一階・大浴場

三日目、午後21時過ぎ

律「……ふい~」

澪「はあ、二度目二度目っと」

美雪「気持ちいいわね。私、ここのお風呂使わなかったから……ちょっと驚き」

紬「あら、遠慮しないでよかったのに~」

美雪「なんか、一人だと利用しづらくて……」

唯「じゃあ明日は一緒にお風呂入ろうよ!」バシャッ

律「うぺっ。お湯を飛ばすな唯!」

憂「もうお姉ちゃん、お風呂ではしゃいじゃ危ないよ」

唯「えへへ、は~い」

美雪「……ふふっ」

澪「……」ジーッ

律「ん、どったの澪しゃん。美雪ちゃんのお胸なんて見つめちゃって……」

澪「えっ! い、いや、その」

律「美雪ちゃんスタイルいいもんね~。身長高くて、胸もあって……そりゃあ見ちゃうよね~」

美雪「そ、そんな事……」カアッ

唯「でも本当にスタイルいいよね~。うらやましい」

憂「それは私もだよ、お姉ちゃん」シューン

美雪「そ、そんな事ないわよ。最近ちょっと太っちゃったし……澪ちゃんとか唯ちゃんの方がよほど立派よ」

律「……お胸が~?」

美雪「……もう! からかわないの!」

……。



二階・金田一の部屋

三日目、午後21時50分

金田一「……ん、廊下が騒がしいな」

佐木「多分みんなが戻ってきたんですかね」

金田一「みたいだな」

コンコン。

ガチャッ。

美雪「はじめちゃん、お風呂開いたわよ。よかったら……」

金田一「ああ、俺たちはもうシャワーですませちゃったからよ」

佐木「あとは寝るだけですよ」ジー

美雪「そうなんだ。じゃあ……」

金田一「あ、待ってくれ美雪。もう、みんな戻ってきたのか?」

美雪「ん。多分みんな部屋にいると思うわよ」

金田一「……」

美雪「じゃあ、私寝るからね。おやすみなさい」

金田一「ああ、おやすみ」

美雪「ちゃんと戸締まりはするのよ」

佐木「じゃあ、僕もそろそろ。おやすみなさい、先輩」

金田一「ああ、おやすみ」

佐木「先輩はまだ眠らないんですか?」

金田一「……ああ、俺はちょっと、な」

佐木「あんまり無理はしないで下さいよ。じゃあ、おやすみなさい」

金田一「ああ」

バタン。

金田一「……」

金田一「さて、どうすっかな……」



二階・唯の部屋前

三日目、午後22時10分

金田一「……う~ん」ウロウロ

金田一「……よし」

コンコン。

金田一「……」

唯「は~い」

金田一「あ、夜にすいません。金田一なんですけど……」

唯「あ、今開けま~す」

ガチャッ。

唯「? どうかしたの~?」

金田一「ちょっと話があるんだけど。いいかな?」

唯「ん~……まあ、まだ眠くないからいいかな。どうぞ~」

金田一「すんません、お邪魔します」

唯「……それで、お話って? やっぱり事件の事かな?」

金田一「ああ」

唯「もしかして犯人がわかったとか!?」

金田一「犯人……犯人ね」

唯「うん。あずにゃんと純ちゃんを……その、殺した犯人……早く見つかるといいな」

金田一「……」

金田一「そもそも、どうして犯人は殺人を犯したんだろうな」

唯「ん~、その人の事が嫌いだから……かな?」

唯「あとは、その人がいたら嫌なんだよきっと」

金田一「純ちゃんも誰かに嫌われていた?」

唯「……それはあんま無いと思うよ~。嫌いだったら呼ばないしさ」

唯「あずにゃんだって、みんなのアイドル的存在だよ。殺される理由なんて……」

金田一「もし……殺される理由が無いとしたら」

唯「……」

唯「……」

唯「事件じゃ、ない?」

金田一「そう、もう一つの可能性。最初の殺人が……もし事件でなく事故だったら」

唯「事故……」

金田一「あれから自分なりに調べてみたんだ。今のところ、純ちゃんが殺される理由は……俺にはわかっていない」

金田一「そこで俺はこう考えたんだ」

金田一『彼女は……本当に事故で死んだんじゃないか、と』

唯「……あの、地下の階段から落ちて?」

金田一「いや、純ちゃんがあの階段から落ちた可能性は低いと思うんだ」

唯「え、どうして?」

金田一「彼女の格好さ」

唯「……あ、そう言えばちょっと話していた気がするね」

金田一「あれ~、そんな話したっけか?」

唯「ほら~。みんなで事件のおさらいをしてた時……話題に出たじゃん」

金田一「……ああ、唯ちゃんと憂ちゃんが話してくれたやつか」

憂『純ちゃんは……毛布がかかっていたくらいです。それ以外は何も……ううっ』

唯「……あれ? 憂のその話は覚えてるけど、私何か言ったっけか?」

金田一「唯ちゃんは……ほら」

唯『ええ~。でもあんな格好で冷蔵庫開けたくないよ~……』

金田一「自分の発言なのに、忘れちゃったのかい?」

唯「ああ~、ね。結局私も憂とおんなじ事言ってたから、思い出せなかったよ」

金田一「……」

金田一「本当に……憂ちゃんはそれと同じ意味で言ったんだろうか?」

唯「え……」

金田一「考えてもみろよ。憂ちゃんは、地下で梓ちゃんと純ちゃんが死んでいるのを見たはずさ」

唯「……」

金田一「だから、横になっている純ちゃんの様子を知っていてもおかしくない」

唯「わ、私も……ほ、ほら。憂が話していたのはみんなで聞いたから」

唯「だから、純ちゃんの格好に関してはみんな知ってるはずだよっ」

金田一「……でも、それだと変じゃないかな。さっきの発言の中で唯ちゃんはこう言っていた」

金田一「『あんな格好で』と」

唯「……」

唯「だ、だってさ。地下だよ? おっきな冷蔵庫だよ?」

唯「パジャマと毛布だけじゃあとっても寒いんじゃないかなあ~、って思っただけだよ?」

金田一「ん……なるほどな」

唯「えへへ~」

金田一「なあ、どうして純ちゃんの格好がわかったんだ?」

唯「……?」

金田一「どうして君が、純ちゃんがパジャマを着ていたのを知っているのか……」

唯「だ、だってそれは憂が言ったから……」

金田一「憂ちゃんは『毛布がかかっていた』としか言ってないぜ。その下の格好までは……」

唯「っ……!」

唯「そ、それは……も、もう夜中だったんだもん。格好がパジャマだと思うのは当たり前だよ~」

金田一「……なるほど、確かにそうかもしれないな」

唯「それに、みんな憂の話聞いてさ、毛布を被ってるのは知ってるはずだよね?」

唯「あの時間で、毛布の下に何を着てるか、なんて聞かれたらみんなパジャマって答えるはずだよ~」

金田一「……」

唯「……」

唯「もう、いいかな。ちょっと疲れちゃった……眠りたいな」

金田一「ああ……夜中に、悪かったね」

金田一「おやすみ」

唯「……」

唯「……」

唯「はぁ……」



金田一『俺は、今回の事件のきっかけは事故だと思ってるんだ』

金田一『できれば、みんなの前で犯人を暴くような事はしたくないんだ……』

金田一『放課後ティータイムの事を知ってから、あまり時間は経ってないけれど……とても仲のいい人たちだったと感じているんだ』

金田一『俺が言えるのは、それだけさ』

金田一『おやすみ、唯ちゃん』

唯「……」

唯「だって、さ……」

唯「……」

唯「よしっ」


10