唯「え……」

澪「解決してない謎が……」

律「一体どういう事なんだよ、はじめちゃんよ~!」

佐木「まあまあ」ジー



金田一「これから一つずつ説明していくよ。みんな席に座ってくれ。おっさん、それにムギちゃんも」

美雪「……」カタッ

紬「……」カタッ

律「ん」ガタッ

剣持「よっ、と。それで、何がどうなっているんだ。お前から聞いた話で……犯人、共犯者。この二人の判明で事件は解決したんじゃないのか?」

金田一「もう一度、順を追って話すところから始めようか」



金田一「まず第一の事件だ。被害者は鈴木純。階段から落ちて……いや、落とされてか。どちらにしろ、事故のような事件だ」

金田一「犯人は、被害者を誤って階段から突き落としてしまい、彼女を殺害してしまう」

紬「……」

金田一「そしてその現場を……平沢憂に目撃されてしまった」

唯「……」

剣持「金田一、共犯者はその……平沢憂で確定なのか?」

金田一「ああ、第二の事件での犯行がそれを証明している。まあ、それは少し後回しにして……今は犯行を見つかった後の話だ」

金田一「犯人は焦ったはずさ。間違ってとは言え、人を殺した現場を見られてしまったのだから」

金田一「犯人か、共犯者か。どちらが促したかまではわからないが、二人は遺体を地下室まで運んだ……」

金田一「次の日、被害者がいなくなった事に気付き俺たちが彼女を探す事になる」

金田一「地下室で遺体を見つけ、事件が発覚」

金田一「助けを呼ぼうとするが……俺たちは嘘の電話にまんまと騙されてしまう」

紬「……ごめんなさい」

美雪「紬ちゃん……」



……。

金田一「そして、第二の被害者中野梓。彼女は、平沢憂によって殺害されたんだ!」

剣持「共犯者、か……」

金田一「ああ。そして、平沢憂が共犯者だという証拠がもう一つ。それは唯ちゃんが遺体の情報を知っていたからさ」

律「……ああ、さっきの推理の」

金田一「話を聞いた時、俺は平沢姉妹が共犯者同士でないかと……そう考えた」

剣持「つまり、三人で殺人現場を作り上げていた、という考えか?」

金田一「ああ。少なくとも、三日目が終わるまでは俺はそう考えていた」

金田一「しかし……三日目の終わりに事件は起きた。平沢憂が包丁で殺害されてしまった」

金田一「今までの事件は、それこそ一見事故のような……いや、計画性のない事件だった」

金田一「しかし、最後の事件だけは犯人は……明らかな殺意があって犯人に及んだ」

金田一「そうだろう、ムギちゃん?」

紬「……」

紬「私は、犯行の発覚を恐れて。共犯者だった憂ちゃんを殺しました」

紬「秘密がバレるのが、怖かったんです」

金田一「……その秘密とは?」

唯「……」

紬「……事件の前日、私は憂ちゃんに言われたんです」

紬「もうこんな事はやめよう。私は明日全てを話して自首する、って……」

紬「憂ちゃんから、金田一さんが唯ちゃんの部屋を訪ねてきたのも聞いていました」

紬「私は、限界でした」

紬「……そこからは、さっき話した通りです。包丁を持って、部屋に忍び込んで……私は憂ちゃんを刺してしまいました」

紬「そして、この事件は終わりです。終わり……なんです……」

唯「ムギちゃん……」

金田一「……」

剣持「なあ、金田一よ。一つ気になった事があったんだが……いいか?」

剣持「どうしてその、共犯者は犯人に協力していたんだ?」

紬「……!?」

剣持「普通に考えて、遺体を隠すのを手伝ったり、殺人まで行うのは……何か理由があったんじゃないのか?」

金田一「そう、俺が感じた違和感の一つがそれだった」



金田一「共犯者、平沢憂はなぜ犯人に協力したのか」

金田一「それは……推理した中で二つの理由がある」

金田一「まず一つ目……佐木」

佐木「はいっ、わかりました」

カチッ。

剣持「ん、なんだビデオテープか?」

金田一「ああ。この合宿の様子が撮影されたテープさ、まあ、とにかく見ててくれ」



唯『き~みが~い~ないと~』

唯「あ、私が歌ってるよ~」

澪「これは、一番最初の日?」

剣持「ふむ。楽器の演奏にボーカル……まるでプロモーションビデオだな」



律「お~、よく撮れてんじゃん~。お、間奏だ」

澪「なんだか、アップにされると恥ずかしいな」

唯「私ももっと映してよ!」

律「お前は間奏終わったらバッチリ映るんだからいいだろ~」

剣持「……」

金田一「さて、ここからは二日目だ。こっちのテープを見てもらいたい」

カチッ



紬『でも、地下の冷蔵庫内には冷凍されたお肉とかしか……お菓子類は何もないはずよ~』

澪「あ、ムギだ」

紬『あ、所有している別荘全てに似たようなお部屋があるの。中身も大体同じだって聞いたから……多分そうかなって』

紬「……確かに、こんなお話してたわね」

律「ん……そうだけど、さ」

紬『……じゃあ、お皿片付けちゃうわね』

唯「……あれ~?」



紬『大丈夫よ。お片付けしたら美味しいお茶を用意するわね』

澪「な、なんだよこれ! さっきまでの上手な撮り方と違って……」

紬『ふふっ』

律「な、なんでムギばっかりがズームで映ってるんだよ……!」

紬「……!?」

金田一「第一の殺人があった後、このカメラで撮られた映像のほとんどがこれだ」

剣持「お、おい。どういう事だ金田一!」

金田一「悪趣味なもんだよ、おそらく殺人で憔悴していく様子でも残しておきたかったんだろう」

紬『あっ、ありがとう唯ちゃん』

澪「この撮り方は……異常すぎるよ……」

律「……」



金田一「……二つ目の理由は、そこにいるおっさんが教えてくれたよ」

剣持「んっ、俺か?」

金田一「ああ。平沢家の人間には、全員に多額の生命保険がかけてあるって話さ」

澪「多額の」

紬「生命保険……?」

律「ち、ちょい待ち。平沢家の事情だったらさ、ムギに協力する意味は無いと思うんだけど~……」

律「そ、それにさ。今回はもしかしたら憂ちゃん、この合宿には来れなかったのかもしれないんだぜ?」

律「いくら姉妹の片方が残ったからって……なんか行き当たりばったりな殺され方じゃな~い?」



金田一「俺もそう思ったよ。でも、保険金目当てで殺しをするにしては、今回は条件が悪すぎる」

剣持「……まあ、高校生が高額保険の事を把握しているのも嫌な話だよな」

澪「その、条件が悪すぎるっていうのは……?」

金田一「まず、人目が多すぎるという事。わざわざこんな機会を選んで犯行に及んだとは到底思えない」

美雪「そうね、みんなが参加する合宿ですものね」

金田一「そもそも殺人をする事によって保険金を得るなんて……リスクが高すぎると思わないか?」

律「そうだな~。お金が手に入っても捕まっちゃあ意味ないし……」

澪「じゃあ、共犯者が殺されたのは……保険金はあまり関係ないとか?」


19