――――放課後

唯「――ってなことがあったんだよ!」

律「楽しかったなぁ!ドッヂ明太子!」

唯「私、右肩はあがらないけど左でも結構投げられるんだよ!」

澪「あのぶつけられたときの・・・ぷちぷち!ってのがたまらないよな!!」

紬「梓ちゃんとも一緒にやりたかったわぁ♪」

梓「ンギッ ゴッ ガギッ」

唯「えっ・・・・」

紬「梓ちゃん・・・・?」

梓「ンガッ! ギッ! ゴガギッ!!」

律「・・・・梓?」

澪「何言ってんのかわからんぞ梓」

梓「ゴギギッ ガッ!!! ンギギガギッ!!!」

紬「梓ちゃん・・・大丈夫?喉に何か詰まったの?」

梓「・・・・!!ゴッ・・・ィグッ・・・」

律「おい梓、なんのあそびだ?」

澪「あんまりふざけるなよー?」

梓「ッ!!ッ!・・・・ギッ!!!」

ダッ   ポロポロ・・・

紬「あっ!梓ちゃん!?」

律「行っちまった・・・」

澪「・・・梓、泣いてたな・・・・」

律「まぁーいいか!そのうち戻ってくるだろ!お茶にしようぜー!!」

澪「そうだな!ムギ!今日のケーキはなんなんだ!?」

紬「今日は明太子ケーキに明太子ティーにしてみたのー♪」

律「おっ!これは美味そうだなー!!」

澪「うめー!!」モグモグ



唯「・・・・・・あずにゃん」




梓「・・・・・・・・・・」

梓「・・・・・・イグッ・・・・イグッ・・・・イグッ・・・・」

ペチッ

梓「!?」

唯「やっぱりここにいたんだねあずにゃん」

梓「!!・・・・・」

唯「あずにゃんはここで私たちのライブを見て、軽音部に入ってくれたんだよね」

梓「・・・・」

唯「嬉しかったなぁー、すっごく」

唯「新入部員はもう駄目かなって諦めかけてたときに、こんなに可愛くてギターも上手い子がきてくれたんだもん」

唯「あのとき私にはあずにゃんが天使に見えたんだー。あはは~」

梓「・・・・・・・・」

唯「そして今も・・・・・、あずにゃんは私の天使だよ・・・・・」

チュッ

梓「!?」

唯「あはは~・・・そういえば私たち、まだキスしてなかったもんね」

唯「ファーストキスは・・・明太子味になっちゃったけど・・・・」

唯「あずにゃんは・・・こんな私をまだ好きでいてくるかな?」

梓「・・・ガッ・・・ィグッ・・・・・グッ・・・・ウッ・・・・うぅ・・・・あ・・・・」

梓「ぁ・・・・・ぅぁ・・・・・あ・・・・・、ゆ、・・・・ゅぃ・・・・せ、・・・・ぱ・・・・・」

唯「好きだよ、あずにゃん」

ペチッ ペチペチッ

梓「あぁ・・・・ぁああああぁぁ!!ゅ・・・ゆい・・・・、唯せんぱぁあぁぁい!!!!」

唯「あずにゃあぁぁぁん!!!!ほいっ!ほいほいっ!!」

ペチッ ペチペチペチッ

梓「ぁっ・・・んぁっ・・・唯先輩・・・唯先輩・・・・・唯先輩・・・・・大好きです・・・」

唯「それだけ?」

梓「あ・・・愛してます!!」

唯「うっふっふー!うれしいなぁ~ほいほいっ」

梓「ォギャッ!! 目ッ 目がッ!!」

唯「ふふぅー!どんなに目にぶつけてもあずにゃんは私のことを見ててくれるんだもんね」

梓「はい・・・・はい!私は何があっても、唯先輩だけを見続けます!!」

唯「あずにゃん・・・・」

ペチペチッ

梓「んっ・・・///唯先輩の明太子・・・気持ちいいです・・・・」

唯「んふふ・・・でしょ~」

梓「でもどうして左手で投げないんですか?左でも投げれるってさっき・・・」

唯「・・・・この右手は、あずにゃんだけのものなんだよ」

梓「・・・・!!」

唯「この右手で、ずっとあずにゃんを愛してきたんだもん。右手はあずにゃんにしか使わないよ」

梓「ゆい・・・・せんぱぃ・・・・・」

唯「あずにゃん、私、お医者さんにいくよ。そんで右肩を治して、またあずにゃんに弾けるくらい明太子をぶつけるよ」

梓「うっ・・・・うっっ・・・っ・・・せんぱい・・・・せんぱい・・・・」スリスリ

唯「そしてまた最初からやりなおそうよ。いっぱいあずにゃんを愛してあげる」

梓「はいっ・・・・!はいっ・・・・・!!唯先輩・・・・!愛してる・・・・・」

唯「あずにゃん・・・」

梓「あ・・・・先輩・・・///」

唯「手で・・・ゆっくり押し込んでも・・・・いいかな・・・・?」

梓「先輩・・・・私・・・・・私・・・・・・紬先輩に・・・・」

唯「いいんだよ、あずにゃん」

唯「たしかにあずにゃんの初めてはムギちゃんのものになっちゃったけど・・・」

唯「私は今もあずにゃんを愛してるんだもん・・・、だから、そんなの関係ないよ」

梓「せんぱぃ・・・・せんぱぁい・・・・」

唯「それじゃ・・・・いれるよ?」

梓「はい・・・・私を、先輩のものにして下さい・・・・・」

唯「あずにゃん・・・・」



パンッ!

唯「ッ!?」

梓「えっ!?先輩の右手の明太子が・・・・弾け飛んだ・・・・?」

唯「なに・・・何が起こったの・・・・!!」

唯「も・・・・もう一度・・・・」

パンッ!

唯「な・・・・なんで・・・・?」

唯「何で明太子が持てないの・・・・・!?」

梓「ゆ、唯先輩・・・・?」

梓「い、一体何がどうなって・・・・・・・・・ぅ、うぅっ・・・・!」

唯「・・・・あずにゃん?」

梓「ぅっ・・・・うぇっ・・・・・おぇえぇぇっ・・・・!」

唯「あずにゃん!あずにゃん!!どうしたの!!!?」

梓「うっ・・・・ぁ・・・・これって・・・・・」

唯「あず・・・・にゃん・・・・・?」



―――――

医師「中野梓さんは、妊娠しています」

唯「――――え? ニン、シン?」

医師「はい、こちらが超音波写真になります」

唯「・・・うそ・・・・・うそだよ・・・・・・!!」

唯「嘘だあああぁあぁぁぁぁぁああああ!!!!!」

―――――



梓「先輩・・・?どうでした・・・・・?私の体・・・・」

唯「・・・・・・」

梓「先輩・・・・?」

唯「ムギちゃんだよ・・・・・」

梓「え?」

唯「あずにゃんのお腹には・・・・ムギちゃんの子供がいるんだよ・・・・」

梓「・・・・・・ぁ・・・・・ぇ・・・・?」

唯「・・・・・・・・」



―――――

紬「・・・・・・そう、梓ちゃんが・・・・」

律「まさか・・・・梓が妊娠なんてなぁ・・・・」

澪「は?みんな何言ってんだ?妊娠?梓が?いつ?誰の?」

紬「それで・・・梓ちゃんは?」

唯「一人で考えたいって・・・・今日は学校を休んでるよ」

紬「そう・・・・」

唯「・・・・・どうするの?ムギちゃん」

紬「・・・・・・・・・」

律「・・・・・・・」

澪「お、おいおい、冗談だろぉ~?みんなしてまた私をからかって~」

唯「どうすんのって聞いてんだよムギちゃん!!!!」

紬「・・・・・・・・・」

唯「黙ってちゃわかんねぇだろうがあぁぁ!!なんとか言えよ琴吹紬ィィィイッ!!!!!」

紬「わ、私は―――――」



―――――

医師「それで、平沢さん、あなたの右肩・・・・いえ、右手なのですが・・・・」

唯「右手・・・・?私が治して欲しいのは右肩・・・・」

医師「いえ、右肩よりもおそらくこちらのほうが重要でしょう」

唯「・・・・・?」

医師「いいですか、気を確かに持って、聞いてください」

医師「・・・あなたの右手には、明太殺し(メンタイブレイカー)という能力が備わっています」

唯「明太・・・・殺し・・・・?」

医師「右手に触れた明太子、及びそれに順ずるものを一瞬のうちに消し去ってしまう能力です」

唯「な・・・・なにそれ・・・・・」

医師「これは病気ではありません。れっきとした特殊能力なのです」

医師「ですから・・・・肩のほうはともかく、その右手は、私には、治す事はできません」

唯「・・・・ぁ・・・・・」

唯「・・・・・なに・・・・・」

唯「なんでこんな・・・・・こんな・・・・・・・・・」

唯「ぁあああぁぁあああああああああああああああぁぁあああああッ!!!!!」




望まぬ特殊能力、明太殺し(メンタイブレイカー)を、梓を愛すると誓ったその右手に有してしまった唯

そして紬の子を妊娠してしまった梓

唯の運命は

紬の決断は

梓の子供は

一体どうなってしまうのだろうか・・・・



~ 第一部 完 ~



4