金田一「食事中、ムギちゃんに質問してしまったのもその表れさ」



梓『あ、あの。ムギ先輩』

梓『気になったんですけど……あの地下室って一体何なんですか?』



律「……そうか、だから梓のやつ」

金田一「おそらく、夜になるまで色んな場所を調べていたんだろう」

金田一「しかし、どこか別の部屋で犯行が行われた様子は無い。これは俺も調べたからよくわかる」

金田一「……そして、夜になってから憂ちゃんにメールをして……遺体のある地下室へ向かったんだ」

金田一「おそらく、犯人にとって遺体を調べられる事が怖かったんだろう」

金田一「犯行の現場が違うにしろ、何か証拠が見つかってしまってはマズイと思った犯人は……」

唯「あずにゃんを……」

金田一「……」

紬「……」

金田一「一応……これが二件目までの流れさ」

澪「……」

美雪「……」

金田一「ところで、あの地下室なんだが……あそこに扉があるのを知っていた人はいたのかな……」

佐木「扉……ですか?」

金田一「……まず、一日目の途中からここに着いた俺たち三人は知るはずがない。現に俺も気付かなかったし……」

金田一「では、合宿に参加していたみんなはどうだろうか。律ちゃん」

律「……私は、知らない」

金田一「澪ちゃんは?」

澪「私も、知らなかったぞ」

金田一「……唯ちゃんは?」

唯「知らないよ~」

金田一「そして先ほどの質問から、中野梓もその扉の奥は知らなかった事になる」

紬「……つまり、何が言いたいのかしら?」

金田一「遺体の隠し場所を、知っている人物がいたかどうか、さ」

金田一「階段から落とした後の遺体をどこに隠すか。犯人は考えたはずさ」

金田一「首の骨が折れている状態だ、余っている客室に放り込むのも不自然だ」

金田一「他にいい場所もない……犯人は戸惑った。しかし、すぐに最適な場所を思い出す」

律「それが階段のある……地下室?」

金田一「ああ、そうだ」

澪「で、でもさ。さっきの話だと……」



金田一「……地下室の存在を知っていた人物。それが第一の事件の犯人さ」

金田一「それは……あんただよ」

金田一「琴吹紬!」

紬「……」

金田一「あんたが鈴木純を殺害した……犯人だ」

澪「そ、そんな……」

律「ムギが……犯人」

唯「……」

ムギ「言い逃れは、しないわ」


!?


金田一「……」

ムギ「考えてみれば、当然よね。みんなが地下室の存在を知らないって言っちゃえば……それまでですもの」

律「ムギ……」

金田一「俺が、アンタを疑った理由はもう一つある」

金田一「それは救援の電話さ」

紬「……」

金田一「俺が、ある知り合いの警察官から連絡を受けた……ついさっきの事さ」

金田一「この辺りで崖崩れなんて、全く起こってなかったんだろう?」

律「な!」

唯「そう……なの?」

美雪「本当なの、はじめちゃん!?」

金田一「……ああ。今ここに助けの車が向かってるよ。着くのはまだしばらくかかるみたいだけどさ」

紬「……」

金田一「考えてみれば、アンタはこの別荘内の事で中心になってよく動いていた……」

金田一「俺たちも、まんまとその印象に騙されたってわけさ」

金田一「おそらく、別荘にかかってきた電話も自分の携帯からかけていたんだろう」

金田一「なんなら、通話記録を調べてみてもいいんだぜ?」

紬「……その必要はないわよ。だってその通りなんですもの」

澪「ムギっ、一体どうして……!」

紬「ごめんなさい。怖かったの……一時間もしないうちに、私がどこかへ連れていかれて……一人になってしまう」

紬「そう考えたら、自然と嘘を並べていたわ……本当に、ごめんなさい……」

律「そんな事から……逃げたってなあ!」

律「いい事なんかあるわけないだろ! そうやって、私たちを騙しながら……楽しく……ぐっ」

美雪「律ちゃん……」

律「ぐっ、ちくしょー……楽しくても、悲しいじゃねーかよっ……バカ……ムギっ。ぐすっ」

紬「律ちゃん……」

紬「ごめんなさい、本当に。心配させてしまって、ごめんなさい……」

律「……ぐしっ。ところではじめちゃんよ~、さっき『第一の事件の犯人』って言ったよな?」

金田一「ああ」

律「もしかして、はじめちゃんはこう言いたいのかな。第二と第三の事件は、別の犯人がいるって」

澪「な……!」

金田一「その通りさ。でも、そう考えるまで苦労したぜ。それぞれの事件の中で……」

金田一「犯人が一人だと考えると、どうしても成立しない犯行があるんだからな」

律「それは一体……どういう事なんだ?」

金田一「ここからは、また中野梓の事件の話さ」

金田一「彼女の行動を思い返して欲しいんだ。彼女は地下室に行く前に……まず何をしたのか」

澪「……メール、だっけか?」

金田一「そう。平沢憂に地下室へ一緒に行くためのメールをした。すぐに返事が来て……彼女は一人で地下室に向かった」

金田一「憂ちゃんの話だと、最後にメールをしてから15分。この時間の間に殺された事になる」

澪「15分、か……」

律「意外と時間あるように思えるな~」

金田一「これが、メール上のやり取りって事を忘れちゃいけないぜ?」

金田一「なありっちゃん。そもそも、犯人はどうやって中野梓が地下に向かう事を知ったんだろう」

律「え……そ、そりゃあ扉の前で聞き耳立ててだな~」

澪「ただ廊下を歩く音だけで、判断出来るのか?」

律「う……ま、毎回廊下に出て確認してみるとか?」

唯「何にもないのに、廊下ばっか出ていたら不審者だよ~?」

律「い、いいんだよ! そこは犯人なんだからっ!」

金田一「おまけに、殺しに使える時間が15分以下だ。よほどいいタイミングで地下に向かわないと、この犯行は成立しない」

金田一「……要するにあの時間。犯人が情報無しに、中野梓を地下室で殺害するのは不可能なんだ」

唯「……」

律「情報があれば殺人できるって? どんな情報だよ?」

金田一「簡単さ。犯人は中野梓本人からのメールを見て地下に向かったんだからな」

美雪「え……それってもしかして犯人は」

金田一「そう。中野梓を殺したのは、メールをしていた平沢憂自身さ」

澪「じ、じゃあ……梓は」

律「メールしなきゃあ殺されなかったかもしれない……のか?」

紬「……金田一さん。ちょっといいですか?」

金田一「……」

紬「そもそも、どうして憂ちゃんが梓ちゃんを殺さなきゃいけないのかしら?」

紬「純ちゃんを殺した犯人は、私。憂ちゃんは殺人に関係なんか無……」

金田一「いいや、それがあるんだよ。この上ないくらいに、重要な関係がな」

紬「……」

金田一「佐木、ビデオをまわしてくれ」

佐木「はい、わっかりました」

カチッ。

紬『でも、どうして冷蔵室に……』

律「これは……」

金田一「三日目の聞き込みの時の様子さ」

憂『探検じゃないかな。純ちゃんて元気な子……だったから』ジー

唯「あ、カメラ……憂」

澪「唯……」ナデナデ

金田一「ここだ。よく聞いてほしい」

唯『ええ~。でもあんな格好で冷蔵庫開けたくないよ~……』

金田一「そして、ついさっきのこの発言だ」

唯『違うよりっちゃん。純ちゃんは最初バスタオルを巻いた状態で見つかったんだよ~』

律『ああね~。って……あれ、唯。どうしてそれ知ってるんだっけか?』

唯『? 憂に聞いたんだよ~』

紬「……この発言が?」

金田一「よく思い出してほしい。最初の話をした、三日目の時点で。純ちゃんの格好を知っていたのは、誰かっていう話さ」

金田一「まず、現場を直接見た俺と佐木は知っている」

金田一「そして……第一の事件の犯人、琴吹紬もその一人のはずだ」

紬「そう、ね」

金田一「じゃあ逆に知らない人物はどうなんだろうか?」

金田一「まあ、これは現場を見ていない人間。さっき名前が出た以外の人物が当てはまる事になると思う」

金田一「……ただ二人を、除いては」

澪「ふ、二人って?」

金田一「三日目に、服装について話していた人物。つまり……平沢唯、憂。この二人のどちらかが……第一、第二の事件の共犯者さ!」

唯「!」

律「唯と……憂ちゃんが? その理由は?」

金田一「……現場を見ていない人間が、被害者の服装の事を知るはずがない」

金田一「そしてさっきの話だ……もしも、本当に憂ちゃんが唯ちゃんに情報を教えていたとしたら」

金田一「毛布を羽織っていた状態だけでなく、パジャマでいた時の事を知っていた……平沢憂が第一の事件に関わった共犯者になる」

金田一「逆に、それが嘘だとしてもだ。服装の状態を知っていた平沢唯が第一の事件の共犯者になるんだ」

金田一「アンタは自分で、逃げ道を潰しちまったんだよ」

唯「……」

唯「えっとね、私は嘘ついてないよ。憂が私に教えてくれたの」

唯「こういう風に話合わせてね、お姉ちゃん、って……」

金田一「……」

唯「嘘じゃないよ? 私は憂に言われたままに動いただけだよ~」

唯「ね、ムギちゃん」

紬「……ん、そうね」

唯「でしょ~」

金田一(……確かに、この話が嘘だという様子は無い)

金田一(最初に姉妹の共犯を疑った、俺の推理も……結果的には正しかったわけだ)

金田一(間違ってはいないはずなのに、なんだ……)

金田一(これじゃあまるで、犯人を見つけて欲しい……だぜ?)



紬「……第三の事件は、完全に私一人の犯行です」

金田一(この後、琴吹紬の独白)

紬「鍵はここの……団欒室の引き出しにしまってある、マスターキーを使いました」

金田一(……このマスターキーについては、けいおん部が合宿場に到着した時、一番最初に説明を受けたんだそうだ)

金田一(鍵の管理は大事だからな、とりっちゃんが威張りながら言っていた気がする)

金田一(開けようと思えば、誰でも開ける事のできる密室)

金田一(……平沢憂は、そんな空間で殺されたのだ)

金田一(いや、鍵が開いていた時点で、密室でも何でもないのか……)

紬「殺してしまった理由は、やはり事件の発覚が怖かったからです」

紬「ごめんなさい、唯ちゃん」

紬「ごめんなさい……憂ちゃん……」

金田一(……全ての罪を告白した彼女は、その場に崩れさって)

金田一(仲間に抱き寄せられたまま、赤ん坊のようにワンワンと涙を流していた)

美雪「……終わったのよね、はじめちゃん」

これで、全てが終わり。

……しかし、俺だけはそう思っていなかったんだ。

金田一(……なんだ、この違和感は……)



紬「うっ……うっ……ぐすっ……」

金田一(事件はこれで終わった。犯人も明らかになった。それなのに……)

金田一(この、胸に引っ掛かるようなモヤモヤはなんだ……!)

金田一(事件は解決したはずだ)

金田一(……それとも)

澪「ムギ、ムギぃ……」

律「よしよし、わかったから。大丈夫だからな」

唯「ムギちゃん……」

金田一(まだ……事件は完全には終わっていないのか?)

……。


お仕事。
次書いたらきっと終わります。

とりあえず、事件は解決。
解決はしたけれども……な展開です。


15