二階・廊下

佐木「皆さん~。先輩から話があるみたいなんで……一階に集まって下さい」

律「ん?」

澪「団欒室でいいのか?」

佐木「はい。皆さん一緒に……って、あれ? メンバー足りなくないですか?」

紬「唯ちゃんは、ちょっと疲れたから休むって。結構前に部屋に……」

佐木「廊下で雑談してたんですか……」

律「ま、まあ。話が盛り上がっちゃって、ついな」

佐木「とにかく、一緒に下に来て下さい」

紬「……」

紬「あの、私。唯ちゃんを連れてから行くわね」

澪「ん……お願いしちゃっていいのか、ムギ?」

紬「ええ。大丈夫よ澪ちゃん」

律「じゃあ、下で待ってんかんな~」

紬「……」



二階・憂の部屋前

紬(さすがに……血まみれの部屋で寝るわけにはいかないものね)

紬(唯ちゃん、起きてるかな?)

コンコン。

唯「……は~い?」

紬「唯ちゃん。起きてる?」

唯「その声はムギちゃん? な~に、またお話?」

紬「一階でみんなにお話があるんですって。だから今すぐ部屋から出てきて欲しいの」

唯「……」

唯「今、他に誰かいる?」

紬「えっ? わ、私一人だけど?」

唯「……ちょっと入ってきて。私もムギちゃんにお話があるんだ」

紬「……」

ガチャッ。

唯「ね、お願い?」

紬「……」

紬「わかったわ」

唯「うん……」

紬「……」

唯「……」

紬「あ、あのっ」

唯「……ねえムギちゃん」

紬「は、はいっ?」

唯「昨日は、ごめんね」ペコッ

紬「……え?」

唯「ムギちゃんの事、話しちゃうとか言ってたけど」

紬「うん……」

唯「私からはね、もう何も言わないよ。昨日のお話はこれでおしまい」

紬「……どうしたの、いきなり?」

唯「憂がね、私に教えてくれたん。私を守ってくれた」

唯「……憂が死んじゃったのは悲しいけど、私はこうやってちゃんと生きているから」

唯「そして、ムギちゃんとはお友達でいたいから」

紬「唯……ちゃん」



紬「……私はいつも、唯ちゃんに助けられてばっかりね」

唯「?」

紬「今回だってそう。部室で話していたあの時だって……」

唯「?」

紬「ふふっ、もう、いいのよ。ありがとう唯ちゃん。私も唯ちゃんとはずっとお友達よ」

唯「……うん!」

紬「……そろそろ一、階に向かいましょう。みんな待ってるわ」

唯「そうだね、行こう行こう~」スタスタ

紬「ええ、行きましょう」タッタッタッ

紬(お友達だから……ね)



一階・団欒室。

四日目、17時2分

金田一「……」

美雪「二人とも遅いわね」

金田一(まさか、彼女たちに何か……)

タタタッ。

律「お、あの足音は」

紬「お待たせ~」タッタッ

唯「待たせてごめんなさ~い」スタスタ

澪「遅いぞ二人とも~」

唯「えへへ、ごめんごめん」

律「休んで、ちょっとは元気になったみたいだな~唯」

唯「うん。おかげさまで! もう大丈夫だよ!」フンス

美雪「……ねえ唯ちゃん。本当に体調悪くない? 無理しないで大丈夫なのよ?」

唯「ふぇ? 私は大丈夫だよ?」

美雪「……でも、何だか辛そうに見えちゃって。気のせいかしら?」

唯「そうだよ気のせいだよ~。私は大丈夫だから、気にしないでね?」

美雪「そう……ね。それならいいんだけど」

金田一「?」

律「さて、全員揃った所でさ」

律「……聞かせてもらおうかな、はじめちゃんの推理とやらを」



佐木「先輩、準備出来ましたよ」

金田「よし……」

律「ありゃ。もしかして本当に推理するの?」

澪「律、ちょっと黙ってろって……」

金田一「言ったろ、犯人はこの中にいるって」

美雪「犯人がわかったの?」

金田一「……ああ」

全員「……!?」

金田一「一番最初の事件から、順番に話していこうか」

金田一「事のはじめは地下室で被害者、鈴木純が見つかった二日目からだ」

金田一「俺はまず、現場の異変とその服装に注目した」

律「服装は覚えてるぞっ! ええっと……確か毛布を羽織っていて……」

唯「違うよりっちゃん。純ちゃんは最初バスタオルを巻いた状態で見つかったんだよ~」

澪「あれ? でも確か毛布を巻いたって聞いて……」

美雪「それは、確か憂ちゃんが発言したんじゃないかしら。ほら、梓ちゃんの遺体が見つかってから……」

律「ああね~。って……あれ、唯。どうしてそれ知ってるんだっけか?」

唯「? 憂に聞いたんだよ~」

金田一「!?」

唯「ほら、あずにゃんと一緒に地下に言った時にね。見ちゃったんだって」

唯「毛布の下の、格好をさ」

澪「そ、そうだったのか……」

律「憂ちゃんがねえ……度胸あるなあ」

金田一「……なあ唯ちゃん。他に憂ちゃんから聞いた事はあるかい?」

唯「ん~っとねえ……」

紬「……」

唯「話ながら、出てきたらお話するよ。あんまりいっぺんに話しても……ね」

金田一「……」

金田一「わかった。それじゃあ話を続けよう」

金田一「次は現場の異変についてだ」

金田一「彼女があの格好で、現場にいたのはなんでだろうか?」

律「だって、階段から落ちちゃったんだろ? だったら別に現場まで行かなくても……ほら」

律「そこの地下室の扉を開けて、一歩だけ踏み出して落ちちゃった可能性もあるんだろ?」

律「別に変な事は……」

金田一「想像してみなよ。風呂上がりの水分を纏ったような体でさ、明らかに冷たい空気が流れている場所に入りたいと思うかい?」

律「ん……あんまり」

澪「まあ、確かに……一歩踏み出してみようとは思わないかな」

金田一「しかも、地下に電気がついていない状態だったら尚更さ」

紬「……非常用として、常に電気がついている食料庫もあるけど。今回はスイッチで明かりをつけるタイプのお部屋よ」

金田一「普段も消灯を?」

紬「管理の都合上、そのはずよ」

律「ん~、真っ暗で冷え冷えじゃあさすがの私でも遠慮かな~……」

金田一「そうなった場合、どこが現場になるか。考えてみてほしい」

美雪「亡くなった理由が階段から落ちた、っていう条件なら……階段は……」

澪「この団欒室から、二階に繋がっている階段か!」

金田一「そう。おそらく犯人はそこの階段で彼女を殺害。そして……人目につかないよう、地下室まで運んだんだ」

律「殺害って……」

紬「……」

金田一「しかし……この犯行には『計画性が全く無い』んだよ」

澪「……それは、どういう事だ?」

金田一「考えてみなよ。本当に殺すつもりがあるなら、わざわざ階段から人を落としたりするだろうか?」

金田一「もっと人目につかない場所とか、遺体を隠す場所をもっと考えるもんじゃないかな?」

律「んん~、言われてみれば確かに……」

澪「じゃあ、最初の事件は一体……」

金田一「そこに興味をもったのが、中野梓だった」

金田一「彼女は、親友の死を嘆いていた。そして犯人を探そうと必死だった」


14