~おまけ!~



唯「あーー、やっと終わった」

律「質問攻めは大変だわ」

梓「ていうか最後のアレなんですか?HTTは家族ですーとか言ってましたよね?」

唯「あぁ言ったね。なに?その頭じゃ理解できなかった?」

梓「いいえ。虫酸というより悪寒が走りました 見てください今でも鳥肌立ちまくりです」ブワワワ

紬「誰が見るかよ。まぁ収録中だったし当然じゃない?評判を悪くするわけにはいかないし」

律「こんな弱小バンドすぐ潰せる(笑)とか言ってたやつが評判気にするとかねーよ」

紬「ん?何?そんな潰してほしいなら潰してあげるけど?」

梓「その上から目線やめてください。お金しか脳がないんですか?ないんですよね?だって琴吹さんだし」

唯「お前も十分上から目線じゃん。人のこと言えるの?」

律「さすが二期メン中野ー」

唯「ダテに途中参加じゃないね」

紬「中野。ふざけてんの?コジキみたいなこと言わないでみっともない」

紬「こんなバンド、今すぐゴミみたいに捨ててやってもいいのよ?私は他にも人脈あるし」

律「はい出たー」

澪「よくそれ言うよな」

唯「見栄はらなくていいんだよ?ホントにあるの?人脈」ププッ

唯「大体、このバンドがゴミっていうけどあんたも十分ゴミみたいな性格してるからね」

紬「腐ったミカンの話って知ってる?一応有名な話なんだけどもしかして知らなかった? ああ知らないわよね、その脳足りんじゃ」

律「何が言いたい?腐ってるのはその沢庵だろ」

澪「結局、私たち全員ゴミみたいってことか」

梓「ちょっと一緒にしないで下さいよ 心外ですね」

唯「まぁ田井中はゴミというよりゴミ箱みたいな性格だけどね」

紬「安っぽいゴミ箱」

梓「100均のほうが遥かにマシです」

律「は?マジ意味わかんねーし。馬鹿にしてんだろ絶対。ナメてんの?」

唯「ゴミ箱にゴミ箱って言ってなにが悪いわけ?」



ガチャッ

さわ子「今日もお疲れ様」

唯「あぁマネージャー」

梓「まだ帰ってなかったんですか」

さわ子「当たり前でしょ。さっきの収録も良かったわ、スタッフの皆さんも良い番組になるって言ってたし」

澪「そりゃ良かった」

律「まぁ私たちが本気出せばあんなもんよ」

さわ子「それより、さっきの唯ちゃんが最後に言ったことだけど」

律「あーーあれか。すごい猫かぶりっぷりだわな」

紬「ホント、その面の皮をピンセットで剥がしてやりたいわ」

唯「はあ?あんた達が私より気の利いたコメントできると思えないけど? そういうのは私みたいに良いこと思いつくようになってから言いなよね」

梓「自画自賛してて恥ずかしくないですか?あまり生き恥を晒さないほうがいいですよ」

紬「よしなさいよ。その点はあまり指摘しないであげなさい」

律「そうだぜ。誰も褒めてくれないから自分で褒めるしかないんだろ、言わせんな恥ずかしい」

唯「まぁコメントするには、ある程度人気ないとね。不人気の田井中と琴吹には一生無理」

律「すっかり人気者気取りか?おめでてー頭だな」

紬「その程度で付け上がらないでよね、見てるこっちまで可哀想になってくるから」

唯「だってそうでしょ?ていうか視聴者も不人気のコメントなんて望んでないだろうし」

梓「自分は超人気あるとでも?その自信はどこからくるんですかね?ホントおめでたいですよ、うんたん平沢」

唯「さっすがうざにゃん。礼儀の無さとウザさはダンチだね」

澪「相変わらずの荒れっぷりだな。いい加減嫌になってきた」

さわ子「………ふっ」

唯「あ?何?いま鼻で笑ったわけ?」

紬「馬鹿にしてるの?マネージャーの分際で」

さわ子「別に、何でも。 ただ番組の最後に唯ちゃんが言った言葉、あれもあながち間違ってないかもね」

唯「はあ?何が?」

梓「やめて下さいよ気味が悪い」

澪「ないない」

律「冗談でも言っていいことと悪いことがあるだろ」

さわ子「大人の冗談と思ってくれていいわ。それじゃ、私はまだやる事があるから」パタン…



唯「何なのマジで?気分悪いわ」

澪「さすがにありえないよな」

律「ありゃ冷やかしだな」

紬「なにが大人の冗談だよ……ババアの戯言じゃないの」

澪「絶対ありえないもんな」

唯「本気で言ってるとしたら神経を疑うよね」

梓「うぷっ、あまりの不快さに吐き気がしてきました」

律「吐くなよ汚いから」

紬「ゴキにゃんだし良いんじゃない?汚いの好きなんでしょ?」

律「琴吹には言われたくないわな」

梓「まさかとは思いますけど自分は綺麗とか思ってるんですか?」

紬「あんたよりはね。最近はファンから天使とか言われてるし」

梓「は?天使?貧乏神の間違いじゃないですか? 笑えねー冗談です」

澪「落ち着いてお前ら。ムギもだぞ」

紬「はぁー…。また自分だけ常識人ぶるの?ホント好きよね」

律「私は常識人ですーとかいって見下してんの?」

澪「さっきからうるさい。別に普通のこと言ってるだけだろ」

梓「は?お気に入りのうさちゃん(笑)キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI(笑)ぴゅあぴゅあはーと(笑)私の恋はホッチキス(笑)
スパイスひとさじ刺激ちょーだい☆(笑)スパイスふたさじ経験しちゃえ☆(笑)大人味なの☆(笑)だけど限界、辛すぎて…もうダメ↓(笑)」

梓「こんなギャグみたいな歌詞を大真面目に書いてる人が普通ですって?」

律「え、あれギャグじゃなかったの?」

唯「え……ギャグじゃなかったんだ…」

紬「ごめん初めて知ったわ」

澪「え」

律「引くわ…」

紬「あんな歌詞センスなのに今まで常識人ぶってたなんて……」

梓「ちゃんちゃらおかしーですね!!」



律「あー焼き肉食べたい」

紬「そういやお腹減ったわね」

唯「焼き肉とか……アイドルの自覚あんの?太ったらどうすんの」

律「そんなすぐ太らねーよ」

唯「あ、そう。まぁお前らが太ろうが太らなかろうが関係ないけど」

紬「あ、確か平沢は太りにくい体質だから気にならないのよね?いいなぁ~羨ましい~」

律「羨ましい~~」

唯「…」イラッ

梓「私も焼き肉食べたいですね。やっぱ疲れたときは肉でも食べないとやってられないです」

律「肉サイコーだよな。パスタとかオサレなもん食ってる場合じゃないわ」

紬「ホルモンマジ最高」

澪「あ、良かったらみんな一緒に行く?」

律「は?何言ってんの?行くわけないじゃん」

澪「そこまで否定するか」

唯「冗談でしょ?絶対嫌」

紬「私も嫌。このメンバーで行くとか飯が不味くなるわ」

唯「ねー。せっかくの焼き肉なのに場がシラけるよねー」

律「絶対盛り下がるわな、シケた空気で焼き肉食べたくないし」

梓「私もみんなで行くくらいなら一人で行きます」



澪「そうか。せっかく半額割引券あるんだけど仕方ないな」

唯「まぁ行ってあげるわ」

律「暇だったし」

梓「奇遇ですね。私もです」

紬「仕方ないわね。感謝して愚民たち」


7