?!?!?(め、明太子だって・・・・!?)」

律「ひゃっほーぃ!!さっすがさわちゃん!!話がわかるねぇ!!」

澪(り、律!?どうしたんだ・・・!?あんな目に遭わされた明太子に喜ぶなんて・・・!)

唯「わ~い!ドッヂ明太子なんて私はじめてだよー!!」

紬「私クラスのみんなでドッヂ明太子をやるのが夢だったの~」

澪(わ、わけが分からない・・・・)

澪「なにこれ・・・・・・・・・」



それから実際にドッヂ明太子が行われた

一言で言えば"最悪"な競技だった

勝ちも負けもない。ひたすら明太子をぶつけ合う競技

だが、みんなの顔には愉悦の表情が浮かんでいた

私にはわかる。あれは・・・性的快感を得ている顔だ

あろう事か、さわ子先生や律まで、明太子の魅力とやらに取り付かれてしまっているようだった

このクラスは・・・私以外の全員が明太子に取り付かれてしまったのか・・・

私はこの赤黒い淫猥な物体が律を汚したのだと考えると、触れるのも嫌だった

まとわり付く臭気に吐き気がした

飛び散る粒が肌にへばり付くと鳥肌が立った

真っ赤に汚れて喜ぶ律を見ると、涙が零れそうになった

澪「律・・・・・・」

しかし律が幸せならそれを私は受け入れるべきなのではないだろうか?

私さえ耐えれば、律は幸せ、みんなは仲良し、私さえ、耐えれば・・・

全ては上手くいくのかも知れない



――――放課後

唯「――ってなことがあったんだよ!」

律「楽しかったなぁ!ドッヂ明太子!」

唯「私、右肩はあがらないけど左でも結構投げられるんだよ!」

澪「あのぶつけられたときの・・・ぷちぷち!ってのがたまらないよな!!(私さえ、耐えれば・・・)」

紬「梓ちゃんとも一緒にやりたかったわぁ♪」

梓「ンギッ ゴッ ガギッ」

唯「えっ・・・・」

紬「梓ちゃん・・・・?」

梓「ンガッ! ギッ! ゴガギッ!!」

律「・・・・梓?」

澪「(そうか、梓はまだショックから抜け切っていないのか・・・)何言ってんのかわからんぞ梓」

梓「ゴギギッ ガッ!!! ンギギガギッ!!!」

紬「梓ちゃん・・・大丈夫?喉に何か詰まったの?」

梓「・・・・!!ゴッ・・・ィグッ・・・」

律「おい梓、なんのあそびだ?」

澪「あんまりふざけるなよー?(なんかもう、どうでもいいや・・・)」

梓「ッ!!ッ!・・・・ギッ!!!」

ダッ   ポロポロ・・・

紬「あっ!梓ちゃん!?」

律「行っちまった・・・」

澪「・・・梓、泣いてたな・・・・(ははっ・・・泣け泣け・・・律を汚した罰だ)」

律「まぁーいいか!そのうち戻ってくるだろ!お茶にしようぜー!!」

澪「(もう全部どうでもいいや)そうだな!ムギ!今日のケーキはなんなんだ!?」

紬「今日は明太子ケーキに明太子ティーにしてみたのー♪」

律「おっ!これは美味そうだなー!!」

澪「(そう、律さえ・・・)うめー!!」モグモグ



――律さえ、私のそばで笑っていてくれるなら



――全部、どうでもいい


7