娯楽室。

美雪「うわあ、すごい。ドラムにギターに……本格的」

金田一「スゲー……このギター、一体いくらするんだ?」

唯「ふふん、ムギちゃんのお陰で五万円で買えたんだよ!」

金田一「たかっ!」

律「それでも安くしてもらえたんだよ。普通に買ったらその六倍くらいの値段は当たり前で……」

金田一「……はあ、俺だったらそんな金、全部ゲームに消えちまうよ」

唯「お、ゲーマーですか。なんのゲームするのかな?」

金田一「……聞いて驚け。バイオ2ならナイフのみで……」

唯「ええっ、すごいよ~」

金田一「ぬわっはっはっ」

律「……なんか、変な所で気が合ったな」

純(ああ、こうやっていつも練習から脱線してるんだ)

紬「じゃあ佐木さん、カメラを……って二つも持ちながら撮影は出来ませんかね?」

佐木「ああ、敬語じゃなくて大丈夫ですよ。カメラ二つは確かに辛いですけど……」

紬「んん~、じゃあ演奏しない……えっと、憂ちゃん」

憂「はい?」

紬「このカメラでみんなを撮影してくれない?」

憂「あ、いいですよ」

紬「ふふっ、お願いね。ここが録画で、ズームと……」

律「……おし、じゃあそろそろ始めるか!」

唯「お~!」


律「ワン、ツー、ワンツー……」

……。



唯「……笑わないで、どうか聞いて」

佐木「……」ジー

憂「……」ジー

美雪「……すごいね」

金田一「あ、ああ」

美雪「こんな風に何かが出来るなんて、うらやましいな」

金田一「そうかぁ~?」

美雪「そうよ。はじめちゃんだって、勉強もスポーツも出来ないけど、推理力だけは誰にも負けないし……」

金田一「美雪さん。誉めるか落とすかどっちかにしてくれ……」

唯「想いよ~、と~どけ」

美雪「音楽、かあ……」

金田一「……」

娯楽室には楽しげなメロディーが響いていて……外で激しく降り続いている雨なんて、俺たちの耳には入らない。

演奏をしているメンバーも、それを聴いている他の人間も……この音をもう聴く事が出来なくなるなんて、思ってもいなかった。



二階・客室前廊下。

美雪「でも本当にいいの? いきなり三人も泊まっちゃうなんて……なんだか悪いわ」

紬「気にしないで、部屋なら余っているから」

金田一「よかった~、フカフカベッドで寝られるぜ!」

美雪「もう……少しは遠慮しなさい」

律「まま、気にしない気にしない。賑やかなのはいい事だ」

紬「ええ。それに……雨もまだ止んでないみたいですし。外を歩くのは危険よ」

佐木「僕もそう思います」ジー

美雪「じゃあ、お言葉に甘えて……」

憂「あ、お姉ちゃんこっち向いて~」ジー

唯「えへへ、ピ~ス」

純(いいなあ、各々楽しそうで)

梓「純? どうかした?」

純「な、なんでもないよ~」

純「……」

純(……あれ、なんか私だけ会話に入れてない?)

澪「……」

純(先輩みたいに、人見知りってわけじゎないんだけどな……)



二階・純の部屋

合宿二日目、午前0時。

純(……)

純(眠れないや)

純(シャワーでも浴びようかな)

純(……あ、でもどうせだったら一階の大浴場にしよっかな)

純(……うん、それがいい)

純(梓に連絡、は迷惑かな)

純(仕方ない、一人風呂といきますか)

純(バスタオルだけ持って、と)

純(よし)



一階・大浴場

午前0時15分

純(……はあ)

純(合宿に誘われて来てみたけど)

純(なんだろう、この疎外感)

純(うう……)

純「……ダメダメ、こんなんじゃ」

純「せっかくの合宿なんだもん。楽しまないと!」

純「そうだよ、まだあまり話してないけど……新しい友達だって出来たんだから」

純「えへへっ。うん、ポジティブに行かないと!」

純「……そろそろ、部屋に戻ろっかな」



階段前

午前0時28分

純「~♪」

トン。

トン、トン。

リズムに合わせて、木造の階段を上がる。

一階から上り、踊り場でクルリと体の向きを半回転。

この階段を上って、右に曲がって……手前から二番目の部屋が、私の戻る部屋。

純(早く寝ちゃおっと)

階段を、一歩、また一歩……軽い足取りで上がっていく。

段差がなくなり、右に……そう思った瞬間。

「……!!」

純(え……)

誰かが、視界に入ってくる。

純(あ……)

そう思った一秒後には、その誰かが私の視界から遠ざかる。

上り終えたはずの階段を……私は。

その誰かを遠目に見ながら、背中に何もない空間を下りて……ううん、落ちていった。

ドッ。

頭の方から、鈍い音がした気がする。

音は、首の方からも聞こえたみたいだ。

純「……」

「……」

さっきまで私がいた階段の一番高い所には、じっとこっちを見ている一人の……。

ああ、私にはもう意識がありません。

もう何も、わかりません。

……。




一階・団欒室

二日目、午前11時過ぎ。

金田一「ふわぁ~あ。おはよっす」

律「おっす、はじめちゃん~」

澪「り、律。その呼び方……」

律「こういうのは、フレンドリーな方がいいんだよ」

美雪「はじめちゃん、もうお昼前よ?」

金田一「ん~、てっきり誰か起こしに来ると思ったんだけど……ほら、合宿なら早起きが当たり前だろうからさ」

梓「……ウチは、その当たり前が通用しないんですよ」

唯「むにゅ……むにゅ……」

憂「お姉ちゃん、また寝ちゃってる」ジー

佐木「先輩もほっといたら寝ちゃうんじゃないんですか」ジー

金田一「うるへー。カメラマンは、バッテリーの心配だけしてろい」

澪「……あれ? そう言えば鈴木さんは」

律「んあ? そう言えば来てないな~。まだ寝てんのか~?」

紬「そろそろお昼ご飯だから、起こしに行った方がいいかしらね?」

憂「そうかもしれませんね」ジー

律「お~し。じゃあ唯隊員!」

唯「すぴ~……」

律「……いいや。澪、行こうぜ」

澪「う、うん、わかったよ」

律「てわけで、ちょっくらいってきま~す」



五分後。

ドタドタ。

律「た、大変だ」

金田一「ん?」

美雪「一体どうしたの?」

澪「鈴木さんが……部屋にいないんだ」

梓「え?」

紬「いないって……バスルームは?」

律「一応見てきたけど、やっぱり見当たらないんだよ。部屋には誰もいなかった……」

金田一「……」

美雪「……は、はじめちゃん」

全体が沈黙する中で、雨がまた一段の強く窓を叩いた。

金田一「……手分けして探そう。この天気だ、外には出ないだろうから……」

美雪「じゃあ一階と二階で別れましょう」



一階には金田一と佐木が。

二階は女性部屋が殆どと言う事で、残りのメンバー(唯はソファーで熟睡)で探索する事に。

一階には中央の団欒室、そこから大浴場、調理場、客間、そして楽器が置いてある娯楽室の五部屋がある。

金田一「……と、一応色々探してみたものの」

佐木「見当たりませんね」ジー

金田一「ん~、隠れてそうな場所も探したし、後はやっぱり二階に……」

佐木「……あれ、先輩。ちょっと」

金田一「ん、どうした佐木」

佐木「……この階段の下に扉があるんですけど」

金田一「お、本当だ」

佐木「物置部屋かなんかですかね?」

金田一「スペース的にはそうかもな。お~し」

ガチャッ。

金田一「!」

佐木「階段……ですね。地下に続いてるみたいだ」ジー

金田一「ううっ、さぶっ。なんだ、この冷たい空気……」

佐木「きっと地下だからですよ。ここに……いるんですかね?」

金田一「わからん。とにかく、探すしかない」

佐木「……」ジー



金田一「さびぃ~!」

佐木「冷たいというより、冷気ですね。なんだろう、冷蔵庫でも入ってるんですかね」

金田一「うう……こんな所に隠れる訳はないよな……」

佐木「あ、もう階段も終わるみたいですよ」

金田一「……空間が開けた。ここは一体」

佐木「先輩、早く進んでくださいよ~」

金田一「ま、待て佐木。こう暗くちゃ足場が……って、押すなバカ!」

ガッ。

金田一「と、と……わっ!」



佐木「先輩?! 大丈夫ですか?」ジー

金田一「い、いてて……何かにつまづいた……」

佐木「……あ、電気のスイッチありましたよ。ほら」ジー

カチッ。

純「」

佐木「う……」ジー

金田一「う、うわぁああああ!」

佐木「こ、これは」ジー

金田一「……」

冷気の中で、寝巻きと、タオルを体に巻いて横たわる彼女は……本当に眠っているかのようにそこにいた。

寒さに震える事もなく、ただ静かに目を閉じていた。


3