紬「……」

律「……チョップ!」ペシン

紬「きゃうん!」

律「長い」

紬「えぇっ!?」ガーン

唯「よくわかんなーい」

紬「ええぇっ!!?」ガガーン

唯「……でも、ムギちゃんが私たちのこと、すっごく考えてくれてたってことは、分かったよ!」

紬「ゆ、唯ちゃん……!」

梓「そうです!それに私も、ムギ先輩のこと、だっ、だ、大好きですから!!」

紬「梓ちゃん……」

律「桜高軽音部を舐めるなよー?そんなことくらいで、私たちの結束はビクともしないぜ!」

紬「律っちゃん……」

澪「そうだな。それに、ムギがどう思おうと、ムギはムギなんだ。他の誰でもないよ」

紬「澪ちゃんも……」

澪「ムギ……ありがとう」

唯「ありがとぉ~!」

梓「ありがとうございます」

律「ありがとなぁー!」

紬「みんな……」

紬「っ……ぐす……、うぇぇぇぇぇん!!うわあぁぁぁぁぁぁん!!!」

唯「あはは、また泣いちゃったー」

梓「今日のムギ先輩は泣き虫さんです」

紬「あっ、あり……っ、ありが……ぐずっ……ふえぇぇぇぇぇぇ!!!」



その日の夜

梓の部屋。梓がベッドで寝そべりながら、携帯電話で憂と会話している。

梓「――そりゃ、憂は女らしいって感じするじゃん。胸とか胸とか」

憂『む、胸は関係ないよぉ……。でも、女らしくなりたいんだったら、軽音部はいい先輩いっぱいいるでしょ?紬さんとか……』

梓「ムギ先輩は……、だってもう、天使だもん……」

憂『なにそれぇ』クスクス

梓「内緒♪とにかく、ムギ先輩マジ天使、なの!」

憂『そうなの~?でも、本当に天使だったら、ちょっぴり残念かな?』

梓「どうして?」

憂『だって、天使は天国に住んでるんでしょ?だから、いつかは――』



律の部屋。律が携帯電話で澪と会話している。

律「――で、今日のことって?やっぱりムギのことか?」

澪『うん、そうなんだけどさ……』

律「もう綺麗さっぱり片付いたつもりでいたんだけど……。何か、気になるのか?」

澪『……ムギ、言ってただろ?自分は軽音部のためだけにいる、って』

律「あぁ……」

澪『だから、私たちが卒業しちゃって、それで……今の軽音部が、なくなったら?』

律「……え。いや、まさかそんな……」

澪『まさかとは思うよ。でも、そのときムギは、もしかしたら――』



唯の部屋。

唯「……Zzzz……Zzz」

唯「ムニャ……」



唯「これまでのあらすじ!」

唯「ムギちゃんの背中から分度器が生えました」

唯「すごい!」

紬「うふふ♪」

唯「ムギちゃん、分度器貸して~」

紬「ごめんね、唯ちゃん」パタパタ

唯「わあ、飛んだ」

紬「私、もう行かなきゃ……」パタパタ

唯「む、ムギちゃん!これじゃ角度が見えないよ~」

紬「唯ちゃん、これだけは覚えておいて?」パタパタ

唯「?」



紬「タクアンの角度は、180度よ」

唯「ムギちゃあぁーん!!!」

紬「しゃらんらしゃらんら~♪」パタパタ



唯「……、……うーんうーん……」



紬の部屋――ではない。

紬「……って、どこかしら、ここ」

?「ムギちゃん!ムギちゃーん!!」

紬「だ、誰……?」

俺「俺だよ、俺!!」

紬「ホントに誰!!」

俺「俺俺!俺だってば!分かんないかなぁ……?」

紬「……オレオレ詐欺?」

俺「古くね……?まあ仕方ないか。そもそも初対面だしね」

紬(不審者だ)



茜「どうしようかな……。じゃあ、俺のことは茜ってよんでよ!私は三浦茜!」

紬「え、お……女の子?」

茜「そうですよぉ、ムギ先輩。三浦茜、桜ヶ丘高校二年、17歳!172cm、45kgです」

紬「何そのスタイル」

茜「ちなみに3サイズは100/50/80」

紬「そ、そんな女子高生いない!」

茜「あはは、傷つく。っていうか、それをアナタがいいますか、ムギ先輩」

紬「あ……」

茜「いやまあ、軽音部の皆さん的には、ノープロブレムだったみたいですけどね。いやいや、一時はどうなることかと」

紬「あ、あなたは……」

茜「ノンノン!今は私のことより、ムギ先輩のことですよぉ~?」

紬「なんの……こと?」

茜「正確には、軽音部じゃなくなってからの、ムギ先輩のことですね」

紬「!!」

茜「今日のところは丸く収まった感じですけど……、みなさん多分、そろそろ気づいちゃってるんじゃないかなぁ~」

茜「卒業しちゃったら、」

茜「軽音部がなくなったら、」

茜「ムギ先輩も、いなくなるって」

紬「……」

茜「ムギ先輩も、なんとなく分かってはいましたよね?」

紬「……私、死ぬのかしら?」

茜「あー。ちょっと違いますね。何て言えばいいんでしょう……」

茜「人間だけは残って、人生は消えちゃう……みたいな?」

茜「哲学的ゾンビってご存知ですか?要はクオリアの問題なんですけど。内観の欠如というか」

紬「……よく分からないわ」

茜「ですよね。すみません。簡単に言えば……ムギ先輩の、気持ちだけが死にます」

紬「!!……それって!」

茜「卒業しても、社会に出ても、ムギ先輩は今までどおりですよ」

茜「みんなと仲良く過ごして、笑ったり、泣いたり」

茜「いつもニコニコみんなのムギちゃん、ってなもんですよ。いやもう、むぎゅううううう!ですよ」

茜「でも、そこにいるムギ先輩自身は、何も感じてない」

紬「そんな……」

茜「他人事みたいに実感のない、けれど実感がないという実感すら持てない」

茜「そんな毎日が死ぬまで続くだけです」

紬「……」

茜「それでも、軽音部のみなさんは、もう一生幸せですよ?ハッピーエンドの中にいるみたいに」

茜「唯先輩は幸せな家庭を築きますし、梓ちゃんは音楽修行のために、渡米するんですよー!」

茜「律先輩と澪先輩は、なんとプロデビューです!すごいですよねぇー!」

茜「それもこれも、ムギ先輩のおかげなんです」



茜「ただ……」

紬「ただ?」

茜「さっきも言いましたけど、気づいちゃったんですよねぇ、みなさん……」

茜「ムギ先輩がいなくなっちゃうことに……」

茜「それじゃあ、ムギ先輩がいくら頑張っても、みなさんがどんなに頑張っても、幸せにはなれないですよねぇ」

紬「どうにか……ならないのかしら」

紬「私は別に、どうなってもいい……。だから、軽音部のみんなが、どうか幸せに……」

茜「んふー、そう来ると思って、本日はご提案を用意させていただきましたー!」

茜「あ、やっと本題にたどり着いた。ふぃー、長かったですねぇー……」


紬「その……提案、って?」



茜「軽音部のみなさんの、ムギ先輩についての余計な記憶を消します」



紬「!!」

茜「まぁ、基本的には、数日前の関係に元通り、って感じですね」

茜「お望みとあらば、ムギ先輩自身の記憶も、一緒に消しちゃいますけど」

紬「茜ちゃん……、あなた一体……」

茜「だから、私のことはいいんですって~。言っておきますけど、神様とかじゃないですよ?」

茜「神様だったら、問答無用のハッピーエンド用意できますけど、そんなの私できないですし」

茜「私はただのナイスバデーな女子高生ですから」

茜「……さて、どうしますか?ムギ先輩」

紬「……それでみんなが、幸せになれるなら……」

茜「ですよねー。提案なんて言っておいてナンですけど、他に選択肢なんてないですよねー」

茜「なにせ、『みんなのムギちゃん』ですもんね」ニコッ



紬「でも……ごめんなさい。ひとつだけ、お願いがあるの」

茜「……何でしょう」

紬「1日だけ、時間をください。みんなに……私を受け入れてくれたみんなに、お礼が言いたいの」

紬「それから、いつかのために、先にさよならも――」

茜「どうせすぐ忘れちゃいますよ?」

紬「分かってる。ただの自己満足よ。……それでも……」

茜「んふ、いいですよぉ?ムギ先輩にそんな顔で頼まれたら、茜ちゃん断れないですよぉ」

紬「ありがとう」

茜「それじゃ、私はこの辺で消えますけど……、何か言い残したこととか、あります?」

紬「じゃあ、一つだけ」

茜「なんでそお」

紬「茜ちゃん……私、あなた大嫌い」ニッコリ

茜「ありゃりゃ……泣いちゃいますよ?」

紬「うふふ、ごめんね?」

茜「ま、しょうがないです。それじゃあ、また――いつ――――か――――――――


4