唯「~♪」カチャカチャ

金田一「……っと、唯ちゃん、か」

唯「あっ。どうしたの~?」

金田一「ああ。ちょっと、水が飲みたくて」

唯「そっか~」

金田一「……ん、紬ちゃんは?」

唯「まだ厨房に残ってるよ。私、みんなのところに行ってるからねっ」スタスタ

金田一「……」



紬「……覚えてなくて、当然よね」

紬「私にとってはすごく感じた事でも、唯ちゃんにとっては……ある意味当たり前で、日常的な事だったんだもんね」

紬「……」

紬(それでも、友達だから……)

金田一「……ムギちゃん?」

紬「きやっ! き、金田一さん?」

金田一「驚かせちゃったかな、ごめん」

紬「う、ううん。大丈夫、大丈夫……」

金田一「……」

紬「……」

金田一「あのさ……その」

紬「はい?」

金田一「りっちゃんが、元気を出してってさ。心配していたよ」

紬「りっちゃんが……?」

金田一「ああ。澪ちゃんもさ、君の事を心配していたよ。ムギちゃんとは、ずっと友達なんだって」

紬「……うん」

金田一「……それで、唯ちゃんの事なんだけどさ」

紬「さっきまではここにいたけど……」

金田一「そこの廊下で会ったよ。お菓子を持って、みんなのところに向かっていたよ」

紬「そう……」

紬「さっき、唯ちゃんにね」

金田一「?」

紬「あの時……昔部室であった出来事の話をしてもらおうと思ったの」

金田一「……ああ、あのお金の問題の時の」

紬「うん。みんなと離れる前にもう一回だけ……親友の言葉を聞いて元気になりたかった」

紬「殺人犯が、甘えちゃうのも変な話だと思うけど」

紬「私は、唯ちゃんに……もう一回だけ。私を受け入れて欲しかったな……」

紬「……ぐすっ」

金田一「ムギちゃん……」



金田一「唯ちゃんは、その話を覚えていなかった?」

紬「……」

紬「何て事ない普通の会話ですもの、覚えて無いで当たり前」

紬「私にとっては特別でも、彼女にとっては……忘れちゃうくらいの、何でもない会話」

金田一「……」

紬「彼女が私の考えている事がわからなくても、私は……満足だから」

金田一(覚えていない。覚えて……)

金田一(なんだ……また違和感が。どうしてこんなに、胸がざわつくんだ……)

紬「……いけない。すっかり長くなっちゃった。お茶を運ばないと」

紬「金田一さんも一緒に飲むかしら~?」

金田一「……」

金田一(待てよ。もしも……もしもだ)

金田一(俺の考えが正しいとしたら……)

紬「金田一、さん?」



二階・金田一の部屋

四日目、午後17時40分

金田一「佐木っ!」

佐木「うわっ、ど、どうしたんですかいきなり?」

金田一「頼みがあるんだ、もう一度ビデオテープを貸してくれ」

佐木「テープ……ですか?」

金田一「ああ、おっさんが来るまで時間が無い。急いでくれ」

美雪「ど、どうしたのよはじめちゃん……急に」

佐木「わ、わかりましたよ。とにかくテープを持ってきますから」

金田一「あ、それと佐木。もう一つ……頼まれ欲しい事があるんだ」

佐木「えっ、なんです? それは」

金田一「それは……」



紬「えっ? 私のカメラの分のテープ?」

佐木「ええ、出来れば録画した分を全部……」

紬「えっと……カメラは憂ちゃんに渡したままだから。きっと憂ちゃんの部屋にあると思う、けど」

唯「私が寝ている部屋だね、確かにカメラもテープもあったよ~」

佐木「……じゃあ唯さん。テープの方をお願いできますかね?」

唯「うん、いいよ~。部屋まで行くから、ついてきて」スタスタ



二階・金田一の部屋

金田一「……」

佐木「先輩っ。お待たせしました!」

美雪「あ、佐木君」

佐木「言われた通り、借りてきましたよ。憂ちゃんが記録していたテープを全部」

美雪「憂ちゃんの? ああ、そう言えば……佐木君に負けず、よくカメラをまわしていたみたいだけど……」

金田一「時間が無い。早速用意してくれ」

佐木「はいっ」

美雪「はじめちゃん……一体どういうつもりなの?」



一階・団欒室

律「一体どういうつもりなんだろうな。はじめちゃんは」

紬「今さらビデオテープだなんて……」

澪「もう……事件は終わったじゃないか」

唯「きっと何か考えがあるんだよ~。あ、このお菓子おいしい」モグモグ

律「……唯は、いつでも平和だな」

澪「本当、よく落ち着いてられる。まあその方が……ムギにとってもいいんだろうけど、な」

紬「……ええ」

紬(唯ちゃんが美味しそうにお菓子を食べてくれるだけで……)

唯「……うん、美味し」



……。

(もう一度ビデオを見たところで、何になるんだろう)

(犯人はわかっていて、犯行の様子だってある程度は推理された通りだった)

(まったく、面倒な探偵だったよ)

(でも、この空間もあと一時間程で終わるんだ)

(これだけの事件の後だ。帰ってからは何かと大変だとは思うけれど……)

(今は、のんびりとお茶を飲んで警察の到着を待っていればいい)



(それで全ては終わるのだから)



金田一「……」

唯『き~みが~いな~いと~』

美雪「……ねえ、はじめちゃん。どうしてテープのチェックを? しかも紬ちゃんのカメラの方まで……」

金田一「犯人の、手がかりを探してるのさ」

美雪「え、でも犯人は紬ちゃんで……共犯者は憂ちゃんて、さっきの推理で……」

金田一「確かに、それで全ての犯行は説明できる。おそらくムギちゃんは嘘はついてないだろう」

金田一「……でも、何かが変なんだ。あの供述の仕方じゃあ、まるで犯人にして欲しい、だ……」

金田一「そして、嘘の電話をして逃げようとしたにも関わらず……一番殺人の要素が強かった第三の事件の犯行をあっさり認めた事」

金田一「……疑問をあげりゃあキリが無いぜ」

金田一「この事件には、まだ何かがある気がする……それを今から探すんだ」

美雪「はじめちゃん……」

唯『おも~いよ~と~どけ~』

憂『……』ジーッ

美雪「……って、なんで演奏してる唯ちゃんじゃなくて撮影をしてる憂ちゃんを撮ってるのよ!?」

金田一「……カメラに見とれてたんだとさ」

佐木「いやあ、おかげでいい絵がとれましたよ~」

金田一「……佐木、お前もなんか気付いたら頼むぞ。事件に関係ありそうなっ! 内容でな」

佐木「いやだなあ、わかってますよ金田一先輩」

金田一「ふぅ……じゃあ、次のテープを頼む」

唯『わ~い、久しぶりだな~ムギちゃんのお茶』

律『……昼時に飲んだばっかだろ~』

澪『でも、ムギが出すお茶は本当に美味しいからな』

金田一『……へえ。お嬢様かと思ったらそんな事まで』

佐木『先輩も何度か飲んでるじゃありませんか。何をいまさら』ジー

金田一『いやあ、あんまそういうのは気にしない質で……』

美雪『……もう、はじめちゃんたら』

憂『くすっ』ジー



美雪「……そっか。二人で同じ場所を撮ってるんだから、どちらかのカメラマンがテープに映るのよね」

佐木「撮ってる人間を撮るのは、家族で慣れてますからね!」

金田一「……」


金田一「……」

佐木「はい、あと少しですね。これは……三日目のテープになります」



唯『あ』

美雪『あら、みんな』

紬『ふふっ』

唯『じゃあみんなで行こう行こう~』

憂『……あれ? 澪先輩と律先輩は?』

金田一『ああ、あの二人は大浴場に行くって言ってたから……多分もう下にいるんじゃないかな』

美雪『……』ジロッ

金田一「……ああ、美雪に睨まれておっかけられた時のか」

金田一『……とと。早くご飯ご飯~と』ダダダッ

美雪『こら、待ちなさ~い!』ダダダッ

紬『あらあら、私も~』タタタッ

唯『えへへ~、ご飯~』スタスタ~

憂『もう。お姉ちゃんたら』テクテク~



金田一「……」

美雪「あれ?」

金田一「ん、どうかしたか?」

美雪「……ううん。なんか、変な感覚が。気のせいかしら?」

佐木「ふふっ、僕は気付きましたよ」

金田一「! 本当か、佐木!?」

佐木「ええ……七瀬先輩が気付いた変な感覚。それは……」

佐木「珍しく憂ちゃんがビデオカメラを構えていない、という事です!」

美雪「……」

金田一「佐木……お前なっ!」


17