唯「……いったん名前の話は置いておこう」

律「ふん。そうだな」

紬「キリがないものね」

澪「誰しも触れられたくない事ってあるもんな」

梓「そりゃそうですね」

紬「ていうかさ、唯ちゃんはいつまで天然ドジッ子キャラを作るつもり?」

唯「HTTが終わるまで。そういうキャラでって最初から決まってるから今さら変えられないし」

梓「いい加減見苦しいんですよね。その作りまくった天然キャラ」

律「確かに『ギー太ぁ~☆』とかキモイ」

唯「ギー太とかやめてよね。こっちだって好きで楽器に名前つけてるわけじゃないし。つーかギー太とか呼ぶのも恥ずかしいっつーの」

唯「DVD特典のプライベートビデオの時なんか一日中、ギー太ギー太とか言って楽器に話しかけなきゃなんなくて死にたくなったわ」

唯「なんであんなアホみたいなことしなくちゃいけないんだか」

梓「天然キャラの宿命ですね」

唯「あ~ずにゃ~んとか言わなきゃなんないしマジ苦痛」

紬「他にはどんなキャラ作りしてるの?」

唯「わざと寝癖ついたまま走ってスタジオに来て『遅刻しそうだったけど一生懸命走ってきましたー、しかもチョコンと寝癖まで付いててドジなんです』みたいな感じ」

唯「雨の時はわざとギター、あ、ギー太(笑)を庇うようにして自己犠牲の私カワイイとか」

唯「小動物がいたらすかさず愛でにいく。可愛い動物を可愛がる私可愛いみたいな」

紬「それこそ計算高いじゃない。私のこと言えないわね」

律「お前も大概だろ」

紬「なにが?私はおっとりポワポワ系キャラを守ってるだけじゃない」

澪「ムギはどんなキャラ作りを意識してるんだ?」

紬「そりゃやっぱり、世間知らずネタでしょうね。 お嬢様だから一般的なものも知らないものが多く、好奇心いっぱい」

紬「これ一度やってみたかったの~☆って言いたいだけなのよね」

紬「まぁ、普通に知ってるものを知らないフリして必死に無知を気取るのは苦労するわ」

梓「ゲーセンとか駄菓子屋とか知ってたんですか?」

紬「は?当たり前でしょ?日本に住んでるんだから知らないほうが頭おかしいわよ」

唯「中野はあざといキャラ作りだよね。 何でこの年齢になってツインテール?」

紬「まずそこがありえないわよね」

律「漫画やアニメのキャラじゃあるまいし」

梓「知らないですよ。事務所の方針なんですからガタガタ言わないで下さい」

唯「しかも抱きついた時に『にゃっ』って……ないわ…。あれはないわ…」

紬「あれはあざとすぎるわ」

梓「まぁ意識して言ってましたからね。ていうか意識しないと言えないですよあんなの」

律「なに?猫っぽい私カワイイとか思ってんの?」

梓「キャラ作りとして猫っぽい女の子アピールしないといけませんから。自分でもキモイとは思います」

紬「あと澪ちゃんもどうかと思うな」

唯「あー、あれね」

唯「なんであんな怖がり屋で恥ずかしがり屋さんな設定なの?」

紬「あれは酷いレベルだわ…」

律「手遅れだよな色々と」

澪「知らないよ。そうしろって言われてるんだから」

梓「実際どれだけ怖がりなんでしたっけ?」

澪「普通に怖いのは苦手だし、恥ずかしがり屋だよ。でもあんな過剰反応はしないな」

澪「怖い話聞いていちいち固まって失神とかおかしいだろ…」

律「あれは狙いすぎてたわ」

紬「イライラしちゃうものね」

澪「あと恥ずかしがりっていってもバイト出来ないほどなんてありえないし……あんなの実際ならコミュニケーション障害を疑われるだろ」

梓「あ、ちゃんと自覚はあったんですね」

澪「そもそも本気で恥ずかしがり屋ならバンドで歌ったり歌詞書いて見せたりなんて出来ないよ」

律「過剰すぎんだよキャラ作りが」

澪「難しいよな、キャラ作りって」

梓「リーダーこそ何ですかあのキャラ作り?ぶっちゃけテンションうざいですよ」

唯「そうそう、無駄にテンション高すぎ」

紬「正直うるさいのよね」

律「明るいリーダー担当なんだから仕方ないだろ。リーダーってとこアピールするにはしっかり目立たないと駄目なんだよ」

紬「はぁ……ただの目立ちたがり屋じゃない」

律「は?」

唯「まぁまぁ、本当のことは言わないでおこうよ」

梓「でしゃばりとも言いますね」

律「お前には言われたくねーよ。マジ何様?」

梓「中野様とでも言えば満足ですか?ん?」

唯「低脳な争いはやめなよ」

紬「なにいきなり常識人ぶってるの?もしかして私はあなた達とレベルが違うんですとか思っちゃってる?」

唯「マジで腐った沢庵だなお前」



コンコンッ

唯「は~い!」

スタッフ「失礼します。そろそろ本番前です」ガチャッ

律「わかりましたー!」

唯「頑張ろうね、りっちゃん隊員!」ビシッ

律「おう!任せとけー!」

唯「今日も気合い入れて頑張るぞー♪」

律「おーっ♪」

スタッフ「あはは。では失礼します」パタン…

唯「本番だってさ」

律「本番みたいだな」

唯「もう行かないとね」

律「今日は収録たくさんあるから大変だわ」

唯「同じスタジオなだけマシじゃん。違うスタジオだと確実に死んでたね」パリパリ

梓「だから歩くたびにバリバリ鳴ってますって」

唯「鳴らしてんのよ」



~スタジオまでの道~

のぶ子「それにしても今日はすげぇ喋ったな」

紬「のぶ子はいつもの事じゃないの?」

のぶ子「のぶ子って呼ぶなよ!!」

梓「ぷぷ。リーダーのぶ子さん」

のぶ子「中野 羅飛栖(らぴす)」

梓「うっ…!?」

唯「らぴすらぴすらぴすーー」

梓「うわああああああ やめてええええ」

のぶ子「らぴすらぴすーーー」

羅飛栖「ひゃあぁぁあああ」

かず江「みんなうるさいぞ」

唯「本当にね」

紬「黙れよキキララ」

のぶ子「サンリオに帰れや」


5