律「――って」

紬「そうだったわねー……、懐かしい……」

梓「合唱部の、見学に?」

紬「え、えぇ、最初は……」

梓「合唱部の部室でもないのに?」

紬「……」

澪「ムギ……」

唯「え、えとー……、インタビューはこの辺でー……」

紬「ご、ごめんなさい!なんだか、今日は熱っぽいみたいで……。うまく頭が回ってないのね!」

澪「そ、そっか!それはよくないな!」

律「あ……そう、そうだな!ムギ、今日は無理しないほうがいいんじゃないかな!」

紬「そ、そうね……。ごめんなさい、私先に帰らせてもらうわ」

唯「き、気をつけてね、ムギちゃん!」

澪「片付けとかは、私たちでやっておくから」

紬「ありがとう。それじゃあみんな、また……」

梓「ムギ先輩!あの……」

紬「梓ちゃん?」

梓「ごめんなさい、でした……」

紬「いいのよ、気にしないで」クスッ

ガチャ バタン



唯「……」

澪「……」

梓「……す、すみません……」

唯「あずにゃんは悪くないよ!私こそ、インタビューとか変なこと言っちゃったせいで……」ショボン

律「あー!もぉ!!暗くなってんじゃねーよー!」

澪「それよりも、ムギのやつ……」

梓「明らかにおかしかったですよね……」

律「別にいいだろ。誰にだって、言いにくいことの一つや二つあるさ」

澪「でも、あの態度……。秘密にしたい、っていうより……」

唯「どう答えたらいいか、分からないって感じっていうか……」

律「だからって、私たちが無理やり聞きだすことでもないだろ?」

唯「でももし、ムギちゃんが何か困っていて、私たちに言えないでいたら……」

律「それはあくまで、唯の推測だろ。仮定の話で、無理強いするのはよくないと思う」

唯「無理強いじゃなくても、私たちに何か、協力できることがないかくらいは、相談に乗りたいよ」

律「そのせいで、ムギが触れて欲しくないところに触れちゃうかもしれないだろ!」

唯「律っちゃんのそれも、仮定の話でしょ?ムギちゃんの――」

澪「唯!もうよせ!……律も!」

唯「……ごめん」

律「いや、私こそ……」



梓「……、……やっぱり、おかしいですよね」

澪「確かに、おかしい態度だったけど……」

梓「いえ、態度だけじゃなくて。なんというか、ムギ先輩自身が……、っていうか」

律「そんなこと……」

梓「だって、金髪美人でお金持ちのお嬢様、ってだけでも、そもそもありえないじゃないですか」

梓「その上キーボードもうまくて、作曲までできて」

唯「そうそう、それで優しくて、いつもニコニコしてて……」

律「頭も超いいし、力持ちだし、手先もすげぇ器用だし……」

澪「手先?」

律「ほら、合宿のとき。浜辺でものすごい砂の城作ってたじゃん」

澪「そういえば……。なんか、とことん完璧超人だな……」

梓「そんな人が、私たちのために毎日お茶とお菓子用意してくれて、私たちのために曲を書いてきてくれて」

梓「私たちのために別荘を用意してくれて、私たちのために――」

律「それは、ムギが私たちの仲間だから――」

梓「でも私たち、誰もムギ先輩のことを良く知らない。おうちのことも、中学校のことも、進路のことも。ムギ先輩自身のことだって」

唯「あずにゃん……」

梓「まるで、軽音部のためだけに、いるみたいじゃないですか!まるで――」

唯「あずにゃん!」

梓「!」ビクッ

唯「ムギちゃんは、ムギちゃんだよ……」

梓「私……、ごめんなさい……」

律「やっぱり、明日ムギに聞いてみよう」

澪「律……?いいのか?」

律「ああ。やっぱりムギは何か、抱え込んじゃってるのかもしれない……」

律「もしムギが話したくないなら、この話は終了!すっぱり忘れて、また今までどおり接すること!」

律「聞いてみて、全然問題なければやっぱり今までどおり。もしムギが、何か問題を抱えているようなら……」

律「私たちでサクッと解決して、ハッピーエンドだ!」

唯「律っちゃん……さすがぁ!」

律「へへへ、だろぉー?」

梓「……たまにイケメンですよね、律先輩」

律「にゃにおー!」

澪「でも、そうだな……、律の言うとおり、すっきりさせておいた方がいいだろうな」

唯「それじゃ、明日だね!」

律「おう!」



その日の夜

紬「……はぁ」

紬(やっぱり、おかしいと思われてるよね……)

紬(迂闊だったわ……、すっかり気を抜いて……)

紬「どうしよう……」

紬(でも、なんとかしなくちゃ……)

紬(もう、手遅れかもしれないけど……)

紬(……それが私の……)

紬(みんなの……)



翌日の放課後、音楽室。ドアを力なく開ける紬

紬「みんな……、こんにちはぁ~……」

律「おー、待ってたぜムギー!」

唯「さぁムギちゃん、こっちこっち!お誕生日席座って!」

紬「え、お、お誕生日!?」

澪「今日は、私がお茶淹れてみたんだ!の、飲んでみてくれないかな……」

紬「澪ちゃんが?ぜひいただくわ~」

律「お菓子は私が用意したんだ!手作りなんだぜー!」

紬「すごいわー!美味しそうなシュークリーム!」

律「へへー。そうだろー」

澪「はい、お茶淹れたよ」

唯「ムギちゃん~、肩揉んであげるね~♪」

梓「じゃ、じゃあ私は足をお揉みするです!」

紬「唯ちゃん……、梓ちゃんまで……」

紬「みんな、今日はどうしたの……?」

唯「え、えへへ……」

澪「ムギに、聞いてほしいことがあって……」

梓「気分を悪くしないで聞いてほしいですけど……」



紬(あ……)

紬(やっぱり……)



律「なぁ、ムギ……」

律「お前……何者なんだ?」

紬「!!」

律「あ、変な聞き方してごめん!たださ、もしムギが何か悩んでるんなら……、私たちで、力になれないかなって……」

紬「あ……わた、私……っ」ビクッ

唯「ムギちゃん……?」

紬「……ご……ごめんな、さい……。みんな……やっぱり……言えない……」

梓「ムギ先輩……」

澪「そ、そっか……!」

紬「ごめん……みんな。……でも、お願い……気にしないで、ほしいの……。今までどおりに……」



律「……」

律「よっし分かった!おっけーこの話しゅうりょうー!おっしまーい!!」

唯「そうだねそうだね!じゃ、じゃあ!お茶にしようよ!」

澪「わ、私またお茶いれてくるよ!」

梓「あ、澪先輩手伝います!」

紬「じゃあ私も……」

律「いいっていいって、ムギは今日はどーんと構えて!」

唯「そうそうー、シュークリーム美味しいよぉ?」

紬「え、ええ……」



その日の夜

紬(――終わった)

紬(全体的に、終わった……)

紬(もう、今までの軽音部に戻れない……)

紬(私のせいで……)

紬「私の……」グスッ

紬(どうしよう……)



『お前……何者なんだ?』



紬(当然よね……)

紬(私、きっともう軽音部にいられない……)

紬(でも……、いかなくちゃ……)

紬(軽音部に……)



翌日 音楽室

ガチャ

律「ちょりーっす!」

唯「りーっす!……あ、ムギちゃん!!」

紬「!」ビクッ

紬「律っちゃん、唯ちゃん……。あ、あの……」

唯「いやぁ、今日も疲れたねぇ~」

律「だなー。ヘイ、ムギ!いつもの!」ビシッ

紬「あっ……」

唯「おぉ!いつものだって!律っちゃん何それカッコいい!!」キラキラ

律「だろぉー?通の頼み方だぜー♪」

唯「私も私もー!……ムギちゃん、いつもの!」

紬「……お、お待たせいたしました。紅茶でございます」

律・唯「わぁーい!」

律「なあなあムギー、今日のケーキは何ー?」

紬「えっと……、抹茶ティラミス……」

律「うんま」

唯「そー!!!!」キラキラ

紬「あ、あの……!」



ガチャ

澪「おーっす」

梓「こんにちはー」

唯「あ、澪ちゃん!あずにゃん!」

律「丁度良かった、今日は抹茶ティラミスだってよー」

澪「へぇ、美味しそうだな」

梓「ちょっと律先輩!今日こそ練習……」

唯「まあまぁあずにゃん~♪」

律「お前だって食べたいだろ?ティ・ラ・ミ・ス♪」

梓「うっ……、そりゃ……食べたいですけど……」

紬「あの……!あの!!」

澪「ん?」

唯「ムギちゃん?」



紬「みんな……どうして!どうして……何にもなかったみたいに……」

律「おっとー、そこから先は言わせないぜ、ムギー?」

紬「律っちゃん……」

律「何があろうと、ムギはムギ。……だろ?」

紬「!!」

紬(あぁ……)

澪「そうだな」

梓「そのとおりです!」

紬(私は……、この人たちに、嘘をつこうとしていたのか……)

唯「り、律っちゃん!その名言は私のだよ……!」

律「へへーん、言ったモン勝ちだよーん。それよりムギ、お茶を……」

紬(みんなを裏切るみたいなことして……)

紬(知られたら終わりだ、なんて……)

律「……ムギ?」

梓「ムギ先輩?」

紬(私は――)

紬「……っ、く……うっ……」

紬(大馬鹿だ――)

紬「っ……うわあぁぁぁぁぁん!!わああぁぁぁぁぁんんん!!!」

律「む、ムギ!?」

紬「ふわああぁぁぁぁぁん!!!うっ、うあっ、ああぁぁぁぁぁぁ!!!」ボロボロ

澪「ムギ!?大丈夫か!?」

唯「お、お腹痛い!?私のケーキあげよっか!?」

紬「ひっうっうぅ……ごべんなざ……ごめんなざいぃぃぃ!!うぇぇぇぇぇんん!!!」

唯「ムギちゃん……!」



澪「……、落ち着いたか、ムギ……」

紬「……うん、ありがとう、澪ちゃん……」

澪「ははっ、声がらがらだよ」

紬「恥ずかしいわぁ……、目もすごく真っ赤だし……」アセアセ

梓(泣きはらしても可愛い)

律(泣きはらしても可愛いとかマジ)



紬「……私、みんなにお話しなきゃいけないわね……」

律「おいムギ、私たちのことだったら、全然気にしなくていいんだぞ」

梓「そうですよムギ先輩、無理しなくても」

紬「ありがとう、律っちゃん、梓ちゃん……」

紬「でも、そんな貴方たちだからこそ……、ちゃんと話さないと、いけないと思うの……」

唯「ムギちゃん……」

紬「うまく、説明できるか分からないけど……」

紬「律っちゃん……、私に『何者だ?』って、聞いたよね?」

紬「……――うぅん、いいの。正しい質問だから」

紬「もう、分かってるのかもしれないけど……私は、みんなとは違うの」

紬「……よく分からない、よね。私自身、よく分かってないもの……」

紬「手っ取り早く言えば、『桜高軽音部のためだけの存在』」

紬「軽音部と、軽音部のみんなのためだけに、生きてるっていうか……」

紬「みんなに一つも悲しいことがないように」

紬「みんなが一つでも多く幸せになれるように……」

紬「……天使?ふふ……どうかしら。きっと違う。だって……神様なんて、会ったことないもの」

紬「それに、軽音部に入る前……、それまでも、琴吹紬は確かに存在していたわ」

紬「琴吹の家に生まれて、幼稚園……小学校……中学校とすごして」

紬「楽しいことも、悲しいこともたくさんあった……はず」

紬「……よく、思い出せないの。まるで、他人の人生を見ているみたいに、実感がなくて、作り物みたいで……」

紬「だから、私の『人生』は、軽音部に入ったときからなの」

紬「あの日、律っちゃんが私の手をギュッってしてくれた、あのときからが……」

紬「私の、本当の人生なの……」

紬「それから、すぐに気づいたわ。それまでの私の存在は、軽音部のためにあったんだって……」

紬「キーボードや作曲ができることも、お茶やお菓子が用意できることも……」

紬「裕福な『琴吹』の家に生まれたことも、みんなのためなんだ、って」

紬「コーヒーより紅茶が好きなのだって、きっと、みんなのティータイムのためなんだって思う……」

紬「私、変かしら……?おかしい、のかな……?」

紬「でも、私にははっきり理解できるの。自分の名前よりも、はっきりと」

紬「……私は、あらかじめ用意された存在……」

紬「軽音部のために。素敵なみんなのために……」



紬「……みんなのこと、本当に大事に思うの」

紬「律っちゃん、澪ちゃん、唯ちゃん、梓ちゃん……」

紬「みんな、大好き」



紬「でも――これが本当に私の気持ちなのか……、もう……分からない……」

3