女「次のゲストは……最近、話題沸騰の放課後ティータイムさんでーす!」

唯「どうも~」

律「放課後ティータイムです!」

客「わー」パチパチ

女「すごい人気ですよね。よく話題になってますよ」

唯「いえいえ、そんな…」テレテレ

律「照れますねぇ」テレテレ

澪「こらっ、もっと遠慮しろ」

梓「そうですよ!」

唯「えへへ~」

女「何とも、ほほえましいですね」

女「リーダーは律さんなんですよね」

律「そうですよ~」

梓「一番リーダーらしくないんですけどね…」

澪「否定はできないかも」

紬「あらあら…」

律「なんだとこらー!」

唯「りっちゃんは良いリーダーですよ~。まとめるの上手だし、盛り上げてくれるし!」

律「お、おぉ?」

唯「メンバーのことも意外とちゃんと見てるんですよ~」

律「意外とは余計だ!」

女「あははは(笑)」

唯「でも本当ですよ!何だかんだでメンバーのことをちゃんと観察してる、みたいな(笑)」

紬「わかるわかる(笑)」

女「皆さん、律さんをリーダーとして慕ってるんですね」

律「はい!!」

澪「お前が元気よく返事するな!」コツン

律「あいてっ」

梓「まったくもう、リーダーってば」

女「皆さんいつもこんな感じなんですか?」

唯「はい!ワイワイ騒がしくて、いつも楽しいです」

女「お仕事が楽しいのは良いことですね!」

梓「騒がしいのは少し困りますけどね」

澪「うんうん」

女「さて、ではお話はこれくらいにして…」

女「今日はグループ名の由来について聞いちゃいます!」

梓「……?放課後のティータイムだから、HTTですよ」

女「あっ!ちょっと待って下さい、たった今お手紙が届きました」ピロリロリン

女「ペンネーム匿名希望の>>2>>5さん達によると……」

女「変態トイレタイム…?」

律「は?」

唯「えっ」

紬「えっ」

澪「そそ、そんなわけないじゃないですか!」カァァ

梓「そっ、そうですよ!」

女「ですが確かにお手紙に…」

梓「それは>>2>>5の悪ふざけです!笑えねー冗談です!」

女「そうなんですか?」

梓「そうなんです!」

女「すみません……あまりの>>2>>3>>5の連帯感の良さに、騙されてしまいました」

女「では今日はこのあたりで終わりたいと思います!最後に皆さん、どうぞ」

律「えーっと、もうすぐ私たちのニューシングル『Utauyo!!MIRACLE』が発売されます!」

紬「春の時期にぴったりな、卒業をテーマに据えた歌です」

唯「今までとは少し違って、明るい中にも、どこか切ない……そんな感じです」

澪「ぜ、是非!聞いてみて下さいね」

梓「私たちの新曲は○月○日に発売です!以上、HTTでした!」

女「それでは、HTTの皆さんでしたー!」

パチパチパチパチ…



スタッフ「お疲れ様でーす」

唯「お疲れ様でした~」ニコニコ

律「お疲れっすー」ニシシ

澪「お疲れ様です」ペコリ

紬「お疲れ様でした~」ニコニコ

梓「お疲れ様です」ペコリ

唯「ふう~、やっと楽屋だぁ」

律「疲れたなぁ」

ガチャ バタン



唯「あーーーあ、だる…」

律「マジ疲れたわ」

紬「本当、お弁当も不味かったし」

澪「もっと良いもの用意してほしいよな」

梓「私達を誰だと思ってるんですかって感じですよね」

律「つーか楽屋せまいし」

紬「私の家のトイレより小さいわ」

澪「これはムギからしたらどれくらいの大きさ?」

紬「豚箱くらいかな」

梓「意外と優しめの判断ですね」

唯「クソだる…」

律「それにしてもさっきのはビビった」

唯「変態トイレタイム(笑)」

紬「その話やめない?」

唯「まさかあんなアドリブが入るなんてね」

梓「あれアドリブなんですかね?」

律「マジあれカットしてほしいよな、絶対ネットに書かれてるぞ今」

紬「まぁ終わった事はどうでもいいわ。水に流しましょう」

律「トイレだけに?」

唯「」ブフッ

紬「田井中。平沢。ちょっと」

梓「落ち着いて下さいよ皆さん」

唯「ていうかさ、あずにゃん」

唯「今日の収録、あれなに?」

梓「え?」

唯「なんであんな目立ってんの?何気に喋りまくってたし」

律「さりげに仕切ってたよな」

梓「別にそんなつもりないですけど。勘違いです」

唯「しかもリーダーでもないのに最後〆てたけど、あれ何?私がしっかりしなきゃーとか思っちゃった?」

梓「私より目立たなかったからって妬みはやめてほしいですね」

唯「は?妬み?wwww」

唯「誰が妬むかよ。つかいつからそんな口叩けるようになったんだっけ?」

紬「二期メンのくせに生意気な女ね」

律「ホント。途中参加のくせに」

梓「…………」



唯「あーーーあ、ダル…」

澪「さっきからそればっかだな」

梓「アイス食べてないから不機嫌なんですか?」

唯「違うけど」

律「うい~~、アイスぅぅ~~~」

唯「キモ……」

律「お前の真似なんだけどな」

唯「似てねー。さすがに引くわ」

律「う~い~、アイスぅぅ~~」

唯「……」イラッ

紬「ちょっと似てるわね、田井中さん」

梓「コツ掴んできたんじゃないですか?」

唯「ていうかさ。アイス別に好きじゃないし。たんなるキャラ付けだから」

律「いっつも『アイスアイスぅ~』って言ってるじゃんか」

紬「DVD特典のプライベートビデオの時だけ、だけどねww」

澪「ムギ、手厳しーw」

梓「それ以外じゃ全然アイスって言いませんもんね」

唯「当たり前じゃん。アイドルなんだから体型は維持しないと」

律「あれれ?太りにくい体質なんじゃなかったの?」

唯「……」イラッ

紬「察してあげて。それもキャラ付けなのよ」

梓「ププッ」

律「あーーなんだ、そういうことか!ごめんな~唯!」

唯「あんなに食べて太らないとかありえないでしょ普通。どこの漫画だよって感じ」

唯「それくらい少し考えて分からないわけ?」

律「……」

紬「大体、誰のおかげでHTTがここまで有名になったと思ってるの?」

紬「私のバックアップがあったからでしょ。それを忘れないで」

律「何言ってんの?むしろ金しかないじゃんお前」

唯「だね。経済力なかったらまずHTTにいないよお前」

梓「不人気ですからね」

紬「はぁ?つけあがらないでくれる?」

紬「やだやだ、ちょっと有名になった途端これだものね。これだから弱小バンドは」

紬「こんな弱小バンド、本気を出せばすぐ潰せるのよ」

梓「こんな弱小バンド、本気を出せばすぐ潰せるのよ(キリッ」

律「うわーーまぶしっ」

唯「七光りww親の七光りwww」

律「ま、私がリーダーしてるかぎりHTTは安泰だわ」

紬「何言ってるの?リーダーらしい事してないくせに」

唯「急にリーダー面しないでよね」

律「は?私が今までまとめあげて、ムード良くしてきたからここまで来れたんだろ」

澪「ムード良くしてきた、だって」

唯「自分で言っちゃったよこの人……」

梓「うわ……」

紬「人気が低いからリーダーっていうポジションを与えてあげたのにね」

唯「それに今まで気付かなかったなんて憐れだね」

律「ちょっと待てよ。人気低くねーし」

紬「最近やっと人気が出始めたんでしょ?しかも前髪効果で」

唯「やだね~、あんなに前髪下ろさないって言ったのに下ろしちゃって。ギャップ狙いなのバレバレ」

梓「仕方ないですよ。リーダーにはもう前髪しか残されてなかったんですから」

紬「あぁごめんなさい、最後の手段だったのね」

唯「おかしーし!とか言いつつ実は満更でもなかったんでしょ?どうせ似合う!私カワイイーとか思ってたんでしょ?」

律「思ってないし」イラッ

紬「ま、そもそもカチューシャしたのは事務所の方針なんだけど」

澪「前髪あげたほうが活発に見えるから、だっけ」

唯「あー良かった!私活発キャラ担当じゃなくて!」

梓「活発キャラ担当だったら今頃、こんな感じでデコ全開にさせられたんでしょうね」

律「…そうだよ!事務所が言ったんだから仕方ねーだろ!」

唯「あ、デコは喋らないでくれる?」

律「どうせお前ら、今まで人気なかったやつが人気出始めて焦ってんだろ」

澪「人気ないって認めちゃうんだww」

唯「というか焦るわけないじゃん。最初っから眼中に入ってないし」

梓「私たちの足元にも及びません」

律「フン、そうやって批判してくるあたり図星なんだろ。あーやだやだ!嫉妬は怖いね」

唯「うわ…自意識過剰…」

澪「誰もそんなこと言ってないだろ…」

紬「どうやったらそのデコでそんな自信わいてくるの?」

梓「ドン引きです…」

梓「皆さん信じられませんね」

唯「だからさ、さっきから態度でかくない?後輩でしょ?」

紬「後輩とか関係ない!私たちは同じ仲間だーとか言ってるけど、あれ表上だけだからね」

律「言うこと偉そうなんだよな。敬語使えば何言っても許されるとか思ってんの?」

梓「思ってませんけど」

紬「いや、思ってるわね絶対」

律「しかも仕切りたがるし」

唯「テレビで仕切りたがんのもだけどさ。偉そうに私たちに注意したり」

唯「ここどこだと思ってんの?小学生のクラブじゃない、芸能界だよ?」

紬「そのでしゃばる癖を直さないと、いつか干されるわね」

梓「…皆さんにだけは言われたくないですね」

唯「言ってるそばからこれだよww」

律「なんも分かってねーw」

律「大体、澪も澪だわ」

澪「えっ?」

唯「こういう陰口とか悪口に参加しないよね」

紬「しても相槌とか、当たり障りのない返事とかね」

唯「悪口を言うのは気が引けるけど、ここで乗らなかったら今度は私が悪口を言われる」

唯「だから肯定とも否定とも取れないビミョーな返事ばっかなんだよね」

梓「実に卑怯です。藤木です」

澪「べ、別にそういうつもりじゃ…」

律「はいはい、もういいから」

律「私は皆とは違う~、悪口言ってるのは私以外だもん!ってか?」

紬「そういう私は言ってない~みたいなのって嫌よね、善人ぶらないでほしいわ」

澪「な…なんだよ!お前らはどうせ募金してる人を『偽善者』とか言うタイプなんだろ!?」

唯「えっ、何?どうしたの急に」

澪「偽善ってのは言葉に行動が伴ってない場合に使うんだよ!口だけじゃなくて、ちゃんと良い行動が出来てる人まで否定するな!」

澪「大体、そうやって何でもかんでも『偽善』とか言ってチョイ悪ぶって、斜に構えてるやつのほうが鬱陶しい!」

梓「うわ…」

紬「話ずれすぎ…」

唯「何言ってんのいきなり…」

律「いきなり熱血キャラかよ…」

紬「それもキャラ付けの一つ?え~、澪ちゃんこれから熱血で行くの?」

澪「………」



澪「………」

律「………」

唯「………」

紬「………」

梓「………」

律「あー、なんか一気にテンション下がったわ」

紬「ホント場のテンションを下げる達人よね、澪ちゃん」

澪「…すぐ人のせいにするな」

梓「まぁ、秋山さんのせいじゃないですよ。ずっとあんな話してたせいです、きっと」

唯「メンバーだけだと、つい本音がね」

紬「そうそう。四六時中、気持ち悪いくらい仲良しゴッコさせられてイライラしてるのよ」

唯「あー。あれ何なの?女の子同士のイチャイチャ、だっけ?意味わかんない」

律「ことあるごとに無理やりイチャイチャしてとか強要されてウザイんだけど」

梓「正直暑苦しいんですよね。女同士であんなベタベタするとかありえないですし」

唯「は?こっちも好きで引っ付いてるわけじゃないんだけど。仕事だから仕方なくやってんだよ」

紬「ファン層の問題ね。ファンはああいう『可愛い女の子同士のイチャイチャ』が見たいらしいわよ」

澪「え?なにそれ…」

梓「レズじゃあるまいし気持ち悪い…」

律「あれファンのためだったのかよ……スタッフの趣味かと思ってたわ」

唯「そんなの見て何が楽しいんだろうね。オタクの考えてる事はやっぱり分からないや。分かりたくもないけど」

梓「はぁ……もうオタクに媚びるのは嫌です…」

律「仕方ないだろ、それが仕事なんだから」

澪「何で私たちのファン層は、よりによってオタクなんだろうな」

唯「そんなの簡単だよ」

唯「曲調、歌詞、メンバーの見た目」

唯「どれを取っても一般的というよりは漫画が好きなオタク向け」

紬「歌詞も若者に支持を受けやすい恋愛の歌詞とかじゃないしね」

澪「それ喧嘩売ってるのか?」

紬「あら被害妄想こわーい」

澪「私の歌詞だって、一応…恋愛向けだぞ」

律「それは秋山の中でだろ。一般的には違う」

唯「一般層は、もっとリアルで、切なくて苦しくもキュンとくる恋愛の歌が好きなんだよ」

紬「秋山さんの歌詞はメルヘンすぎだもんね」

梓「つまり、恋愛経験が悲しいレベルの秋山さんには、リアルを生きる女の子に支持される恋愛の歌詞は書けないって事です!」ババン

澪「悪かったな!恋愛経験がなくて!!」

律(誰もないとまでは言ってないぞ)


2