佐木「そろそろ終わりの方になりますね。最後に先輩が推理する辺りのテープになります」



澪『遅いぞ二人とも~』

唯『えへへ、ごめんごめん』

律『休んで、ちょっとは元気になったみたいだな~唯』

唯『うん。おかげさまで! もう大丈夫だよ!』フンス

美雪『……ねえ唯ちゃん。本当に体調悪くない? 無理しないで大丈夫なのよ?』

唯『ふぇ? 私は大丈夫だよ?』

美雪『……でも、何だか辛そうに見えちゃって。気のせいかしら?』

唯『そうだよ気のせいだよ~。私は大丈夫だから、気にしないでね?』

美雪『そう……ね。それならいいんだけど』

美雪「憂ちゃんが殺された後……ね」

金田一『彼女があの格好で、現場にいたのはなんでだろうか?』

律『だって、階段から落ちちゃったんだろ? だったら別に現場まで行かなくても……ほら』

律『そこの地下室の扉を開けて、一歩だけ踏み出して落ちちゃった可能性もあるんだろ?』

律『別に変な事は……』

金田一『想像してみなよ。風呂上がりの水分を纏ったような体でさ、明らかに冷たい空気が流れている場所に入りたいと思うかい?』

律『ん……あんまり』

澪『まあ、確かに……一歩踏み出してみようとは思わないかな』

金田一「……」

金田一『……地下室の存在を知っていた人物。それが第一の事件の犯人さ』

金田一『それは……あんただよ』

金田一『琴吹紬!』

紬『……』

金田一『あんたが鈴木純を殺害した……犯人だ』

澪『そ、そんな……』

律『ムギが……犯人』

唯『……』

ムギ『言い逃れは、しないわ』



佐木「……そして第二の事件の部分です」

唯『何にもないのに、廊下ばっか出ていたら不審者だよ~?』

律『い、いいんだよ! そこは犯人なんだからっ!』

金田一『おまけに、殺しに使える時間が15分以下だ。よほどいいタイミングで地下に向かわないと、この犯行は成立しない』

金田一『……要するにあの時間。犯人が情報無しに、中野梓を地下室で殺害するのは不可能なんだ』



美雪「メールをもらった、憂ちゃんが犯行を……ね」

金田一「……」



紬『……第三の事件は、完全に私一人の犯行です』

紬『鍵はここの……団欒室の引き出しにしまってある、マスターキーを使いました』

佐木「そして、犯人の独白……で僕のテープは終わりです」



紬『……』

紬『私は、共犯者の憂ちゃんを殺そうとしてました』

紬『まず最初に、私は憂ちゃんの部屋に向かって……中に入るとそこには唯ちゃんがいて……』

紬『ああ、唯ちゃんの部屋だ、と私はすぐに思いました』

紬『返り血を浴びないよう、体の上にシーツを何重かでかけて……そのまま……何度も、何度も』

紬『……』

金田一「……」

佐木「……これで、全部になります」



唯『……笑わないで、どうか聞いて』

金田一「……」

佐木「いやあ、憂ちゃんカメラの才能ありますよ。おそらく無意識でしょうけど、ちゃんと構図を考えて撮ってますもん」

美雪「……確かに、見易いっていうか。無駄がない感じの映像よね」

佐木「まあ、撮り方に関しちゃあ僕のが上でしょうけどね!」

金田一「へいへいわかったから……早く次のテープ入れてくれい」



佐木「おなじく、一日目の夜です」

美雪『でも本当にいいの? いきなり三人も泊まっちゃうなんて……なんだか悪いわ』

紬『気にしないで、部屋なら余っているから』

金田一『よかった~、フカフカベッドで寝られるぜ!』

美雪『もう……少しは遠慮しなさい』

金田一「なあ、これ本当に憂ちゃんのテープか? 撮り方とかそっくりって言うか……あんま違いわっかんね~んだけど」

佐木「視点が全然違いますよ? でも……やっぱり撮る技術があるんでしょう。先輩が自然にそれを受け入れてるのが証拠です」

律『まま、気にしない気にしない。賑やかなのはいい事だ』

紬『ええ。それに……雨もまだ止んでないみたいですし。外を歩くのは危険よ』

美雪「でも、本当にどっちが撮った映像かわかりにくいわね……」

佐木「それは大丈夫ですよ……確か、もうすぐ僕が、ほら」

佐木『僕もそう思います』ジー



佐木「こうやって、カメラを構えてる姿が映れば一発です」

美雪「ははあ、なるほどね」

金田一「……お。佐木、そろそろ終わるみたいだぞ」

佐木「あ、はい。じゃあ次は……えっと」

ガタンッ!

佐木「わっ! わっ!」

ガシャーン!



佐木「い、いててて……」

金田一「おいおい、平気かよお。あ~あ、テープがごちゃ混ぜ……」

美雪「だ、大丈夫佐木君?」

佐木「は、はい……で、でもテープが」

美雪「見事に混ざっちゃったわね……」

金田一「時間が無いってのに……しゃーねえ。確認して整理していくしかないな」

佐木「ううっ、すいません先輩」

金田一「じゃあ、早速このテープから……ほいっと」

カチッ。

金田一「……」

美雪「……」

佐木「……」

紬『でも、どうして冷蔵室に……』



金田一「……ん?」

紬『でも、地下の冷蔵庫内には冷凍されたお肉とかしか……お菓子類は何もないはずよ~』

美雪「……あら?」

紬『あ、所有している別荘全てに似たようなお部屋があるの。中身も大体同じだって聞いたから……多分そうかなって』

佐木「……?」

金田一「これは……」

美雪「ねえはじめちゃん、これって……」

金田一「……ああ」

金田一(これはおそらく他のテープにも……同じモノが映っているはず)

金田一(でも……まだだ。これは映っていてもおかしくない。何だ……何が足りないんだ……)



……。

佐木「両方のテープが、終わりました」

金田一「……」

美雪「はじめちゃんの言った通り……だったね」

金田一「ああ、でも……」

金田一(思い出せ、思い出すんだ金田一一……この違和感の正体を)

金田一(俺はそれを見ているはずだ。どこかで、どこかで、聞いているはずだ……)

金田一「う~ん……」

美雪「……はじめちゃん、具合大丈夫? 少し休憩したら……」

金田一「……!」

金田一「それだ、それだよ美雪!」

美雪「えっ、えっ? な……何の事よ?」

金田一「美雪、教えてくれ。どうしてあの時……唯ちゃんに体調を尋ねたんだ?」

美雪「あの時って?」

金田一「さっきだよ。俺が推理の話を始める前……お前、唯ちゃんに同じような質問してただろ?」

美雪「え……ええ。したわよ」

金田一「それはどうして!?」

美雪「だ、だって。彼女具合が悪そうだったから……それでつい聞いちゃっただけよ」

金田一「……」

金田一「佐木は気付いたか? 彼女のその様子に?」

佐木「いいえ。現にその後、彼女自身で言ってたじゃないですか」

美雪『……でも、何だか辛そうに見えちゃって。気のせいかしら?』

唯『そうだよ気のせいだよ~。私は大丈夫だから、気にしないでね?』

美雪「……フンだ。はじめちゃんにはわからなくて当然ね」

金田一「? 何怒ってんだよ」

美雪「知らないわよっ!」

金田一「……大事な事なんだ、頼むよ美雪教えてくれ。今はどんな小さな事でも知りたいんだ」

美雪「もう……わかったわよ」

美雪「実はね……」

美雪「私が思ったのは、その……」

美雪「お、女の子のデリケートな日だと……思ったから」

金田一「……はい?」

美雪「だ、だって! そう思えちゃったんだから仕方ないでしょ!」

金田一「……まあ、確かにな。あんまり男には気付かない事で……」

美雪「……もうっ!」

美雪「私は、あんなに様子だったから心配で声をかけちゃったの。それだけなんだから……」

金田一(ふ~ん……ん? その理由は?)

金田一「なあ、美雪。お前が声をかけたのってさ……」

美雪「言ったでしょ。具合が悪そうだったからって」

金田一「具体的には!?」

美雪「具体的って、それは……」

美雪「……」

美雪「……って思って」


!?


金田一「……そうか、そういう事か! 佐木、もう一度テープを確認するぞ!」

美雪「ちょっとはじめちゃん?!」

佐木「え、えっと。どのテープですか?」

金田一「決まってるだよ、お前が録画したテープを。もう一度全部をだ」



一階・団欒室

19時27分

ピンポーン。

全員「!」

「あ~、警視庁から来た剣持だ。ここを開けてくれないか」

紬「……来ちゃったわね」

……ガチャッ。

剣持「君たちか、この別荘に来ていたという女子高生たちは。代表者は?」

律「……はい」

剣持「ん。早速だが……琴吹紬、俺と一緒に来てもらおう。外にパトカーが待機している」

紬「……」

澪「ムギ……」

律「ムギ……っ!」

剣持「あ~、君たちは別に救助の者が来る。それまではここを動かないように」



剣持「……ん、金田一たちはどうした? 姿が見えないようだが」

紬「二階にあがったままよ。刑事さん、行くなら早く行きましょう」

剣持「……俺は警部なんだがな。まあいい、じゃあ……行くか」

紬「はい」

律「ムギ!」

紬「さよなら、りっちゃん。部活、私のせいでバラバラにしちゃってごめんなさい」

澪「ムギ……」

紬「澪ちゃん。あなたの歌詞に曲をつけるの……とても楽しかったよ。ありがとう」

唯「ムギちゃん……」

紬(最後に……もう一度だけ)

紬「唯ちゃん。あなたはお金なんかよりずっと大切なお友達。私の中で、あの日からずっとそう。これからも……変わらない」

唯「……ぁ!」

紬(さよなら、みんな……)

剣持「……おほん。手錠はしないでおく。さ、行くぞ」

紬「……はい」



(琴吹紬の背中が、一歩一歩と遠ざかる)

(時計の鐘が、静かに一回だけ鳴った)

(これで。私は……勝ったんだ)

(玄関の扉が閉まれば、この事件は本当に終わり)

金田一「……ちょっと待ちなよおっさん」

(!?)

金田一「またこの事件は終わっちゃいないぜ」

剣持「お、おお。金田一! 無事だったか!」

紬「金田一……さん」

剣持「しかし金田一よ。事件が終わってないって……そりゃあ一体どういう事だ!」

金田一「決まってるだろ。この事件を陰で操っていた……真犯人を暴くのさ!」

律「なっ!?」

唯「真犯人って……」

澪「も、もう事件は解決したんじゃないのかよ」

金田一「表面上は、ね。しかし……それは大きな思い違いだった。今からそれをみんなの前で証明する」

剣持「じゃあ……やったんだな、金田一!」

金田一「ああ」



金田一「謎はすべて解けた!」


18